WEDDING

COLUMN

冬ウェディングの会場装飾に。結婚式装花やテーマカラーのアイディア

冬ウェディングの会場装飾に。結婚式装花やテーマカラーのアイディア
by Hachi .

Clipする
Clipする

空気が澄んで凛とした雰囲気漂う、冬のウェディング。くすみカラーや、大人っぽいお花が良く似合う季節。そんな冬の結婚式に合う、素敵な会場装花やテーマカラーのアイディアをご紹介します。

 

 

冬ウェディングらしい装花やテーマカラーって?

季節感溢れる結婚式のつくり方

冬といえばホリデイシーズン。クリスマスや年末年始などのビッグイベントがあるだけでなく、街はきらきらとしたイルミネーションで彩られ、なんとなくワクワクして浮足立ってしまうような季節ですよね。

 

厳しい寒さがつらい季節でもありますが、空気が澄んでダントツでロマンチックな雰囲気が似合うのも冬。まさに冬は、ウェディングに合う季節なんです。

 

そこで今回は、おしゃれな冬ウェディングを叶える装花や会場コーディネートをご紹介します。

 

温かみのあるおしゃれな冬婚コーディネート

 

▽素敵な冬ウェディングの実例をチェック

 

彩度の低い落ち着いた色味が人気の冬婚装花

冬といえば、木々の葉は落ちて雪空が広がるなど、自然界では全体的に彩度が落ちる季節。冬ウェディングでも、そんな雰囲気を表すようなシンプルで落ち着いたコーディネートが人気のよう。

 

1.パンパスグラスやコットンフラワーが季節感を演出

パンパスグラスやコットンフラワーのフワフワした質感は、温かみをプラスしてくれて冬ウェディングには定番のお花。

 

ホワイト~オフホワイトの色味で、どんなカラーともコーディネートしやすい万能なお花でもあります。こちらは全体的にくすんだホワイトがメインの装花。

 

テーブル装花

パンパスグラスやコットンフラワーは冬婚の定番

 

どちらかというと夏らしい印象を与えるワイルドフラワーも、ドライにしたものを取り入れることによって冬らしい装花にマッチ。

 

高砂

ワイルドフラワーはドライにすることで冬らしい装花がマッチ

 

2.グレーのグラデーションで大人っぽく

こちらも同じく、パンパスグラスとコットンフラワーを取り入れた会場装花。

 

先ほどのコーディネートは全体的にホワイトやアイボリーで統一することでナチュラルな雰囲気になっていましたが、こちらはクロスなどのファブリックアイテムにグレーをチョイスすることで大人っぽい印象に。

 

グレーでまとめた大人っぽいテーブルコーディネート

 

高砂にもメインカラーのグレーを。一見、ウェディングとは縁遠いイメージのファー素材を取り入れることで、大人ウェディングを印象付けると共に、季節感を高めています。

 

ファー小物も冬らしさを演出できて◎

 

3.シンプルでナチュラルなコーディネートに

ウォールナットの木の温もりが印象的な会場。ダークなウォールナットなら、それだけで冬らしい雰囲気を高めてくれます。

 

結婚式_高砂

ウォールナットのカラーが温かみのある会場

 

装花はなるべくシンプルに、ナチュラルな木材の温もりを活かすコーディネートに。アットホームな少人数ウェディングを、より温かいものに演出。

 

結婚式_会場装飾

装花はシンプルに木材を活かして

 

4.木の温もりが伝わるようなほっこり空間

こちらも木の温もりが伝わってくるナチュラルな高砂。高砂チェアを選ぶことで、ゲストとの距離が近くなり、周辺の装花や装飾アイテムもより引き立ちます。

 

ナチュラルな印象の高砂チェア

 

ゲストテーブルにはあえてクロスを敷かずにテーブルランナーのみを。あえてカジュアルなフラワーベースを使うことで、テーブルやショープレートの木材とぴったりマッチ。

 

あえてクロスは敷かずに木材と小物を引き立たせて

 

ゲストへのプチギフトにはカイロをチョイス。寒い季節ならではの心遣いに、帰り道を歩くゲストの心も温かくなるはず。

 

冬ならではのプチギフト

 

あえて華やかな色をメインやアクセントカラーに

1.温かみのあるテラコッタカラーがおしゃれ

装花やクロス、ナフキンに至るまで、テラコッタやくすみピンクなどの暖色をメインカラーにしたモダンなコーディネート。このように、寒い季節にあえて暖色を取り入れるのもおしゃれですよね。

 

暖色で統一した会場コーディネート

 

アンスリウムなど、夏らしいお花を取り入れてもミスマッチにならないのは、重厚感のある会場だからこそ。装花のイメージは、会場の内装とのバランスも頭に入れながら思い描いて。

 

重厚感のある会場に鮮やかな装花がマッチ

 

2.ダークカラーで冬らしいエッセンスを

バーガンディーやダークパープルなどのダークカラーをアクセントにしたコーディネート。パンパスグラスをふんだんに使い、スタイリッシュながらも温かみのある雰囲気を演出しています。

 

ダークカラーをアクセントにしたコーディネート

 

アクセントカラーにインパクトがある分、ゲストテーブルのアイテムはなるべく色味を抑えて。ショープレートやナフキン、席札など、ゲストテーブルには多くのアイテムが必要な分、カラーコーディネートで必要なのは“引き算”と“統一性”です。

 

装花以外のアイテムは色味を抑えて

 

3.ダスティピンクとシルバーが上品

ピンクは春ウェディングや夏ウェディングのイメージが強いですが、少しくすんだダスティピンクを選ぶことで、冬ウェディングにも浮くことなくおしゃれにマッチ。

 

冬ウェディングのピンクはダスティな色味を

 

ゲストテーブルや花嫁のブーケにはフェザーをプラス。フワフワとした冬らしい質感をプラスするにはパンパスグラスが人気ですが、個性を出すなら、このようにお花以外のアイテムをチョイスしてみて。

 

フェザーが大人っぽい冬らしさを演出

 

クリスマスツリーなど、この時期ならではの装飾アイテムを取り入れるのもキュート。しかしクリスマスというと、赤や緑など、いかにもなカラーが思いつきがちですよね。

 

よりおしゃれに取り入れるなら、ツリーのオーナメントはウェディングのテーマカラーとリンクさせてみて。

 

テーマカラーと合わせたオーナメント

 

4.冬にぴったりな差し色といえば、赤

主役級の存在感で、パッと鮮やかなカラーといえば赤。冬ウェディングの落ち着いた色味にぴったりなカラーでもあります。

 

こちらはグレーやガラスなど、統一されたワントーンのコーディネートの中に、ダークな赤でピリッとしたアクセントがプラスされた、モダンなコーディネート。

 

ダークな赤はモダンなコーディネートに

 

花嫁のアクセサリーは、ゴールドやシルバーが一般的ですが、装花と合わせたレッドをチョイス。装花とリンクさせたカラーコーディネートがとびきりおしゃれ。

 

花嫁のイヤリングにも赤を取り入れて

 

季節感たっぷりの会場装花で叶える冬らしいウェディング

今回は、おしゃれな冬ウェディングの装花や装飾をご紹介しました。

 

冬の雰囲気に合わせ、落ち着いたカラーコーディネートにしてもよし、あえて温かみのあるカラーをエッセンスとして取り入れるもよし。大事なのは、アイテムの“質感”や“カラー”のどれかに冬らしさをプラスすることです。

 

今回ご紹介した会場コーディネートを参考に、装飾テーマやカラーコーディネートを決めて、ぜひふたりらしいおしゃれな冬ウェディングを叶えてくださいね。

 

柔らかい色味で統一された冬婚の高砂装飾

 

▽こちらの記事もおすすめ

Hachi .

Hachi .

広告代理店営業 兼 フリーライター 兼 アラサー主婦。

2018年秋に挙式した卒花嫁です。

感度の高い花嫁様のお手伝いができるような情報を発信します。

UPDATE: