KIDS & BABY

COLUMN

【知育】1歳頃から楽しめる「ストロー落とし」|100均アイテムで簡単手作り

【知育】1歳頃から楽しめる「ストロー落とし」|100均アイテムで簡単手作り
by ARCH DAYS編集部

Clipする
Clipする

指先の運動に!単純だけどハマる「ストロー落とし」

単純なのに子供がすごいハマると人気の「ストロー落とし」をご存知ですか?

 

1歳ごろになると指先を使った複雑な遊びが少しずつできるようになり、ところかまわずいろんなモノを掴んでは落とす&穴があったら入れるという遊びのブームが到来しますよね。

そんな時にぜひ作ってあげたいのが「ストロー落とし」です。

 

ストロー落としは作るのも簡単な上に、遊びながら子どもの力を伸ばせるという知育おもちゃ

単純なのに時間も忘れるほどハマる子も多いので、ぜひおうちで作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ストロー落としとは

容器に空いている穴の中に、ストローを落としていくという指先を使った知育遊び。

モンテッソーリ教育でも1〜2歳の運動の敏感期(※)のおもちゃとして推奨されています。

※ 動きに興味を持ち、集中して同じことに取り組む期間

 

「ストロー落とし」のおすすめポイント

とても単純な遊びだけど、指先を使うことで脳も刺激され、子供の発達にもいいことがいっぱいです。

 

  • ストローを見る、掴む→色の認識をしたり握り方を覚える
  • 穴にめがけて落とす→観察力、目と手の協応性が養われる
  • ストローを掴んで穴に入れる→指先の器用さと集中力が身につく
  • ストローが落ちる→動きや手ごたえを実感する
  • フタ付きなので持って振る→音や動きを楽しめる

 

オリジナル「ストロー落とし」の作り方

用意するもの

  • 容器(穴があいているものがあれば◎・なければドライバーやカッターなどであける)
  • ストロー
  • ハサミ

作り方

1.容器の高さをなんとなく測り、それよりも短くなるようにストローを切る。

ストローを切るときは軽くて飛んでしまうので注意してください。

 

 

 

2.子供の利き手側にストローを置いて、穴にストローと落として遊ぶ。

子供が掴みやすいように容器に入れてもいいですし、テーブルや床にそのまま置いても◎

 

  • ストローが落ちる様子がわかるように、容器はフタ付き・透明もしくは半透明のものを選ぶ
  • 容器は穴あき蓋タイプを選ぶ(難しければ穴をあけるでもOK)
  • 容器は重ければ安定感があり入れやすく、軽ければ入れた後にシャカシャカ遊べる
  • ストローは容器の穴に入るサイズを選ぶ(穴のサイズより小さければ違うサイズを一緒に入れても◎)
  • ストローの色はいくつか種類を用意し、色を教えながら遊ぶと楽しく覚えられる
  • ストローは容器に入る長さで切り、子どもの利き手側に置く
  • 遊ぶ時はまずは大人がやってお手本を見せる

「ストロー落とし」遊びをアレンジ!

ストローを落とすのに慣れてきたら、いろいろアレンジして楽しんでみるのもおすすめです。

01ストローの太さを変える

最初から穴のある容器だと穴の大きさを変えられないので、

少し丈夫なつくりの折り紙などがあれば、そちらを使って簡易的な蓋を作るのもいいですよ。

 

 

この時、大きさの違う穴を開けてそれぞれ太さの違うストローを用意することで、太さの違いを学ぶこともできます。

子供がそれぞれの穴の大きさにあったストローを選んで落とせるように、優しく声かけをしながらやってみてくださいね。

 

 

02ストローの長さを変える

同じストローでも長さを変えるだけで、摘みやすかったり摘みにくかったり力加減が変わるので手指の発達にもいいです。

 

03ストローのお片付けをする

だんだんお片付けもできる頃になってきているので、

入れものに入れてお片付けの練習をするのも◎

04ストローペグさしに挑戦

100均で売っているパンチングボードに、マスキングテープとストローで作った旗を挿してみよう!

ストロー落としより穴が小さいので難しいけれど、いっぱい挿せると子どもも嬉しくて大喜びです。

 

ちょっと難易度を上げて「色合わせゲーム」をするのもおすすめ。

パンチングボードの穴の周りに、丸く切り抜いたシールを貼って同じ色の旗を作り挿していきます!

 

ゲーム感覚で色を覚えられるのでとても楽しいですよ。

 

 

とっても簡単な「ストロー落とし」で知育遊びを

いかがでしたか?

 

100均や家にある手軽なもので簡単にできる「ストロー落とし」。

単純なのに一度やり出すと集中して遊べるのもいいところです。

 

ぜひおうちで遊べる手作りおもちゃとして、作ってみてください!

 

他にもおすすめしたい、100均知育おもちゃ

ARDH DAYSでは他にも「100均知育おもちゃ」を手軽に作れるアイデアをご紹介しています。

 

この記事に関するキーワード

UPDATE: