WEDDING

COLUMN

秋デート|五感で楽しむアート!「バンクシーって誰?展」の魅力とは?【チケットプレゼント】

秋デート|五感で楽しむアート!「バンクシーって誰?展」の魅力とは?【チケットプレゼント】
by Fumi

Clipする
Clipする

 

 

街全体で楽しめる「バンクシーって誰?展」

五感でアートを感じる!

天王洲・寺田倉庫G1ビルで開催中の「バンクシーって誰?展」

 

まるで映画のセットに入り込んだようだと、各所で話題になっていますよね。

 

 

周りのカフェやレストランでは、おしゃれなコラボメニューが登場

 

天王洲の街全体で楽しむことができる「バンクシーって誰?展」は、次のデートの行き先にぴったり!

 

会場周辺の 「WHAT CAFE」などでは展覧会とのコラボメニューも楽しめる

 

今回は「バンクシーって誰?展」とともに楽しむ、天王洲周辺デートの魅力を存分にご紹介していきます。

 

ARCH DAYSメンバー限定、チケットプレゼントも。
ぜひチェックしてくださいね。

 

バンクシーとは?

 

イギリスを拠点に、ストリートで表現を続けるアートの異端児。覆面で活動を続け、プロフィールも明かさないなど謎に包まれた存在。

 

世界を舞台に神出鬼没にメッセージ性のあるアート作品を残すというゲリラ的な手法に、人々は魅了され続けています。

 

まるで映画のセット!世界観に感動

世界の街並みを散歩している気分で楽しむストリート・アート

「バンクシーって誰?展」の最大の魅力は、細部まで忠実に再現された世界の街並み

 

 

見た目だけではなく、車のクラクションや雑踏の音なども忠実に再現され、まるでその街を本当に歩いているような感覚に。

 

世界の街歩きを楽しみながら、街中の風景に隠れたバンクシーのアートを探して楽しめる空間になっているんです。

 

 

語り合いたいバンクシーの作品の魅力

アートを自由に楽しんでほしいというバンクシーを紹介する美術展ならではのメッセージが。

 

ここからはつい2人で語りたくなる、人気の作品や印象に残った作品をご紹介していきます。

 

01 シュレッダー事件で有名な「風船と少女」

最も人気のあるバンクシー作品の1つ「Girl with Balloon(風船と少女)」の再現展示

 

こちらは、2002年にロンドンのテムズ川沿いにある階段の壁に登場した、「風船と少女」を再現したもの。

 

同じモチーフの作品がイギリスのオークションで約1億5,000万円で落札された直後、額縁に仕込まれたシュレッダーが作動して作品が切断された事件は、あまりにも有名。

 

02バンクシー、サイン代わりの作品?「ラヴ・ラット」

活動初期から現在までサインのように描き続けている「ネズミ」

 

嫌われ者の小さい存在でも、実は文明を破壊してしまうほどの秘めた力を持つネズミを主人公にして描くことで、強いメッセージが伝わってきます。

 

03 実物大の壁に再現された「花束を投げる男」

美術展のポスターにもなっている「Flower Thrower(花束を投げる男)」

 

覆面をして、今にも武器を投げつけようとしている男性の手には、火炎瓶の代わりに花束が。

 

これはバンクシーからの、暴力やテロに対するアンチテーゼのメッセージが込められたもの

 

最後に、お土産と一緒にワクワクした思い出を持ち帰って

ひと通り美術展を楽しんだ後は、お土産コーナーへ

 

アートをモチーフにした可愛い商品から、クスッと笑えるようなグッズまで様々。カップルやご夫婦で感想を話し合いながら、一緒に選ぶのも楽しいですね!

 

イベント情報

 

バンクシーって誰?展

開催期間:開催中~12/5(日)
場所:東京・天王洲 寺田倉庫G1ビル
時間:11:00-20:00(金・土・祝前日は21:00まで)

※最終入場は、閉館の30分前まで

 

「WHAT CAFE」でカフェタイムを

展覧会の余韻に浸りながら、アートを体感

「バンクシーって誰?展」会場から、徒歩5分ほどのところにある「WHAT CAFE」

 

ここは、カフェとギャラリーが一体となった「アートを体感できるカフェ」。若手アーティストの育成に特化していて、様々なジャンルのアートを展示・販売しているんだそう。

 

ぜひここで美味しいドリンクを飲みながら、アートの街を楽しんで。

 

一滴で色が変わる?アーティスティックなドリンク

鮮やかな色が美しいドリンク「フラワーエフェクト」(800円(税込) / Takeout 786円(税込))

 

バンクシーの作品「Flower Thrower」にインスパイアされたコラボメニュー

 

真っ青なバタフライピーに、スポイトでシロップをたらすと…ゆっくりと底の方から鮮やかなパープルへと変化!

 

手前は、「Girl with Balloon」の風船をモチーフにした「ハートラテ」(600円(税込) / Takeout 590円(税込))

 

アートを眺めながら、ドリンクをいただけるなんてなかなかない機会!

 

ドリンクを飲んで一息ついて、一期一会のアートとの出会いをお楽しみください。

 

 

【店舗情報】

 

WHAT CAFE

住所:東京都品川区東品川2-1-11

 

まるで海外。運河を眺めるおしゃれレストラン「T.Y.HARBOR」

天王洲に来たら必ず訪れたい、大人気のレストラン「T.Y.HARBOR」

 

倉庫を改装したという内装は、海外へ旅行に来た気分にさせてくれるおしゃれな雰囲気。

 

 

特におすすめなのが、運河を眺められるテラス席

 

昼も夜も違った雰囲気が楽しめるテラス席は、いつ行っても最高の景色であること間違いなしです。

 

お料理を、自分だけのグラフィティアートに!

コラボメニューのひとつ「フライドチキンサラダ」(1,600円(税込))

 

サラダのキャンバスの上に、最後の仕上げとしてペンキを模した色鮮やかなピンクのラズベリードレッシングを思いきり描けるという楽しい仕掛けが

 

フレッシュベリーやラズベリードレッシングの酸味と甘味が絶妙なバランス!

 

バンクシー作品が多くあるイスラエル・パレスチナのデザート「ハルヴァ」(980円(税込))

 

食後には、「ハルヴァ」というイスラエルのデザートを。

 

トップのクッキーは、バンクシーの描いたハート型の風船を模しています。

 

とっても柔らかく口の中でキャラメルのように溶けていく幸せな食感。甘すぎず、アイスとの相性抜群の新感覚スイーツ!

 

【店舗情報】

 

T.Y.HARBOR

住所:東京都品川区東品川2-1-3

電話番号:03-5479-4555

 

1日の終わりに。ウォールアートを楽しみながら帰路へ

天王洲アイル駅に向かう途中に見られる、カラフルなウォールアート

 

「日常に色彩が溢れると、普通の道もこんなにワクワクするんだ」とアートの力に感動する帰り道。

彩りやアートを五感で感じて心を動かすことで、きっと思い出に残る最高のデートに。

 

次の週末に、大切な人と一緒にバンクシーの世界に浸りに行ってみてはいかがでしょうか?

 

「バンクシーって誰?展」鑑賞券を5組10名さまにプレゼント

今回ご紹介した「バンクシーって誰?展」鑑賞券を、抽選で5組10名さまにプレゼント!

 

ぜひ、ご夫婦やカップルで出かけてくださいね。

 

展覧会名:バンクシーって誰?展

会期:2021年8月21日(土)〜2021年12月5日(日)

会場:寺田倉庫 G1ビル

開館時間:11:00〜20:00 (金・土・祝前日は21:00まで) ※最終入場は閉館時間の30分前

休館日:10/5(火)、10/12(火)、10/19(火)

※こちらの観覧券は平日・土日祝問わずお使い頂けますが、土日祝については日時指定となっておりますので、混雑の際は、お並び頂く場合があるをご了承ください。

 

応募期間は終了致しました

たくさんのご応募ありがとうございました

 

注意事項

 

・応募はARCH DAYS会員の方のみとなります。未登録の方は、こちらからご登録をお願いします。

・プレゼントのご応募にはアンケートの回答が必須となりますので、予めご了承ください。

・応募はおひとりさま1回1つのみとさせていただきます。

・発送は国内のみとなります。

・それぞれのプレゼントで当選連絡の方法が異なりますので、ご注意ください。当選に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。
・当プレゼントの販売・換金はご遠慮ください。

・詳しい個人情報の取り扱いについては、「個人情報保護方針」をご覧下さい。

・すべてのプレゼントに関して、製造物責任はARCH DAYS(株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ)に一切ありません。

 

***ATTENTION***

ARCH DAYS公式Instagramを装った偽アカウントの存在が過去に確認されました。

偽アカウントから送信されたDMに記載されたURLのクリックを行うと、受信者側の情報や個人情報が発信者に取得され、悪用される可能性があります。

 

万が一、不審なDMを受け取った場合は記載されたURLにはアクセスせずDM自体を削除し、被害防止のために偽アカウントの報告とブロックをお願いいたします。

 

本プレゼント企画の当選のご連絡に関して、DMを使用することはありません。

この記事に関するキーワード

FUMI

ARCH DAYS コラムニスト

FUMI

「暮らすように旅する」をテーマに、ホテルから見つける旅の魅力をフォトグラファー/ ライターとして発信。

 

映画の一部を切り取ったようなドラマチックな写真と文章を得意として、旅先の自然体な魅力をお伝えします。

 

Instagram:@fummy23_

UPDATE: