WEDDING

COLUMN

明るいリビングダイニングが主役!インテリアセンス光るフルリノベーション住居

明るいリビングダイニングが主役!インテリアセンス光るフルリノベーション住居
by ARCH DAYS 編集部

Clipする
Clipする

ARCH DAYS LIVING連載7回目の今回はご主人が設計を手掛けたフルリノベーションのマンションを紹介。夫婦が持ちよったそれぞれの理想を形にしたリビングダイニングには、心地よい家族の時間が流れます。至る所ところにセンスが光るインテリア術は必見。

File.7 家族の好きが集まったリビングダイニング

今回お邪魔するのは、都心の中古マンションをスケルトンの状態からフルリノベーションした後藤さん夫婦のお宅。

 

日々忙しく仕事をこなす2人も、家に帰れば子どもたちのママとパパ。そんな家族がいつも揃って過ごすのは光がたっぷり入る広いリビングダイニング。

 

 

6年前に建築家のご主人が夫婦の理想をもとに設計した、リビングダイニングが主役のおうちです。

 

 

ピアノと、たくさんの本と暮らす家

後藤さん宅に入ってまず目に飛び込んでくるのは、大きなピアノとたくさんの本!

 

☑ リビングの真ん中に鎮座するグランドピアノは奥様のもの

 

「どうしてもピアノは持っていきたかったので、ピアノがおける家というのが自分の中では一番の希望でした。」と、語るのは奥様。

 

今でも子どもたちと演奏するピアノは、長年連れ添う仲間のような存在。

 

一方、ご主人の希望はとにかく本をたくさん収納できること。リビングの壁は一面すべて本棚に。仕事柄、デザイン関係の本がずらり。

 

 

「とにかく私はピアノ、旦那は本。それがちゃんと入って、“リノベーションし甲斐のある家”を探していて見つけました。水回りの位置もすべて変え、ゼロから作り直しました。」

 

☑ 日当たりのいいリビングのソファは子どもたちの大好きな場所

 

元々は廊下がある2LDKだった間取りから、玄関を入ってすぐに広がる大きなリビングダイニングがメインの1LDKに変更。

 

直線でつながるスペースで家族がひとつに

コミュニケーションが途切れないワンルーム空間

キッチンからリビングが一直線でつながり、親は子どもたちの様子を見ながら料理をし、子どもたちは明るく広いキッチンを眺めながら遊ぶ、そんなコミュニケーションしやすい縦型のリビングダイニング。

 

 

ご主人「作り方としてこだわったところは、ワンルームで大きく見せるように作ったこと。玄関からの廊下も作らず、天井も高く見せて、大きな一部屋になるようにしました。」

 

 

☑ 自然につながる玄関

 

また、キッチンとダイニングテーブルは同じ高さに計算され、ひとつなぎに。動作もスムーズにつながり、子どもたちもお手伝いしやすい環境。

 

☑ シームレスにつながるダイニングテーブルとキッチン

 

奥様「料理しながら、飲みながらワイワイ話せるのでホームパーティーでもすごく便利です。」

 

 

ディスプレイの技もキラリ

キッチン道具は、一目でわかるようにオープンに収納。リビングからも常に目に入るので、収納されているものにも2人のこだわりが見えます。

 

 

☑ 子どもたちの可愛い絵もたくさんディスプレイされている

 

広くすっきりした洗面所

奥様のもうひとつのこだわりが、洗面所。

「広くて、鏡が大きい洗面所にしたい!と思って作ったお気に入りの場所です。」

 

 

 

子どもが2人いると洗面所の出番も多く、朝の準備も渋滞気味。広くて大きな鏡があるのでゆったり準備ができそう。

 

テレワークにも◎なベランダ

春になると川沿いに咲く桜を眼下に望めるベランダには、ステイホーム期間中にテーブルをセッティング。

 

「部屋で遊ぶ子どもの様子を窓から見ながら、気持ちよく仕事ができて助かりました。」

 

☑ 部屋をひとつにしたことで部屋の両端から、自然光がたっぷり入る

美しくユニークなインテリア

目を引く存在感のあるアイテムたち

絶妙なバランス感覚ですべてに調和のとれたインテリアは、さすが!お部屋のいたるところで、存在感ばっちりなおしゃれ家具たちを発見しました。

 

☑ ダイニングの大きなライトはスペインのサッカースタジアムの照明というから驚き!

 

 

☑ 建築家やデザイナーのファンが多いセルジュ・ムーユのランプ

 

すべて等間隔に並んだ扉はベッドルーム、洗面所、ランドリールームにつながる。

「初めて見た人にはどこに何の部屋があるのか全く分からない、そんな生活感の無いユニークなデザインにしたくて、こんな風に設計しました。」

 

☑ 左はジャン・プルーヴェの壁付け照明「ポテンス」

 

☑ コンクリートの壁とコーディネートされたスイッチ

 

この家に住み始めたのはまだ子どもが生まれる前のこと。いつでも自分たちらしく少しずつ変化していく、そんな素敵な暮らしを感じることができました。

 

☑ こどもの落書きをそのままに残したテーブル

 

 

Profile: 東京都 1LDK 夫婦+こども2人

 

こだわりのおうちにお住まいの方募集!

ARCH DAYSでは、“ARCH DAYS LIVING”のメール取材をさせていただける方を募集しています。あなたの素敵な暮らしをぜひ紹介させてください。

 

インスタグラムで @archdays_weddings をフォロー+ #archdays花嫁 をつけて投稿するだけで応募完了!素敵な暮らしの様子やインテリアの写真を投稿してくれた方へ、編集部よりDMでお声がけさせていただきます。

 

 

▽先輩花嫁さんのインテリアや暮らしに関する記事を見る

#暮らし

おしゃれに心地よく過ごす先輩夫婦たちから暮らしのヒントを学ぶコラム。

M

ARCH DAYS編集部

M

キャンプやフェス、雪山、海、お酒を愛するアウトドア女子。小さいころから絵を描くのが好き。2児の母。

UPDATE: