WEDDING

COLUMN

前撮り髪型|編みおろし・ローポニー・紐アレンジなど。35人の先輩花嫁ヘアカタログ

前撮り髪型|編みおろし・ローポニー・紐アレンジなど。35人の先輩花嫁ヘアカタログ
by ARCH DAYS編集部

Clipする
Clipする

前撮りや後撮りの髪型。結婚式当日とはまた違った、おしゃれで個性的なスタイルに挑戦してみませんか?人気の編みおろしや紐アレンジ、ローポニーなどのスタイルから、定番のシニヨンやダウンスタイルまで、先輩花嫁さんたちの素敵な前撮り・後撮りヘアを厳選してご紹介。

 

結婚式の前撮りや後撮りをしたい

多くの花嫁さんたちが撮影している、結婚式の前撮りや後撮り。

 

文字通り、結婚式前後に新郎新婦さんが結婚式とはまた違ったシチュエーションで撮影する写真のことで、ウェディングドレスを着て撮影するのはもちろん、私服で気軽に撮影できるエンゲージメントフォトなども人気。

 

リラックスした雰囲気の私服でのエンゲージメントフォト

 

最近では、特に自然の綺麗な場所での前撮りがトレンドですよね。

 

自然が美しい場所での前撮り写真

 

アイテムに使えば格上げ効果も

特に前撮りをする場合、ウェルカムボードやペーパーアイテムなどの作り物に、カメラマンさんに撮ってもらった写真を使うことができて◎

 

プロフィールブックに前撮り写真を

 

プロが撮影した写真を使うことで、アイテムのクオリティーもグッと格上げすることができます。

 

結婚式とはまた違うスタイルで

結婚式の日という限られた短い時間のなかでは、ドレスやヘアメイクなど、なかなか好きなスタイルすべてを表現することは難しいもの…。

 

前撮りや後撮りをすることで、結婚式では選べなかったドレスや和装を着てみたり少し個性的なスタイルに挑戦したり、悔いなくやりたいことができるのも人気な理由のひとつ。

 

ドレスで挙式の花嫁さんに、和装の前撮り・後撮りも人気

 

先輩花嫁さんの前撮り・後撮りヘアが見たい!

前撮り・後撮りをする花嫁さんの大きな悩みのひとつは、どんなヘアスタイルにするか。

結婚式とはまた違う、とびきりオシャレでちょっと個性的なスタイルに挑戦してみませんか?

 

今回は、先輩花嫁さんの素敵な前撮り・後撮りヘアを厳選してご紹介します。

 

1.不動の人気、編みおろしヘア

1)あえてのノーアクセが◎

サイドから立体的に編み込んだ編みおろしヘアに、あえてヘッドドレスやピアスなどのアクセサリーを無しにして、髪の表情を見せるエフォートレスなスタイルがオシャレ。

 

出典:Instagram(@___59hm

 

2)変化をつけたロングスタイル

腰まであるロングヘアの花嫁さんは、変形編みおろしで変化をつけたスタイルに。ヘアメイクさんにお任せしたスタイルだそう。

 

迷ったときはイメージだけ伝えて、プロにお任せしてしまうのも◎

 

出典:Instagram(@a.m___n.t

 

3)散らしたアクセがおしゃれ

根本をふわふわと編み込み、崩した感じのたまねぎヘアを合わせたスタイル。

 

お花やクリスタルのアクセを一か所にまとめず、散らしてポイント使いするのが今風。

 

出典元:Instagram(@_so_wd_

 

4)タイトにまとめてモダンに

ふわふわで甘めなイメージの強い編みおろしですが、きゅっとタイトにまとめるとモダンなスタイルに。

 

ヘアカフとピアスはゴールドでまとめた、おしゃれコーディネート。

   

出典元:Instagram(@t_r.wedding

 

5)ハイライトがポイント

ゆるく編み込んで、花嫁さんの可愛らしさを最大限に表現したスタイル。

 

ポイントでいれたハイライトが立体感を出して、奥行きのあるアレンジに。

 

出典元:Instagram(@my_2020_16

 

 

2.紐アレンジにも個性をプラス

1)アクセサリーとカラーを合わせて

pluieのホーンクラウンに、白いスエードの紐をアレンジ。

 

紐のカラーと合わせた、ripsalisのフェザーイヤリングがポイントに。

 

出典元:Instagram(@y____wd1121

 

2)二股に分かれた編み下ろし+紐アレンジ

2本の編みおろしヘアにそれぞれアシンメトリーで紐をアレンジした、おしゃれ上級者のスタイル。

 

合わせたさらっとしたコットンのシャツワンピにもぴったり◎

 

出典元:Instagram(@_____73.oyome

 

3)高めの位置でエレガントに

結ぶ位置でも、印象が変わってくる紐アレンジのヘア。

 

すっきりとおでこを出して高めの位置できゅっと結んだ紐アレンジは、エレガントかつ華やかなスタイルに。

 

出典元:Instagram(@wmwm.wd

 

4)セミロングでも◎

セミロングのこちら花嫁さんは、編みおろしに紐をプラスして、トレンド感と動きのあるアレンジに。

 

ロングヘアでなくても挑戦できるので、ぜひ真似したいヘアスタイル。

 

出典元:Instagram(@0808_aya_

 

5)黒いレザーでクールに

こちらも二股に分けたヘアスタイル。

 

あえて黒のレザーできゅっと結ぶことで、クールでファッショナブルな印象に。

 

出典元:Instagram(@hairmake_suzu

 

6)2種類の紐がおしゃれ

ふわふわとしたリボンと、革紐。素材感の番う2種類の紐をアレンジ。

ボーホーシックな袖ありのドレスによく似合っています。

 

出典元:Instagram(@taru_0920

 

7)紐を編み込んで

こちらは、編みおろしとともに、紐も編み込んで。毛先にはカラーの違う紐をプラス。

 

ボブくらいの髪の長さの花嫁さんですが、個性的でとってもおしゃれなヘアアレンジです。

 

出典元:Instagram(@asa_wed

 

3.注目はリボンアレンジ

1)オーガンジーでフェミニンに

編みおろしに透け感のあるオーガンジーで大きくリボン結び。

定番の編み下ろしも、個性が光るスタイルに。

 

出典元:Instagram(@20123s

 

2)ジョーゼットの端切れリボン

ゆるくまとめたシニヨンに、グレーとピンクの柔らかいニュアンスカラーのジョーゼット生地を贅沢に2色使い。

 

垂らしたリボンが、バックオープンのドレスにぴったり。

 

出典元:Instagram(@mmm__wd_

 

3)ピンクヘア×べロアリボン

おしゃれ花嫁さんのあいだで最近トレンドなのが“ピンクヘア”。

きれいに染まったピンクヘアに、ベロアのリボンがばっちりマッチ。

 

出典元:Instagram(@ay_wd_1221

 

4)細めのリボンでアクセントを

編みおろしヘアに細めのオーガンジーリボンをポイントで結んで、上手にアクセントを。

 

リボンは素材だけでなく、太さでもだいぶ印象が変わりますね。

 

出典元:Instagram(@mnmr_0404

 

5)2つ結びで思い切り甘めに

2つ結びにシフォン生地のリボンをプラスして、思い切り甘めなスタイルに。

 

前撮りや後撮りで、ぜひ挑戦したいコーディネート。

 

出典元:Instagram(@sakukoararara_25

 

6)高めポニー×リボン

高めの位置で結んだポニーテールに、太めの柔らかいリボンを。

あえて長めに残したリボンが、風になびく様がとてもきれいです。

 

出典元:Instagram(@yywg_2o

 

7)シニヨンにシルクリボンを

低めのシニヨンにプラスしたのはシルクリボン。

すっきりとして上質な大人の甘めスタイルに。

 

出典元:Instagram(@kaori_0807wedding

 

8)ブラウンならよりナチュラルに

こちらも低めのシニヨンですが、ブラウンの太目のリボンをオン。

 

ゆるっとまとめて、力の抜けたナチュラルでエフォートレスなスタイル。

 

出典元:Instagram(@m_memory24

 

9)フリルリボンがポイント

高めのたまねぎヘアに、リボンを巻き巻き。

ポイントは何と言っても、ふわふわとしたフリルリボン。

 

花嫁さんのかわいらしさをより引き立てています◎

 

出典元:Instagram(@jom_wd

 

4.ローポニーで大人かわいく

1)シンプルなポニーテールで洗練されたスタイルに

意外とシンプルな髪型は、結婚式ではする機会がないかも。

 

前撮りでは、シンプルにノーアクセでポニーテールをしてみるのも洗練されたスタイルで◎

 

出典元:Instagram(@ak_trkwd

 

2)ほうきヘアですっきり大人っぽく

ローポニーに、くるくると地毛を巻き付けるスタイルも人気。

こちらは“ほうきヘア”とも呼ばれていますね。

 

すっきりとまとめて、大人っぽく上品なコーディネート。

 

出典元:Instagram(@mk__wd54

 

3)リーフがポイント

こちらもほうきヘアのアレンジ。

セミロングのヘアをタイトにセンター分けで結び、地毛をまきまき。

 

珍しいリーフのヘッドパーツがポイントになって、とてもおしゃれです。

 

出典元:Instagram(@poppins.wedding108

 

4)おしゃれが詰まった上級者アレンジ

ローポニーに、地毛を編み込んで、紐で結んだスタイル。

地毛を輪っかにしてタイトに編んでいく、この編み込み方法は“ワインドループ”と言うそう。

 

今後大注目のヘアアレンジです。

 

出典元:Instagram(@apaapa_hair

 

5)ボタニカルアレンジ

艶やかな黒髪をきゅっとまとめて、みずみずしいリーフのヘッドパーツを。

花嫁さんのバングカラーも上手なポイントに。

 

出典元:Instagram(@atmatmatmatm827

 

6)枝を挿して、大人っぽく

タイトにまとめたシンプルなローポニーに、枝もののドライフラワーを挿して。

 

品のあるモダンで大人っぽいスタイルに。

 

出典元:Instagram(@hairmake_suzu

 

7)ゆるくまとめてナチュラルに

自然のなかでのロケーションフォトは、このくらいエフォートレスでナチュラルなローポニーもおすすめ。

 

アクセサリーも無しにして、自然体なおふたりがとても素敵です。

 

出典元:Instagram(@l.k.r_1993

 

5.シニヨンで洗練されたスタイルに

1)女性らしさをぐっと引き出して

女性らしく洗練されたコーディネートに見せてくれるのが、シニヨンスタイル。

後れ毛も控えめにして、シンプルにまとめるのが正解。

 

出典元:Instagram(@__20191221__

 

2)「ほどけそうでほどけない」が素敵

あえて結び目をつくらず、ラフにゆるっとまとめたシニヨンアレンジ。

 

ほどけそうでほどけない絶妙なラインで、花嫁さんの繊細な美しさを表現しています。

 

出典元:Instagram(@m_trk2020

 

3)外国人風のおしゃれシニヨン

花嫁さんが参考にしたのは、海外のコレクションでのモデルさんのヘアスタイルなんだそう。

 

おしゃれかつ唯一無二のコーディネートに。

 

出典元:Instagram(@_maki_u

 

4)アップシニヨンで甘めスタイル

高めの位置でシニヨン(お団子)を作れば、大人の甘めなスタイルに。

 

結婚式はモダンにかっこいいスタイルで…という花嫁さんにも、おすすめなアレンジです。

 

出典元:Instagram(@condertreet

 

6.ダウンスタイルも魅力的

1)自然のロケーションにマッチして◎

あえて何もせず、さらっと髪をおろして。

シンプルなダウンスタイルも、ロケーションにマッチして素敵です。

 

出典元:Instagram(@___.non._wd

 

2)花嫁さんの美しさを際立たせて◎

風にすっとなびく髪の毛が、花嫁さんの美しさをさらに際立てています。

 

程よいラフさと上品なエレガントさのバランスが絶妙なコーディネート。

 

出典元:Instagram(@kurimisa_wedding

 

3)バックカチューシャで印象的な後ろ姿

ダウンスタイルに、ゴールドのバックカチューシャで印象的な後ろ姿に。

 

くすみピンクのドレスとも相性◎

 

出典元:Instagram(@uuwd0306

 

自分らしいスタイルを

いかがでしたか?

今回は、先輩花嫁さんの素敵な前撮り・後撮りヘアをご紹介しました。

 

様々なアレンジがあるので、ぜひすてきな先輩花嫁さんのアレンジを参考に、自分らしく納得のいくスタイルを見つけてくださいね。

この記事に関するキーワード

S

ARCH DAYS編集部

S

ハワイでの挙式、日本での披露宴を経験。2児の母。

情報集め大好き。手作り大好き。デザイン大好き。

自身の結婚式のペーパーアイテムはすべてパワーポイントで手作りしたツワモノ。

UPDATE: