WEDDING

COLUMN

未来に向けて、いま考えてみよう!大切な人へ感謝を伝える結婚式の新たな形

未来に向けて、いま考えてみよう!大切な人へ感謝を伝える結婚式の新たな形
by ARCH DAYS

Clipする
Clipする

今改めて、「結婚式」の形を考える

新型コロナウイルスの感染拡大により、自粛期間も延長された今、結婚式を予定していたたくさんのご夫婦が、延期や中止という勇気ある決断をしたという情報もたくさん耳にします。

 

この事態の中ですから、予定していた内容をそのまま延期にすることが難しく、先が見えない不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

 

まだまだ普段通りの生活すらままならない…そんな状況ではありますが、今の状況が緩和された未来では、結婚式のあり方は変化し、ふたりならではの形を叶えることができるはずです。

 

その未来に向けて、今ある2人の時間を大いに活用し、「考える時間」を作って欲しいと思っています。

 

「なし婚」ってそもそもどんなこと?

近年よく聞くこのフレーズは、主に「入籍はしたが、挙式・披露宴を行わない」スタイルのことを言います。

 

親しい人にだけ報告したい・大勢に注目されることが苦手・将来のためにお金を貯めておきたい…というように、なし婚を選択する夫婦には様々な理由があるようです。

 

全くマイナスな選択ではなく結婚式に必要な費用で、結婚指輪にこだわったり、2人で贅沢な旅行をしたり、産まれてくる赤ちゃんのために…

 

2人の考えに合わせて、結婚式の形は変わってきていると感じますよね。

 

ストーンを使ったリングピローと結婚指輪

 

夫婦で大切に思うことを改めて考えてみる

結婚式をやらなくても、2人が大切にしたい思いを形にすることや伝えることはとても大切。

 

2人だけの時間もよし、家族や親族、とても近しい友人と過ごすもよし…様々な方法があるはずです。

結婚という人生の節目だからこそ、まずは1度ゆっくり考えてみてください。

 

未来の2人のために、今できることは?

今回は、なし婚を含めた結婚式の形を考えている2人に向けて、入籍をしてから何年後・何十年後にやっておいてよかった、残しておいてよかった…と思えるようなアイディアをご紹介したいと思います。

 

お互い仕事をしているとなかなか取れない2人だけの時間。

そんな貴重な時間を与えられている今だからこそ、ぜひ参考に話しあってみてくださいね。

 

2人らしい姿でパーティーを楽しむ新郎新婦

 

今この瞬間を形に残すべく、一生付き合えるカメラマンを見つける

結婚式を開催する方のほとんどが当日に写真撮影を行いますが、なし婚を決めた2人にオススメしたいことの1つが写真に残すこと

 

これからの人生を共に歩んでいくと決めたこの瞬間を残しておくことで2人の決意も深まるはずです。

 

浜辺での撮影風景

 

こだわり派には…

撮影場所から相談することができる、フリーランスのカメラマン・ウェディングプランナーに依頼しても◎

 

思い出の場所(例えば、初デートの街・プロポーズの場所・新居の近く…など)や季節に合わせた素敵なロケーション、ウェディングドレスやタキシードのセレクトからテーマ・コンセプトに合わせた提案をしてくれたりと、結婚という歩みを一緒に考えることができるはず。

 

1つの目的に向かって、準備する期間こそが2人にとって重要な時間になります。

 

思い出の場所でのロケーション撮影

 

テーマに合わせた装飾と一緒に撮影

 

ミニマムで叶えたい派には…

エンゲージメントフォトのように、私服での撮影ももちろんOK!

 

 

海外では特に「自然体な2人の姿」を残しておくことをとても大切にしているそうで、私服の写真ならインテリアとして飾っても恥ずかしくない!なんて声も。

 

https://www.pinterest.jp/pin/171418329554716516/

 

https://www.pinterest.jp/pin/264093965636920289/

 

撮影場所もかしこまった雰囲気ではなく、近くの公園や街中がオススメ。

 

また、カメラマンと事前に顔合わせをしておくことで緊張感もなく、より自然な2人を残してもらうことができます。

 

一生付き合えるカメラマンを

 

これからの人生、たくさんの節目が訪れます。

結婚から始まる軌跡を一緒に辿ってくれるカメラマンに出会えたら、これからの人生がより豊かなものになるはず。

 

ARCHDAYSでも結婚式の事例と共に、クリエイターさんの紹介をしているのでチェックしてみてください!

アルバムページはこちら

 

森の中でのロケーション撮影

 

「2人が出向く」という新しい結婚報告の形

お互いのルーツに触れるべく、家族との時間を過ごす

なし婚を考える方の中でも家族だけで食事の時間を取りたいと思う2人も多いはず。

 

家族として迎え入れる親御さん・ご家族にとってもそれはとても重要な時間となり、2人にとってもかけがえのないひとときです。

 

だからこそ、一箇所に集まって食事をするだけでなく、より深くお互いの「ルーツ」に触れることに注目してみてはいかがでしょうか。

 

お母さんとの時間

 

まずはお互いが育った街で、それぞれの家族と。

慣れた場所なら親御さんの緊張も和らぎ会話も弾むはずです。

 

どんな幼少期をここで過ごし、どんなものが好きで…と今まで知らなかった彼の一面を発見できるかも。

 

また、ご実家におじゃまする際には、ちょっとした手土産があるととても喜ばれます。

地元の名産物やお気に入りのお菓子などをセレクトしても◎

 

地元の思い出を巡りながら

 

お互いの家族に事前に会って、色々な話をしてから、両家合わせた食事会を行うことで、話をすることだけに一杯一杯になることもなく、2人が伝えたい気持ちをしっかり表現することができます。

 

これから長い時間を共に歩んでいく家族とは、何よりもコミュニケーションが大切。

 

今までの感謝と未来への決意を伝える場をつくることで、2人なら大丈夫!と家族も安心して祝福してくれるはずです。

 

結婚式_両親へのプレゼント

感謝の気持ちを込めたフォトブック

 

また、お食事会の最後には2人からのお手紙や感謝のプレゼントを用意すると、より一層特別な1日になること間違いなしです。

 

今、伝えたい気持ちは“言葉”や“”にして届けましょう。

 

▼ご両親へ感謝のプレゼントはこちらの記事がオススメ

 

両家家族が揃う機会に、2人・家族の紹介ができる「しおり」の作成もオススメです。

 

ぜひおうち時間を活用してチャレンジしてみてください。

 

▼両家顔合わせ用「しおり」の無料テンプレートはこちらからダウンロード

 

両家顔合わせで使う「しおり」を手作りしよう|無料テンプレート

 

青春を共にした友人たちと新しい繋がりをつくる

家族と同じくらい、濃厚な時間を過ごした大切な仲間たちにも結婚の報告をしたいですよね。

 

友人と楽しむ時間

 

なかなか全員を集めるのは難しい…という理由から断念してしまうことも多いようですが、友人たちは2人に会うことを楽しみにしているはず。

 

2人のコミュニティー毎に食事をするタイミングを作ってみてはいかがでしょうか。

 

ドレスコードまでとはいかなくとも、ちょっとしたテーマカラーやアイテムを決めて身につけてもらったり、2人からのミニギフトを用意して友人たちの思い出にもなるように考えてみても良いですね。

 

ゲストへ用意した名前入りギフト

 

新居で2人の生活をスタートさせているのであれば、ホームパーティーへ招待しても◎

少人数で集まる事で、より濃厚な時間を過ごすことができます。

 

お家に季節のお花を飾るだけでもおもてなし感を演出できます!

 

新居に季節のお花を飾ってお出迎え

 

大切な友人たちにパートナーを紹介することで新しい繋がりもでき、これから迎える季節のイベント事や旅行など、一緒に楽しむことができるはず。

 

これからの2人の生活がより一層豊かになりますよね。

 

2人だけの時間で「お互いに気持ちを伝える」

少し先になると思いますが、結婚を機に長期の休みを利用し、新婚旅行を考えている2人も多いはず。

 

いつもより少し贅沢に、色々なことを取り入れたいですよね。

 

観光はもちろん楽しみなコンテンツですが、旅中にお互いへ気持ちを伝える時間を作ってみてはいかがでしょうか。

 

憧れのモルディヴでのひととき

 

日々共に生活をしていると、気持ちを伝える機会は少なくなりますが、一緒に過ごす大切なパートナーだからこそ気持ちの共有が大切。

 

お手紙でもよし、プレゼントを用意してもよし、その場でアイテムを選んでも良し!

 

贅沢な“2人だけ”の時間をより深い思い出にすべく考えてみてください。

 

ハネムーンの記念にジュエリーを

 

今は、じっくり向き合う時間に…

新型コロナウイルスの感染拡大のため、思うように進められない…と悩んでいる花嫁さんも多いと思います。

 

ただ、こんな時だからこそ「大切な人が側にいてくれること、いつでも会えること、大好きな人たちに囲まれて過ごせること…」

その全てが当たり前ではないと感じているはずです。

 

その思いを2人でしっかり共有し、伝える方法を考えてみてくださいね。

 

今、与えられた貴重な2人の時間を大切に…

 

 

TOMOMI

TOMOMI

結婚式場・プロデュース会社のプランナーを経験し、フリーランスへ転向。

現在はコンセプト提案からアイテム作成、結婚式当日までをフルサポートしているフリーウェディングプランナー。

 

結婚という大切な人生の節目に寄り添い、形にしていくお手伝いができたら嬉しいです。

 

ARCH DAYS

Website:http://archdays.com/

Instagram:https://www.instagram.com/archdays_weddings/

Pinterest: https://jp.pinterest.com/archdays/

 

TOMOMI.TATE @tomomi.tate.wedding

UPDATE: