WEDDING

COLUMN

花嫁必須アイテム|イニシャル刺繍入りブライダルハンカチ。お洒落ブランド4選

花嫁必須アイテム|イニシャル刺繍入りブライダルハンカチ。お洒落ブランド4選
by Fumi

Clipする
Clipする

 

 

新郎新婦の必需品、「ブライダルハンカチ」とは

結婚式当日、プランナーさんから渡される持ち物リストの中に必ず入っている「ブライダルハンカチ」

 

人生最高の日の涙を拭うハンカチは、いつもとはまた違った特別感のある新しいものを用意するのがおすすめです。

 

刺繍入りのブライダルハンカチを選んで、一生ものの宝物に。

 

花嫁さんが幸せになるための「Something Four(サムシング フォー)」の中にもある、「Something New(新しいもの)」。

 

ドレスや会場にぴったり合う、新しいブライダルハンカチを用意して結婚式当日を迎えましょう!

 

イニシャルやメッセージを入れられる「ブライダルハンカチブランド」4選

多くの花嫁さんから人気を集めているのが、シンプルながらもイニシャルやメッセージなどの刺繍を入れて作る、世界に一つのブライダルハンカチ。

 

そこで今回は、オリジナルの刺繍やイニシャルを入れられるブライダルハンカチのブランドを4つ、ご紹介します。

 

01夢遊布

メッセージと日付入りのハンカチは、世界でひとつのオリジナルアイテム。

 

流れるような筆記体で、想いのこもったメッセージと結婚式の日付けを刺繍した夢遊布のハンカチ。

 

英字のメッセージは、意味合いだけでなくデザインとしてもセンスが感じられてとても素敵!

字体やメッセージ内容も細かく指定できるため、フルオーダーメイドで世界に一つの特別感溢れるハンカチに仕上がります。

 

デザイン確定から4,5営業日で発送してもらえるというスピード感も、忙しい花嫁さんにとっては嬉しいポイントですよね。

 

02YLINUM

アンティークな雰囲気漂うクラシカルなイニシャル刺繍が印象的。出典: YLINUM

 

日本で独自の発展をしてきたハンカチの魅力を、もっといろいろな形で伝えていきたいという思いからスタートしたブランドYLINUM(イリナム)

 

お洒落で印象的なハンカチならこれ!というほど、先輩花嫁さんにも多く選ばれているブランドです。

白の刺繍も選べますが、ネイビーの糸を選ぶと「サムシングブルー」の意味も込められて、結婚式のためのより一層特別なハンカチに。

 

アンティークな雰囲気漂うクラシカルなイニシャルは、光沢のあるハンカチとのバランスもばっちり。

 

03GRIS ET BLANC

 

手書きのカリグラフィーのようなフォントが可愛らしい「GRIS ET BLANC(グリエブラン)」のハンカチ。

 

結婚式だけでなく、その後も使えるデザインが嬉しい一品です。

 

「花嫁と花婿のためのハンカチ」という名前のセットは、ばら染め、藍染めなどの3種類の糸から刺繍の色が選べます。

 

ラッピングも素敵で、届いた瞬間にテンションが上がるはず!

 

子ども用の可愛いサイズの刺繍ハンカチもあるので、将来的に親子でお揃いで持てるのも嬉しいですよね。

 

04NEMA

モダンな刺繍がおしゃれな、個性的なブライダルハンカチです。出典:NEMA

 

白のハンカチをキャンバスのようにして、シンプルだけど華やなアートのような刺繍が施されたNEMA(ネーマ)のブライダルハンカチ。

 

ポップで立体感のあるイニシャル刺繍から、モノトーンなのに洗練された華やかさのあるボタニカルシリーズなど、イニシャルの入れ方も一通りではなくさまざまなデザインから選べます。

 

デザインも豊富で、選ぶのが楽しい!ギフトにもぴったり。出典:NEMA

 

シンプルながらも、大きめなロゴで遊び心のある印象的なデザインは、個性的な結婚式作りにこだわるおふたりにピッタリ。

 

もちろん式当日だけでなくその後のデイリー使いでも、バッグから出した途端にかわいい!と言われること間違いなし。

 

他の人とは被らないハンカチ選びで、式に少しのスパイスを加えてみませんか?

 

写真にも残るブライダルハンカチ。細部にこだわって、想いの詰まった一枚を

同じイニシャル入りブライダルハンカチでも、アンティークな雰囲気の飾り刺繍のあるものからシンプルなものまで様々なバリエーションをご紹介しました。

 

一生に一度の結婚式。つい想いが溢れて涙を拭うシーンでちらりとのぞくハンカチの刺繍。

 

結婚式当日、お支度のシーンや思わず涙が流れたシーンで写真に収められることも多いブライダルハンカチ。

ちらりと見える刺繍に個性が光る一枚を用意しておきたいですよね。

 

最高の日の嬉し涙を拭ったハンカチとして、大切な一日の思い出としても手元に一生残るアイテムなので、想いを込めて選んでみてくださいね。

FUMI

ARCH DAYS コラムニスト

FUMI

「暮らすように旅する」をテーマに、ホテルから見つける旅の魅力をフォトグラファー/ ライターとして発信。

 

映画の一部を切り取ったようなドラマチックな写真と文章を得意として、旅先の自然体な魅力をお伝えします。

 

Instagram:@fummy23_

UPDATE: