WEDDING

COLUMN

どこでどんな風に愛を誓う?挙式のスタイル徹底解剖

どこでどんな風に愛を誓う?挙式のスタイル徹底解剖
by nobi-non

Clipする
Clipする

二人らしさを叶える挙式スタイル

結婚式の準備というと、ついつい披露宴のことに目が向きがち。しかし、2人が永遠の愛を誓う挙式は結婚式には欠かせない要素です。

 

今回はさまざまな挙式スタイルをご紹介。これから式場を選ぶ新郎新婦さんはぜひ参考にしてくださいね。

 

2人が愛を誓う場所だから、挙式会場にもこだわりを

 

開放感いっぱいの屋外ウェディング

大人気の屋外での挙式。森の中でのガーデンウェディングやリゾートでのビーチウェディングなど、スタイルはさまざま。

 

シンボルツリーに想いを込めて

長い年数をかけて育った大きなシンボルツリー。2人の愛も末永く続いていくよう願いを込めて、シンボルツリーの前で挙式を。

 

バージンロードに花びらを散らすと更にロマンティックに。同系色の装花をゲストが座るベンチにも施して統一感を。

 

シンボルツリーのように、2人の愛も大きく成長することを願って

 

ガゼボやアーチによって雰囲気は一変

サッとクロスをかけただけのウェディングアーチは、モードな大人のウェディングに。古我邸のグリーン豊かなガーデンを邪魔しないシンプルなスタイル。

 

シンボルツリーのシンプルな装飾

 

▽こちらのCOLUMNもおすすめ

 

カーテンタイプのウェディングアーチなら、開けている状態と降ろしている状態でもニュアンスが変化。オープンにすると、ガーデンならではの開放感とカーテンの向こうに2人の未来が待っているようなワクワク感を演出。

 

カーテンを開けると開放的な雰囲気に

 

一方クローズにすると、少し落ち着いた雰囲気に。こちらは披露宴での写真ですが、同じように挙式会場を飾っても◎。なりたいスタイルに合わせてカーテンも変化させてみて。

 

降ろすと落ち着いた印象に

 

▽こちらのCOLUMNもおすすめ

 

手作りのガーデンウェディングならアットホームに

何もないところにチャペルを作ってしまうのも素敵なアイディア。挙式会場の中庭に折り鶴で作ったカーテンを飾って、二人だけのオリジナル挙式会場が完成。

 

手作りの挙式会場で唯一無二の挙式を

 

神父役は新婦のお兄さんにお願い。家族の愛に包まれた、アットホームな結婚式に。

 

大切な役を家族に頼んで、心温まる結婚式に

 

ビーチでの結婚式はリゾートウェディングならでは

リゾートウェディングを検討している花嫁さんは、ビーチでの挙式を視野に入れている方も多いのでは?どこまでも続く空と海に、2人の無限の可能性を秘めた未来を重ね合わせて。

 

リゾート挙式はそのロケーションが一番の装飾。あれこれと飾るよりも、自然の美しさを生かして。

 

壮大な空と海が、2人の未来にマッチ

 

昼の爽やかな挙式はもちろん、夕暮れ時のロマンティックな雰囲気もおすすめ。日が陰ると雰囲気は一気にムーディーに変化。気温も下がって過ごしやすく。

 

また、ビーチウェディングではアロハシャツやかりゆしウェアをドレスコードにしても。肩肘張らず、落ち着いた結婚式に。

 

夕暮れ時の挙式は雰囲気◎

 

ゲストとの距離の近さが魅力の屋内ウェディング

屋内ウェディングはその場に招待された人だけが参加できる神聖さと厳粛さが魅力。ゲストとの距離が近いおかげで、退場の際にはゲスト一人ひとりと目を合わせながら会話をすることも可能。

 

また天気に左右されることがないため、快適に過ごせるのも屋内ウェディングのメリット。

 

ゲストとの時間を大切にできる屋内ウェディング

 

クラシカルなチャペルは永遠の憧れ

厳かなステンドグラスや豪華なシャンデリア。真っ赤な絨毯が敷かれたバージンロード。そんなクラシカルなチャペルでの結婚式に憧れている方も多いのでは?

 

クラシカルなチャペルで、厳粛な結婚式を

 

クラシカルなチャペルでの挙式は、静かに2人の愛を誓うのにふさわしい場所。トレンドに左右されない、落ち着いた雰囲気での挙式を叶えたい二人におすすめのスタイルです。

 

新郎新婦のスタイリングもクラシカルに。チャペルには装花をたっぷり飾って、ゴージャス感をプラス。

 

清純さと始まりを感じさせる白亜のチャペル

クラシカルなチャペルと人気を二分するのが、白を基調としたチャペル。清潔感があり、始まりを感じさせる白いチャペルは、花嫁さんの清らかさと新郎新婦のこれからの明るい未来を演出してくれる空間。

 

https://www.pinterest.jp/pin/82401868167388691/

 

ホワイトのチャペルはさまざまな装花やウェディングドレスのスタイルに合わせてくれる万能な会場。「まだどんな結婚式にしたいかわからないけど、とにかく式場を押さえなきゃいけない!」とお急ぎの新郎新婦さんにもおすすめ。

 

和装の人前式ならたくさんのゲストに見守ってもらえる

和装での挙式に憧れを抱きつつ、神前式ではゲストがほとんど立ち会えないのがネックという方も多いのでは?そんな二人には人前式スタイルの和婚がおすすめ。

 

人前式は自由度が高く、ゲストに囲まれての挙式が叶います。

 

和婚でもたくさんのゲストに見守られた挙式が叶う

 

神前式では新郎新婦が一緒に入場しますが、人前式ならご両親との入場も可能に。

 

和婚でもご両親とバージンロードを歩いて

 

神前式では巫女さんから渡される三々九度の盃も、キッズゲストにお願い。かわいらしくも真剣なまなざしのキッズに、ほほえましさと成長を感じる一幕。

 

お子様ゲストが和婚でも活躍

 

▽こちらのCOLUMNもおすすめ

 

屋内挙式だからできるクロージングキス

新郎新婦が退場後、ドアが閉まる瞬間に行うクロージングキス。ゲストにときめきのサプライズを提供できるとあって、人気の演出です。

 

このクロージングキスができるのは、ドアのある屋内挙式だからこそ。

 

ちょっとしたサプライズ演出として人気のクロージングキス

 

またマタニティウェディングなら、お腹の中の赤ちゃんにキスをする演出も素敵。ゲストにまだ妊娠を発表していない時期なら、大きなサプライズになること間違いなし。

 

お腹の赤ちゃんへクロージングキスを

 

屋内でもガラス張りの式場なら屋外のような開放感を

屋内挙式、屋外挙式どちらも捨てがたい二人にはガラス張りのチャペルがおすすめ。屋内にいながらもガーデンのような開放感を味わうことができます。

 

日の光が注ぐガラス張りのチャペルは開放感いっぱい

 

地上から高いところにあるチャペルなら、都会の街並みを眺めながらのアーバンなウェディングに。大きな橋や、ビル街など、都会ならではの美しさを存分に味わって。

 

昼の挙式はもちろん、夜景の中での雰囲気も幻想的。

 

都会の街並みを背景にアーバンな挙式を

 

2人の愛を誓う場所、じっくり考えてみて

挙式は2人の永遠の愛を誓う機会。だからこそ、どんな場所で執り行うか、どんな人に立ち会ってもらうかがとても大切な要素になります。

 

こちらのCOLUMNを参考に、ぜひ挙式スタイルについても二人でじっくり考えてみてくださいね。

 

ブライズメイドとグルームズマンにも守られながら行う屋外ウェディング

nobi-non

nobi-non

2017年挙式。

自身の結婚式の経験から、花嫁さんが欲しいと感じる情報を発信していきたいと考えています。

臨床検査技師という医療系国家資格を生かし、女性に寄り添う医療・妊活ライターとしても活動中です。

Twitter:@nobi_nonchan

UPDATE: