WEDDING

COLUMN

フリープランナーの結婚式ってぶっちゃけどう?ウェディングのホンネをWインタビュー

フリープランナーの結婚式ってぶっちゃけどう?ウェディングのホンネをWインタビュー
by ARCH DAYS 編集部

Clipする
Clipする

 

魅力的なフリープランナーの紹介サービス「Leju(リジュー)」の連載がスタート!

自分たちらしいウェディングを実現するため、従来の式場ではなく「フリープランナー」にお願いをするカップルが急増中。この連載では最高のパートナーであるプランナーと共に自分たちらしいウェディングを実現したカップルをご紹介。

ふたりの希望が、フリープランナーの手によってどのようにして形になっていくのか?その軌跡をレポートします。

 

フリープランナーって一体どんな人?実際のところが知りたい!

メリット、デメリットは?

フリーランスのウェディングプランナーとは、結婚式場やホテルなどの会場に所属していないプランナーのこと。

フリーランスの場合は一からウェディングをつくるのが特徴。

 

メリット

大きなメリットは、何といっても自由度の高さ。

会場だけでなく装花やカメラマン、衣装、ヘアメイクも、提携の縛りなく自由な選択肢から決められます。

不要な演出はしない、少人数や屋外など、より自分たちのニーズや予算に合わせたウェディングが可能。

近い距離感で寄り添ってくれるので、具体的なイメージがないという人にも◎

 

デメリット

決まった会場ではないため、希望の会場によってできることに違いがあります。

すでに希望の結婚式場があり、定番スタイルにしたいという人にはそこまでメリットを感じない場合も

プランナーが個人で活動しているため、自分に合う人を見つけるのが難しいという点も。

 

ここからは、フリープランナーでウェディングを実施した3組のカップル&担当プランナーにインタビューし、

フリープランナーと作るウェディングの実態を探ります。

第1回 たどり着いたのは「家族旅行のような結婚式」

ふたりとふたりの家族が一つになった少人数ウェディング

今回は、ハウスオブ軽井沢で少人数ウェディングを挙げた嘉彦さん&春菜さんカップル

 

 

コロナ禍での2度のキャンセルを経てたどり着いた少人数ウェディングは、「結婚式のイメージが変わった」とふたり揃って話すほど自分たちのスタイルにマッチ。

 

そのままゲストと宿泊できる会場、美味しい食事に歓談の多いゆったりとした進行。

 

すべてがふたりとふたりの家族だけのために使われる時間は、「贅沢な家族旅行のよう」と話す嘉彦さん&春菜さん。直後はもちろんのこと、1年経った今も「ほんとに素敵な時間だったよねえ」と両家とも言ってくれるそう。

 

 

ふたりのウェディングができるまで

そもそも、なぜ「フリープランナー」を選んだの?
春菜さん:最初は友人や親戚も招待する予定で別会場を予約していたところ準備期間中にコロナ禍になり、会場の都合上少人数への変更が難しく2度延期した後にキャンセル。

 

それから家族婚ができそうな所をいくつか探して問い合わせたのですが、いわゆる結婚式場は価格・プラン内容ともに少人数開催の現実味がなく、もう少し自由度高く自分達の意見を取り入れてもらえる先はないかなと探した結果、フリープランナーさんにお願いしたいなって。

 

関東圏のプランナーさんを血眼で探していたところLejuに辿り着き、過去事例を見て今回お願いした舘さんのそれぞれに合わせたプランニングやドレス・装飾のコーディネート、空気感が素敵で、自分には気が引けるけどと思いつつ一生に一度だし、とお願いしました!

当日のオフショット。

 

準備のスケジュール

【4ヶ月半前】初回打ち合わせ

・ふたりや家族のことなど、結婚式以外の趣味などもヒアリング。イメージのすり合わせを行う。

 

【3ヶ月半前】2回目打ち合わせ

・最初のヒアリングを元に、コンセプトや会場、ヴィジュアルイメージ、コンセプトを元にした当日のスケジュール・レイアウトなどの枠組みを提案。

 

【2ヶ月半前】オーダースーツの打ち合わせ(※ドレスは持ち込み)

・コンセプトを元にした、全体の装飾デザインを提案。

・今までの打ち合わせで出ていた、検討項目などを擦り合わせながらブラッシュアップ。

 

【1ヶ月~2週間前】前撮りやメイクリハ

・内容を確認しながら確定。
・フォトグラファーさんと顔合わせ&エンゲージメントフォト(私服での撮影)

・ヘアメイクリハーサル

 

【2週間前~】

・最終確認の打ち合わせ

 

打ち合わせはどんな感じ?
春菜さん:最初に「普通の結婚式に比べてイレギュラーな点ばかりなんですが…」と実現可能かどうかは置いておいて一通り希望の内容をお伝えしました。
好きなイメージのヒアリング中に、「こういうのも好きかもですね」とパッと選んで見せてもらった写真たちがドンピシャすぎて、天才なのか…!?と思いました。

お気に入りのコンセプト「Lekker!」(=おいしい!)はプランナーからの提案。

 

 

会場やコンセプトなど

どのようにして決めていきましたか?

春菜さん:予算の兼ね合いでエリアや会場は何度か相談して最終的に軽井沢に。内容やイメージに関しては当初のままで、「ふたりがやらないで良いかもと思うことはやらなくて全然OKですよ!」という感じで終始進めてくれました。

貸切で宿泊もできる施設なので、遠方から来た家族もゆっくり滞在。

 

会場や内容はどんな提案をしましたか?

プランナー舘さん:家族同士の時間を思う存分楽しんで欲しかったのでパーティーだけで解散ではなく、全員が宿泊できる会場を提案。

 

みんなが打ち解けた後に、またゆっくり同じ空間で過ごせるというのも結婚式場ではないから叶えられたことだと思います。挙式をするイメージはあまりなかったようですが、より距離が近く、緊張も少ない宴内人前式を行うことに。

 

プランナーさん手作りのコンセプトシート

 

▼第2回の記事はこちら

 

衣装選びも前撮りも!頼れるサポーターのような存在

結婚式場やホテルだと打ち合わせと当日で担当者が変わる場合もありますが、フリープランナーの場合は最初から当日までずっと寄り添うのが通常。

 

今回もスーツのオーダーや、アクセサリーのセレクト、前撮りも一緒に行い、ブレることなく二人の理想へと導きます。

 

スーツのオーダーも楽しく参加してくれたことが印象に残っていると話す嘉彦さん。

 

フリープランナーならではの強みは?

プランナー舘さん:会場装飾を提案する際に、全体像(会場の雰囲気・ふたりの人柄・衣装など)を理解しながら考えてもらえること。

 

多くの情報をすぐに得られる時代だからこそ、何が必要で何が不要か、自分たちで探しているだけだとわからなくなることもあると思います。そんな中、客観視してくれる存在がいると迷いや悩みなく進めていけるのかなと。今回は司会まで担当したので、ここまでの距離感でウェディングを作れるのは強みかもしれません。

カメラマンさんやヘアメイクさんとの打ち合わせでアクセサリーや靴の相談やおしゃべりもできたのも楽しかった!(春菜さん)

 

子供の頃に祖母からもらったネックレス。ドレスは持ち込み。

 

 

ウェディング準備で印象に残ったことは?

春菜さん:事前にカメラマンさんとお会いした際に散歩をしながら撮影して頂いたのですが、前撮りをしていなかったことを後悔していたので、その機会をふいに作って頂けたことがとても嬉しかったです。印刷して当日会場にも飾りました。

私服で散歩する何気ない姿の前撮り写真

 

本当の理想は「やりたいことだけ、やらなくていいことはやらない」

当日を迎えてどうでしたか?

プランナー舘さん:ふたりが家族と過ごす時間を大切に考えていたのでそれをイメージしながら考えたスケジュールやふたりに合わせて考え提案した装飾。

イメージ通りに全てが揃い、そこにふたりが立って嬉しそうに過ごす姿を見て高揚感と達成感がありました!

 

 

ここが良かった!
春菜さん:「こうじゃないといけない」とか「これはした方がいい」とかはなく、カップルや家族ごとの違いがウェディングの良さに繋がるのかなと思いました。たまたまコロナ禍でフリープランナーさんに辿り着きましたが、コロナかどうかは関係なくそれぞれの希望を幅広く叶えられる選択肢のひとつだったんだなと実感するくらい、自分達らしい式が出来ました。

 

フリープランナーでよかったな、と思ったことは?

嘉彦さん:少人数、コロナ禍という制約がある中で、自由度が高く型にはまらない形を提案してもらえたことです。予算などにとらわれず、こちらの希望を叶えて頂きました。

フリープランナーさんって、どうやって見つけるの?

問題は、フリーランスのウェディングプランナーさんの見つけ方。

個人サイトやSNSのハッシュタグなどを細かくチェックして見つける方法と、フリープランナーさんが多く登録しているサイトを通じて見つける方法があります。

 

今回、嘉彦さん&春菜さんが利用したLeju(リジュー)は、魅力的なフリーランスのプランナーさんを数多く紹介しているサービス。

記事コンテンツも充実しているから、各プランナーの人柄や想い、経歴もしっかり分かります。

 

相談は無料なので、ぜひチェックしてみて!

 

Leju

Leju(リジュー)は、あなたらしい理想のウェディングへ導くことができる、プロフェッショナルなフリーウェディングプランナーを厳選して紹介しています。

 

最高の一日を創るパートナーとなる、ウェディングプランナー選びから始めてみませんか?

 

HP:https://leju.jp/

Instagram:@leju_wedding_

 

UPDATE: