KIDS & BABY

COLUMN

フランス在住ママ連載|ガレットデロワで新年の運試し!簡単レシピも。

フランス在住ママ連載|ガレットデロワで新年の運試し!簡単レシピも。
petit à petit|himama流フランスで子育て Vol.9

Clipする
Clipする

フランスで暮らすhimamaさんファミリーの日常を綴る人気連載。フランスの新年には欠かせない「ガレットデロワ」。キッズと一緒に作れる、簡単なレシピもあるので、ぜひチェックを。

 

フランスの新年の恒例

ガレットデロワ

日本の年末年始といえば、七草粥やおしるこでしょうか?

 

フランスでは、毎年1月6日に「ガレットデロワ」を食べる習慣があります。

 

ガレットの中には、フェーブと呼ばれる陶器でできた人形が1つ入っており、

それを当てた人にはその1年幸せが訪れるといわれます。

 

昨年の我が家のクイーン。

 

ガレットデロワとは?

1月6日の「公現祭」を祝って食べるケーキ。

「ガレットデロワ(Galette des rois)」とは、「王様のお菓子」という意味。

 

アーモンドクリーム(クレームダマンド)をパイ生地で包んだものが一般的。

 

なかに「フェーブ(Fève)」と呼ばれる陶器の小さな人形が入っており、それを当てた人は王様もしくは王女様となり、王冠をかぶってみんなから祝福されるという伝統があります。

 

6日にだけ食べるかというとそういうことでもなく

どの家庭も1月中に何個ものガレットデロワを楽しみます。

 

昨年我が家では3個のガレットデロワを食べました。

 

お店ごとに味が違ったり、中のフェーブも違うので飽きずに楽しめますね!

 

ガレットデロワの簡単レシピ

子供とおうちで作るガレットデロワ

今年は娘と一緒にガレットデロワ作りに挑戦しました!

 

45秒でわかる簡単レシピ動画はこちら。

 


 

材料【直径15〜16センチほどの小さめサイズ】

  • パイ生地(パイシート)二枚
  • バター 50g
  • 卵 1個半(艶出し用含む)
  • アーモンドプードル 50g
  • 砂糖 50g
  • バニラエッセンス 2〜3滴
  • フェーブ ※必ず陶器のものを用意。誤飲が心配な場合はアーモンド等で代用

 

1 常温のバターを滑らかになるまで混ぜ、そこに砂糖を数回に分けてさらに混ぜ込む。

 

2 卵を1つ入れて混ぜます。

 

3 アーモンドプードル、バニラエッセンスを加えさらに混ぜます。

 

4 出来上がったクリームを冷蔵庫で15分ほど冷やします。

 

5 パイ生地をお皿などを使って丸く型をとり(2枚分)フチに卵を塗っておく。

 

6 パイ生地の真ん中に冷やしておいたアーモンドクリームをのせる。

 

7 クリームをきれいに成形する。

 

8 フェーブを入れます。

※溶けるなどの恐れがあるため、陶器のものを用意してください

 

フェーブ全体が隠れるように入れ込むのがポイント。

 

9 上からもう一枚のパイをかぶせフチをフォークを使って閉めていきます。

パイ生地をひっぱったりされてヨレヨレになりましたが、大丈夫です!

 

10 パイ生地に好きな模様をナイフで描いていきます。

 

11 180度のオーブンで25分ほど、こんがり焼き目がつくまで焼きます。

 

12 完成です!

美味しそう!

 

中のフェーヴには気をつけながら食べましょう!

 

 

今回は黒砂糖を使ったため、クリームは茶色です。

 

無事猫ちゃんも救出完了!

 

娘が途中で、焼かないでーと泣きました。。ちょっとかわいそうだったかなと反省。

 

3歳児のいたずらを挟みながらも、なんとか焼きあがりました。

パイにつける模様はクッキースタンプなどで型付けしてもかわいいですよ!

 

娘の学校では1月6日にガレットデロワが給食に出たようです。

なんとフェーブを当てて帰ってきました!

とっても嬉しそうにお話ししてくれました。

 

ウサギ?のフェーブ。

 

偶然!去年フェーブを当てた時と同じ服装でした。

 

我が家でも1月中にいくつかのガレットデロワを試してみたいと思っています。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

それでは、À bientôt!

 

この記事に関するキーワード

himama

himama

写真をこよなく愛する主婦。

現在フリーのwebディレクター。

2018年に女の子を出産。

2020年夫の転勤でフランスに移住。

 

Instagram:@y_himama0918

UPDATE: