WEDDING

COLUMN

2020年の流行色「クラシックブルー」をおしゃれに取り入れて

2020年の流行色「クラシックブルー」をおしゃれに取り入れて
by Hachi .

Clipする
Clipする

PANTONEが発表した2020年のトレンドカラーは「クラシックブルー」

クラシックブルーってどんな色?

アメリカのパントン社が毎年12月に翌年の流行色を発表する「カラー・オブ・ザ・イヤー」。2020年は「クラシックブルー」が選定されました。

 

落ち着いており、深い海を連想させるクラシックブルーは、日本人にも馴染み深い色。古くから伝わる藍染めや、デニムの色も連想させ、心に安らぎをもたらすカラーです。

 

https://www.pinterest.jp/pin/697354323536545247/

 

カラー・オブ・ザ・イヤーに選定されたカラーは、ファッションやメイク、ネイルなど様々な分野のトレンドに影響をもたらすんです。

 

そこで今回は、2020年の流行色であるクラシックブルーをおしゃれに取り入れた事例をご紹介。ウェディングのテーマカラーが決まっていない方や、トレンドを取り入れたいという花嫁さんはぜひ参考にしてみてくださいね。

 

https://www.pinterest.jp/pin/841328774123674448/

 

クラシックブルーを取り入れたARCH DAYS事例

アクセントカラーとしてさりげなく取り入れる

メインのテーマカラーにしなくても、深みのあるクラシックブルーはアクセントカラーとして充分に存在感を発揮します。

 

こちらの花嫁さんは、アクセントカラーとしてブーケや会場装飾に取り入れています。全体はホワイトやベージュなどナチュラルなカラーでまとめ、アクセントとして取り入れたクラシックブルーが全体の引き締め役に。

 

クラシックブルーが効いたマルチカラーのブーケ

 

高砂の後ろには、新郎新婦のイニシャルが入った装飾を。

 

イニシャル入りのおしゃれなオブジェ

 

ケーキは金箔とケーキトッパーでシンプルに。でもアクセントとしてブラックベリーを散らして、装飾とのリンクを楽しんで。

 

ブラックベリーをさりげなく散らして

 

ウェディングテーマは、幸せの象徴「青い鳥」

こちらは幸せの象徴である「青い鳥」をテーマに掲げたウェディング。その名の通り、テーマカラーはクラシックブルーでまとめられ、爽やかな印象に仕上がっています。

 

自然光がたっぷりと入るパーティー会場に、爽やかなホワイトとクラシックブルーがとびきり映えていますね。

 

テーブル装花もブルーで統一

 

小花でまとめたブーケも、もちろんクラシックブルー。鮮やかなグリーンとも相性ぴったり。

 

小花でまとめたナチュラルなブーケ

 

エスコートカードでも、テーマカラーを取り入れて。

 

エスコートカード一つも気を抜かずに

 

装飾やタキシードで取り入れて

新郎が纏ったクラシックブルーのタキシード。解放感のある屋外での挙式にぴったりとマッチ。広がる青空ともリンクして清々しい印象です。

 

結婚式

青空にも合う新郎のタキシード

 

パーティー会場では、遊び心あるアーティスティックな装飾にクラシックブルーを。テーブル装飾ではなく花器に取り入れるのもおしゃれ。

 

結婚式 高砂

装飾だけでなく花器に取り入れても◎

 

リゾートウェディングをエレガントに

こちらはハワイで行われたリゾートウェディング。リゾートウェディングというと、ナチュラルやカジュアルなテーマが多く見られますが、クラシックブルーを取り入れればエレガントウェディングに。

 

新郎のタキシードも落ち着いた印象

 

全体を引き締めたテーブルランナーもおしゃれ。ブルーの補色であるイエローが美しいミモザで、コントラストも楽しんで。

 

ミモザとのコントラストが美しいテーブルランナー

 

メニュー表や席札などのペーパーアイテムも、クラシックブルーで統一。色数を減らすことで、より大人なエレガントウェディングを演出できます。

 

カリグラフィーがおしゃれな席札

 

キュートな要素も甘くなりすぎない

たっぷりのフリルがキュートなドレスを纏った花嫁。ウェディングテーマや装飾もカジュアルにまとめられていますが、クラシックブルーを取り入れることで甘くなりすぎず、大人な印象に。

 

結婚式_新郎新婦_カラードレス

ブルーで統一した新郎新婦

 

挙式の際のリボンシャワーにもクラシックブルーを。純白のウェディングドレスにもとびきり映えます。

 

結婚式_リボンシャワー

リボンシャワーにもクラシックブルーを

 

高砂の後ろの装飾や、ゲストのテーブルナフキンにもクラシックブルーを。グリーンいっぱいの温かみのある会場にもぴったり。

 

結婚式_会場装飾

ゲストテーブルにもクラシックブルーを散りばめて

 

海外花嫁はこう取り入れる!

カラードレスをシックなクラシックブルーに

海外のおしゃれ花嫁の間では、早くもクラシックブルーが人気。お色直しのカラードレスにクラシックブルーを選べば、グッと大人っぽい印象に。ネクタイなど、新郎とのリンクコーデも楽しんで。

 

https://www.pinterest.jp/pin/556264991477474163/

 

ブライズメイド&グルームズマンの衣装に

海外では定番中の定番となっている、ブライズメイドやグルームズマンによる演出。衣装にクラシックブルーを取り入れれば統一感が高まり、一気に洗練されたカラーコーディネートになります。

 

https://www.pinterest.jp/pin/338614465725052606/

 

装飾は小物までカラーを統一

こちらは装花、テーブルランナー、ペーパーアイテム、キャンドルに至るまで、すべてクラシックブルーで統一したゲストテーブル。あえてクロスは敷かずテーブルの木材のブラウンを見せることで、より落ち着いた印象に。

 

https://www.pinterest.jp/pin/556264991477481924/

 

日本でも流行しているアゲートスライス席札。こちらもクラシックブルーのカラーが一際美しい小物としてゲストテーブルを彩ります。

 

https://www.pinterest.jp/pin/728386939713419386/

 

ウェディングケーキに取り入れるアイディア

日本ではホワイトのウェディングケーキが主流ですが、海外ではホワイト以外のケーキも人気。ウェディングケーキにクラシックブルーを取り入れれば、とびきりおしゃれ。

 

https://www.pinterest.jp/pin/452119250093762098/

 

ペーパーアイテムも大人っぽく

ウェディングパーティーへのわくわく感を演出する大事な招待状。こちらはクラシックブルーで落ち着いたモロッカンテイストにまとめています。

 

そのほか、ナイトウェディングを行うなら星空をテーマにしたデザインが人気のよう。

 

https://www.pinterest.jp/pin/623818985866225245/

 

クラシックブルーをおしゃれに取り入れてトレンド感のあるウェディングに

今回は、2020年の流行色であるクラシックブルーを取り入れたおしゃれなウェディング事例をご紹介しました。

 

トレンドカラーを取り入れることで、トレンドを押さえたウェディングになること間違いなし。落ち着いたカラーであるクラシックブルーは、今のトレンドである大人っぽいウェディングとも相性抜群です。

 

ぜひクラシックブルーを取り入れて、おしゃれなウェディングを叶えてくださいね。

 

クラシックブルーのシューズがちらり

 

▽こちらのCOLUMNもおすすめ

 

 

Hachi .

Hachi .

広告代理店営業 兼 フリーライター 兼 アラサー主婦。

2018年秋に挙式した卒花嫁です。

感度の高い花嫁様のお手伝いができるような情報を発信します。

UPDATE: