KIDS & BABY

COLUMN

フランス在住ママ連載|我が家の子供部屋紹介

フランス在住ママ連載|我が家の子供部屋紹介
petit à petit|himama流フランスで子育て Vol.15

Clipする
Clipする

フランスで暮らすhimamaさんファミリーの日常を綴る人気連載。今回は、気になるhimamaさんちをご紹介。第1弾は「子供部屋」ということで、娘ちゃんのお部屋のインテリアのこだわりやおしゃれに見せるコツなどをチェック!

 

 

先日Instagramにて、フォロワーの皆さまに

「どんなことが知りたいですか?」

と質問してみたところ、

「お家の中の様子が気になる!」

というお声を多数いただきました。

 

ということで今回は、ルームツアー第1弾「娘の部屋」を紹介させていただきたいと思います!

 

部屋の入り口から。

 

ひと部屋の中にスペースを設けて。

娘に生活に合った家具の配置

約6畳ほどの部屋を子供部屋として利用しています。

部屋内の家具配置はこんな感じ。

 

 

フランスでは、日本のような備え付け収納がない場合が多く、収納家具を置く必要が。

 

娘の部屋の場合、本棚・ベンチ収納・おもちゃ収納・ベット下収納と、たくさんの収納場所を確保しています。

 

この1部屋の中で「遊び」〜「就寝」まで行うことになるので、それぞれの行動に集中できるような家具配置を意識しています。

 

ベッドからはおもちゃスペースが見えないように。

 

手前が就寝スペース、奥が遊びスペースです。

 

寝る時におもちゃが見えてしまうと、遊びたい欲が出てきてしまう…

ということでベッドと遊びスペースの間にハウス型テントを置き、ベッドからはおもちゃが見えないように配置

 

そのおかげか、ベッドに入ると就寝モードになり、遊びに戻ることはほとんどなくなりました。

 

ベッド周辺

まだまだ3歳、我が家イチの寝相の悪さを誇る娘。

 

就寝中の落下は防ぎたい、でも自分で登り下りできるものがいい。

と思い選んだベッドがこちら。

 

ママお気に入りのブルーグレーのベッド。

 

フランスの「Petite Amelie(プチアメリ)」というブランドのもの。

 

ママたちのアイディアから生まれた家具やおもちゃを扱うブランドで、デザインも痒いところに手が届く。

見つけてからは即決でした。

 

3歳児にはちょうど良いサイズ感。

 

ベッドの横にはベンチ型収納を。

実はこちらは私が子供のときから使っていた年代物。

私の祖母がオーダーしてくれたものなのです。

 

大人になった今もすごく気に入っていて、フランスまで持ってきました。

 

ここに座って読み聞かせをすることもできます。

 

ずっと使い続けたい大切な家具。

 

ベンチ収納の中には細々とした文房具類や、お勉強グッズが入っています。

 

遊びスペース周辺

部屋の奥に配置した遊びスペース。

 

まずはドールハウスとごちゃごちゃおもちゃの収納。

収納は「IKEA」のトロファスト。

 

この高さにドールハウスが置いてあると遊びやすい。

 

実はこのサイズは壁掛けタイプなのですが、あえて壁にはかけず床に直置きしています。

この上にドールハウスを置くと遊ぶのにちょうど良い高さに。

 

これはかなりおすすめです!

 

 

おもちゃの収納に関しては、非常に緩くカテゴリ分けをしています。

お片付けは、「おもちゃが引き出しに入っていればOK」。

 

元々は細かくカテゴライズして片付けしたいタイプなのですが、3歳児にそれをさせるのは難しく、今はどこかしらの引き出しに入っていれば良しとしています。

 

 

愛用のドールハウスもIKEAのもの。

シンプルな作りで遊びやすく想像が膨らみます。

 

シルバニアだけではなく、プレイモビルやその他フィギュア遊びにも大活躍。

 

その横にはプチアメリのおままごとキッチン。

くすみピンクカラーにゴールドの組み合わせがフランスらしく、とても可愛いです。

 

ベッドと同じプチアメリのもの。

 

おもちゃ収納と反対側には本棚を。

本と一緒に、よく使うおもちゃも収納。

 

本棚をこの位置に配置することで、入り口からは棚の中が見えず、部屋全体がすっきり感じます

 

カラフルごちゃごちゃになりがちな本棚は入り口から見えないように配置。こちらも私の祖母からの贈り物。

 

そして本棚の横には、机を置いています。

 

虹のウォールステッカーは娘と一緒にDIY。

家族写真もよく目につく所に。

 

虹がちょっとアンバランスなのはご愛嬌。

 

ベッドから見るとこんな感じ。

 

ハウス型テントにはティラノサウルスが住んでいます。

 

ピアノも弾くんでしょうか…!

 

このテントは遊びに来てくれたお友達にも大好評。

秘密基地みたいで楽しいですよね。

 

 

大の恐竜好きの娘。

 

部屋の中には沢山の恐竜が生息しています。

 

存在感がすごい。

 

デカすぎる…

 

フィギュア類はカゴにまとめてスッキリ収納。

 

いつの間にか増えていった恐竜たち。

 

壁には娘の作品を。

部屋のあちこちには、娘が幼稚園で作ってきた作品を飾るようにしています。

 

こんな上手に出来るんだ!と毎回驚きです。

 

エッフェル塔に花火が!

 

壁には作品の他にも色々と吊り下げています。

 

母の趣味と娘の好きが詰まった壁。

 

娘の部屋だけでなく、リビングにも何枚か飾っています。

 

番外編①

最近のお気に入り。

ここで番外編として最近のお気に入りをご紹介。

 

ちょうちょの絵が描かれたBOX。

娘も私もお店で見つけて一目惚れ。

 

くすみ紫色、半月型のBOX。

 

実はこちらはオルゴール付きのジュエリーBOX。

蓋を開けるとバレリーナがくるくる回りながら音を奏でます。

 

お気に入りのアクセサリーを大切にしまっています。

 

私も子供の頃に似たようなものを持っていたので、とても懐かしいです。

 

番外編②

お出かけ用ラック

玄関スペースに、娘用のお出かけラックを設置。

 

幼稚園用のリュックや帽子類はここに掛けておいて、お出かけの準備を自分で進められるように工夫。

 

ラックは娘の目線の高さに。

 

帰宅後もこちらのラックにリュックをかけるように習慣付けています。

 

娘もママも大好きな部屋づくり。

キャラクターものが大好きな娘。

 

インテリア的にはちょっと…というものが多いのですが、ここは娘の空間。

なるべく好きなようにおもちゃを並べたり、デコレーションさせてあげたいという気持ちが1番です。

 

ベッドの上でおままごと。

 

目に付く大きめな家具をシンプルなものにすることで

その中にキャラものが混ざってもうるさくなりすぎないように、部屋づくりをしています。

 

成長と共に変わっていくであろう子供部屋。

その時々の様子をしっかりと残していきたいなと思っています。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

それでは、À bientôt!

 

 

▼これまでの連載はこちらから

この記事に関するキーワード

himama

himama

写真をこよなく愛する主婦。

現在フリーのwebディレクター。

2018年に女の子を出産。

2020年夫の転勤でフランスに移住。

 

Instagram:@y_himama0918

UPDATE: