WEDDING

COLUMN

ビビッドウェディングとは?今年大注目の海外トレンドをチェック

ビビッドウェディングとは?今年大注目の海外トレンドをチェック
海外ウェディングトレンドから学ぶおしゃれ結婚式アイディア Vol.1

Clipする
Clipする

2022年の海外ウェディングトレンドを先取りしている素敵な卒花嫁さまの結婚式を取り上げるシリーズ。vol.1ではトレンドの1つにランクインしている「ビビッドウェディング」を取り入れた結婚式をご紹介します。

 

 

2022年最新の海外ウェディングトレンドをお届け

海外のウェディングトレンドから、これから流行りそうなキーワードをお届けする新連載。

 

日本のおしゃれ花嫁さんも、既に上手に結婚式に取り入れている例も。ぜひチェックしてくださいね。

 

注目は「ビビッドウェディング」

大胆で鮮やかな「ビビッド」なテーマカラー

結婚式が決まり準備を進める中、コンセプトやテーマカラーを何にしようか悩んでいるカップルも多いのではないでしょうか。

 

これまでは「くすみカラー」や「ナチュラルカラー」など、彩度の低い色が人気でしたが、一方で2022年は大胆で鮮やかな色の組み合わせの「ビビッドウェディング」が結婚式が増えそうな予感。

 

海外の敏腕コーディネーターたちが口を揃えてトレンドの1つとして挙げているのは、一瞬でゲストの目を奪うようなビビッドな結婚式なんだとか。

 

海外コーディネーターが選ぶビビッドなトレンドカラー6選

こちらが海外コーディネーターが選ぶトレンドカラー。

 

「ビビッド」と言っても、発色の強い鮮やかな色ばかりではなく、少しくすみの入った色もあれば濃い色も。

 

①ピンク-パープル 胡蝶蘭(#ad4d8c)

②ソニックブルー(#17569b)

③フェアグリーン(#92af88)

④バブルガムピンク(#ffc1cc)

⑤コーラルローズ(#c37f7a

⑥キャスケードブルー(#74b8d3

出典元:https://onefabday.com/2022-wedding-trends/#:~:text=9.%20Bold%2C%20Vibrant%20Colour

 

これなら結婚式のテーマカラーにも、上手に取り入れられそうですよね。

 

ビビッドウェディングがキテる!国内先取り結婚式

国内でも既に「ビビッド」トレンドを先取りした花嫁さんが。

素敵な結婚式実例を厳選してご紹介。

 

01小物まで統一感を。おしゃれすぎるビビッドブルーとレッドテーマ

キーアイテムのローラースケートシューズに花を入れるアイディア

 

チェアのカラーにまでこだわって

 

デザイナーであるご夫婦が作り上げた空間は、記憶に残る鮮やかなブルーとレッドをメインとしたおしゃれすぎるウェディング。

会場中に散りばめられたおふたりのこだわりが詰まった鮮やかな色を纏った様々なオリジナルアイテムに、ゲストも目と心を奪われたことでしょう。

 

02カラフルでハッピー!色鮮やかなウェディング

シノワズリのブルーが上手な差し色に

 

カラフルケーキも土台がホワイトなのですっきりとまとまって

 

色鮮やかな装花がまさにビビッド!なウェディング。

トレンド入りしていた「バブルガムピンク」に近い鮮やかなピンクも、装花で取り入れることで自然に馴染み、大人っぽい印象に。

個性的な花器だけでなく、花びらを散りばめたウェディングケーキもつい写真を撮りたくなるほどおしゃれ。

 

03和風な色彩を駆使した唯一無二の華やかな空間

少しずつ散りばめたカラフルな装花がおしゃれ

 

旦那様作のペーパーアイテムたちにも和のテイストを

 

こちらは和の雰囲気を取り入れた「Japanese HIP」がテーマのウェディング。

着物を彩るような和風の鮮やかな色彩が目に飛び込んでくる、唯一無二な空間が作り上げられてます。

オリジナリティを表現するために統一性のあるテーマカラーがどれだけ重要か体現している素晴らしいウェディングですよね。

 

04自然光に映えるナチュラルグリーンと新婦にお似合いなサーモンピンク

「フェアグリーン」を思わせる装花

 

優しい色合いのサーモンピンクを差し色に

 

トレンドカラー入りした「フェアグリーン」を連想させる新緑と、サーモンピンクを中心とした春色でゲストをお出迎え。

心地よい風のなか行われた、まるで外国にいるかのようなガーデンウェディング。

ゲストもきっとリラックスしながら新郎新婦をお祝いしたことでしょう。

 

05会場の雰囲気に合わせたテーマカラーを散りばめて

色味を合わせつつも、様々な花材を使うことで奥行きのある装花に

 

ペーパーアイテムにもさりげなくテーマカラーを

 

会場全体が温かみのあるオレンジカラーのホテルで挙げられたこちらの結婚式は、テーマカラーも同調のブラウン・ゴールド・オレンジ・イエローをシンビジウムや蘭科のお花でプラス。

アイテムにもさりげなくテーマカラーを入れることで、ホテルのような大きな会場でも素晴らしい統一感とオリジナリティを表現できます。

 

誰も思いつかないようなカラーパレットでオリジナル結婚式を

結婚式で「おふたりらしさ」「オリジナリティ」を表現する上でとても大切な「テーマカラー」。

 

ぜひこちらの記事を参考に、誰もやったことがないようなおふたりらしい色の組み合わせを取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事に関するキーワード

yuri

yuri

通算11年以上の海外在住歴のある帰国子女。
延期の末、2022年に結婚式を行い、ウェディング情報の感度が高まる。
花嫁さんとママさん向けに、国内海外問わず素敵な情報を紹介していきます。

UPDATE: