KIDS & BABY

COLUMN

海外おうち時間の過ごし方【オーストラリア編】

海外おうち時間の過ごし方【オーストラリア編】
by ARCH DAYS編集部

Clipする
Clipする

新型コロナウィルスの影響で日本だけでなく、いま世界中が自粛生活に。

 

「STAY HOME TOGETHER」をコンセプトに、世界各地に在住中のクリエイターさんやパーティープランナーさんたちが、現地でのおうち時間をどう過ごされているのかをクローズアップしてお伝えします。

 

メルボルンの「ソーシャル・ディスタンス」ライフ

オーストラリアのメルボルン在住の「@littlesunshineparty」さん。

 

5歳の女の子のママでもあり、ARCH DAYSではオーストラリアの可愛らしい色使いに定評があるパーティー事例を多くご紹介させていただいています。

 

そんなLittle Sunshine Partyさんに、オーストラリアでのおうち時間の過ごし方を聞いてみました。

 

おうちじかん

photo by @littlesunshineparty

 

子供に大人気!おうちの中でキッズヨガ

元気いっぱいの子供たちがお家で1日中過ごすのは、あまりにも難しいですよね。

 

元気が有り余って夜きちんと寝てくれず、パパとママもぐったり…なんて困っているご家庭も多いのではないでしょうか?

 

今海外では、お家でYouTubeを見ながら出来るキッズ向けのヨガやワークアウト動画が大人気なのだそう。

 

子供が飽きないようにカラフルで楽しい色使いなのも、海外ならでは。完成度の高い可愛い動画に、つい大人も見入ってしまうかもしれません。

 

https://www.pinterest.jp/pin/679621400005657774/

 

Cosmic Kids Yoga(推奨年齢:3歳以上)

今世界中の子供たちに大人気なキッズヨガチャンネルの「コズミック・キッズ・ヨガ」。

 

『アナと雪の女王(Frozen)』や『ポケットモンスター(POKEMON)』など子供たちに大人気のキャラクターの世界観を取り入れた空間でヨガをしながらお話を楽しめるという、子供たちが好きな要素が盛りだくさんの動画なんです。

 

世界中の学校やお家で取り入れられており、何と言ってもこの世界観に子供たちはくぎ付けになってヨガを楽しんでいるのだそう。

 

YouTube video by Cosmic Kids Yoga

 

セッションの始まりは必ずマットの上に足を組み、手を合わせて「Namaste(ナマステ)」と言うのがお決まり。

 

真似しやすい決まり文句やポーズがあるのも、子供がハマるポイントの1つ。

 

英語が分からなくても、動画に出てくるJaime(ジェイミー)の動きを真似するだけで大丈夫。

 

動画の世界観がきっと子供たちを飽きさせずに夢中にさせてくれるはず。

 

英語の字幕入りなのでお子さんと一緒に続けていればパパやママは英語の勉強にもなりますよ。

 

Little Sports

こちらは子供向けのエクササイズを紹介しているYouTubeチャンネル「リトル・スポーツ」。

 

この動画は全てキャラクターが動きを再現してくれているので、真似して動けば簡単にエクササイズができてしまうんです。

 

英語が理解できないお子さんでも、ゲーム感覚で楽しみながらエクササイズできますよ。

 

YouTube video by Little Sports

 

1つ1つの動きごとに20秒カウントをするので、続けていけば20秒まで英語でカウントできるようになれるかも?

 

動きながら英語の数字の勉強も出来るなんて、ママからしたら嬉しいこと尽くしですよね。

 

英語が理解できなくて飽きてしまう、というお子さんや小さなお子さんにはこちらのチャンネルがおすすめ。

 

日々のお散歩の楽しみ方

不要不急の外出が禁止されているオーストラリアでは、エクササイズ目的の外出は認められている模様。

 

Little Sunshine Partyさんのご家庭も1日1回は、お散歩したりお庭に出たりして、外の空気を吸うようにしているのだそう。

 

オーストラリアでは散歩する子供たちが少しでも楽しい気持ちになるようにと、通りから見える窓に「虹のアート」や「テディベア」を置いている家庭が多くみられるのだとか。

 

photo by @littlesunshineparty

 

photo by @littlesunshineparty

 

これは「Rainbow Trail」や「Teddy Bear Hunt」などと呼ばれ、アメリカやイギリスで始まった取り組みだそう。

 

子供はただ目的もなく歩くことは難しいけれど、虹やテディベアを探しながら歩くことで、ちょっとした宝探し感覚で楽しみながらお散歩ができるのが目的。

 

実はLittle Sunshine Partyさんの娘さんはお家で過ごすのが好きな女の子。

 

でもそんな娘さんも楽しんでお散歩ができる理由の1つにこの宝探しのような楽しみがあるのだとか。

 

photo by @littlesunshineparty

 

Little Sunshine Partyさんのお家は通りに面した窓がないため、道路に面した地面にチョークで絵を描いてこの「Rainbow Trail」に参加。

 

おうちの中で絵の具を使って虹の絵を描くのは家の中が汚れるしちょっと、、、というご家庭は、お家のお玄関や道路にこうしてチョークで絵を描いてもらうのも◎

 

photo by @littlesunshineparty

 

窓や地面にアートを描く時間もおうち時間の楽しみ方の1つになるので、これは日本でも真似できそう。

 

チョークならそのうち自然に消えるので、ママたちも安心です。

 

Googleマップで「Rainbow Connection Map」を見てみる

Googleマップの「Rainbow Connection Map」をご存じですか?

 

NYブルックリンからはじまった自粛生活の中でのレインボー飾り。

 

https://www.pinterest.jp/pin/135108057559631056/

 

レインボーを飾っているお家は、場所をこのGoogleマップ上に追加すると虹のマークが出てくる仕組みに。

 

実際にどんなアートが飾られているかは残念ながらその場所に行かないと見られませんが、どれだけ多くのレインボーが世界中に溢れているのかが確認できて、きっとその多さに驚くはず。

 

▽Rainbow Connection Mapを見るにはこちらをクリック→Rainbow Connection Map

 

photo by Google map

 

まだまだ少ないですが、実は日本にもレインボーマークが出現中。

 

ご自分のお家の近くにあるか確認するのも面白いかもしれません。

 

ダンボールやトイレットペーパーの芯を使ってクラフトを楽しむ

食料品以外のお買い物が気軽に出来なくなった今、どのご家庭もネットでのお買い物がぐっと増えたと思います。

 

そこで増えるのがダンボールのゴミ。

 

たくさんダンボールがあるならと、Little Sunshine Partyさんは娘さんとダンボールを使ってお城をDIY。

 

photo by @littlesunshineparty

 

ダンボールを切るのが難しい年齢のお子さんは、パパやママが土台を作り、デコレーションをお子さんにしてもらうと◎

 

トイレットペーパーの芯だって、お城のパーツやお人形として大活躍!

 

どこの家庭にもあるダンボールやトイレットペーパーの芯を使った工作なら、すぐにチャレンジできそう。

 

https://www.pinterest.jp/pin/251990541639682347/

 

日本でも真似できるおうち時間のヒントに

いかがでしたか?

 

Little Sunshine Partyさんによるオーストラリアのおうち時間の過ごし方、日本でもヒントとなって真似できそうなポイントがたくさん。

 

今はどこの国でもパパやママたちの苦労や子供たちのストレスはきっと同じ。

 

こうして海外在住のママたちも、同じような気持ちで子供たちの「おうち時間」のヒントを日々探しているんですね。

 

今後もARCH DAYSではいろいろな国に住むママたちの情報を元に「おうち時間」のアイディアを発信していきます。

 

 

A

A

昔からバースデーやクリスマスなど身近なイベントをプロデュースするのが大好き。サンフランシスコに一年住んでいた経験もあり、海外の可愛い情報を集めるのが趣味。

UPDATE: