WEDDING

COLUMN

オンリーワンの結婚式に。ふたりらしいコンセプトを作るための4つのヒント

オンリーワンの結婚式に。ふたりらしいコンセプトを作るための4つのヒント
by nana

Clipする
Clipする

結婚式のコンセプト、どうやって考えてますか?トレンドをおさえるだけでは何か足りないと思っているのでは?ふたりらしい結婚式を作るためのアイディアをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

“ふたりらしい結婚式” には「コンセプト」が大切

「ふたりらしい」「唯一無二」「オリジナルウェディング」そんな結婚式にしたいけど、どうしたらいいかわからない…。という新郎新婦さんのお悩みをよく耳にします。

 

ARCH DAYS花嫁さんはトレンドを上手に取り入れながらも、オンリーワンの結婚式を挙げています。

 

その違いを作る大きなポイントのひとつが「コンセプト」。

 

今回は、ふたりらしい結婚式を挙げるためのウェディングコンセプトの作り方を、事例とともにご紹介します。

 

コンセプトを考える4つのヒント

「どうやってコンセプトを作ればいいのかわからない」

「コンセプト考えるのって難しそう」

そう頭を悩ませている花嫁さんも多いのではないでしょうか?

 

実はコンセプトを探すヒントは身近なところにあるんです。

 

01好きなものごと

アウトドア

自然いっぱいの公園でのアウトドアウェディング

 

高知県の大自然が大好きで、県外から移住してきたというおふたり。

 

その大好きな「自然」をコンセプトに、公園内でのアウトドアウェディングをセレクト。

 

エプロンをつけて仲良くコーヒーサーブするおふたり

 

「オープンエアで飲むコーヒーの美味しさをゲストにも知ってもらいたい」という思いから、演出にはコーヒーサーブを。

 

ふたりの ”好き” を、ゲストに体験してもらう演出はきっとずっと記憶に残るものになりますよね。

 

アウトドアの楽しさをゲストに伝えるオリジナルセレモニー

 

 

キャンプ

コンセプトは “秋のボヘミアンキャンプ”

 

キャンプが好きなおふたりは、“秋のボヘミアンキャンプ” をコンセプトに結婚式をトータルコーディネート。

 

真鍮の板に刻印する結婚証明書。初めての体験で、ゲストも忘れない結婚式に

 

結婚証明書は、ゲストが真鍮の板に金槌で刻印するスタイルを採用。

 

オリジナリティにあふれるこの演出は、ゲストにもキャンプ気分を味わってもらいたというふたりの思いから生まれたんだそう。

 

テントをイメージしたような高砂。ドライフラワーで秋らしさを演出

 

 

ホームパーティー

緑いっぱいの鎌倉の邸宅での結婚式

 

友人を家に招いてホームパーティーをするのが大好きだというおふたり。

 

披露宴も、大切なゲストたちと我が家で過ごしてきたような、ホームパーティーのような雰囲気にしたかったんだそう。

 

会場にはバーカウンターも用意し、くつろぎながらお酒を楽しんでもらったんだそう

 

これまで開いたホームパーティーが29回、披露宴が30回目という意味で、“30th”をテーマに。

 

用意したバーカウンターにはゲスト同士が集まり、そこにふたりが混ざってわいわい。

まさにホームパーティーのような楽しいひと時を過ごしました。

 

コンセプトのロゴを作り、アイテム全体に統一感を

 

 

02感銘を受けた作品

水辺に咲き誇る黄金の水仙が風にたなびく詩の情景を表現

 

イギリスの詩人William Wordsworthによる “I Wandered Lonely as a Cloud” の詩がコンセプト。

 

水辺に咲き誇る黄金の水仙が風にたなびくような情景を、装花で表現したんだとか。

 

センスフルな結婚式装花が印象的

 

様々なアイテムに水仙のモチーフを取り入れることで、統一感のあるウェディングになっています。

 

全てのアイテムにこだわりを。結婚証明書にも水仙の刻印を施して

 

 

絵画

穏やかに眠る夫婦の絵から、理想の夫婦像を重ねたんだそう

 

新婦が感銘を受けたというパブロ・ピカソ『眠る農夫たち』という作品がコンセプトの、ふたりだけの結婚式。

 

Idyllic(牧歌的で素朴・美しい自然)という言葉のように、ピカソの絵や自然と調和するような空間

 

絵画のモチーフとなっている麦わら帽子や、藁などを装飾に用いて、牧歌的で優しい雰囲気に。

 

森の中で執り行われた手づくりの結婚式は、とてもロマンティックですよね。

 

装花には、藁・ラグラス・麦・オーチャードグラス・野花を使用

 

 

映画

映画のポスターと、主人公が持っているトランクを置いて

 

新郎の幼少期の思い出の映画は「フォレストガンプ」。

 

映画の中の有名な台詞 “Life is like a box of chocolates” をコンセプトにした結婚式を挙げたおふたり。

 

結婚証明書は映画の主人公が子供の頃に読んでいた絵本

 

会場装飾、結婚証明書、パーティーフードなど映画の中のアイテムをモチーフに映画の世界一色に染めました。

 

おふたりの幸せそうな笑顔が印象的

 

 

童話

会場を舞う鳥が童話の世界に誘う

童話「青い鳥」の物語がコンセプト。

 

鳥モチーフやテーマカラーのブルーを会場、衣装、ペーパーアイテムに散りばめることで、全体的な統一感を演出しています。

 

テーマが上手に表現された会場装飾

 

ブルーのアイテムを身に着けてもらったり、鳥の形に折った折り紙を会場に装飾してもらったり。

 

ゲストとともに童話の世界を作り上げて、唯一無二のオリジナルウェディングに。

 

 

 

この記事に関するキーワード

nana

nana

企業のWEBサイトや映像を制作するディレクター業務に従事しながら、
一組一組のご夫婦に寄り添った自身のウェディングフォトブランドを展開中。

花嫁さんに近い立場から、お役に立てるような情報をお届けします。

UPDATE: