WEDDING

COLUMN

【2022最新】ブランド別|おしゃれ花嫁が選ぶ、人気の結婚指輪8選

【2022最新】ブランド別|おしゃれ花嫁が選ぶ、人気の結婚指輪8選
by ARCH DAYS編集部

Clipする
Clipする

 

結婚指輪、決まりましたか?

おふたりにとって、とても大切な「結婚指輪」。

 

プロポーズされたあとに、入籍や結婚式までのあいだに購入するカップルがほとんど。

 

なかでも結婚式の6か月前に購入決定した、というおふたりが多いのだそう。

 

おしゃれ花嫁が選ぶ、ジュエリーブランドが知りたい

非常に大切なアイテムであるとともに、たくさんの選択肢があるので「どのブランドのリングを購入するか、決められない…」と迷っている方も多いはず。

 

誓いをカタチに表した結婚指輪

 

そこで今回は、おしゃれ花嫁さんたちが実際に選んだ結婚指輪ブランドをご紹介。

 

有名どころから、知る人ぞ知るブランドまで。

素敵なブランドだけを厳選して選んだので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

 

憧れのハイジュエリーブランド 5選

01Harry Winston(ハリー・ウィンストン)

アメリカの高級ジュエラーであり、世界5大ジュエラーのひとつ「Harry Winston(ハリー・ウィンストン)」

 

大きなダイヤモンドを大胆にセットするデザインは世界中で人気があり、婚約指輪として選ぶ花嫁さんも多いブランド。

 

憧れのハリー・ウィンストンの婚約指輪

 

ロゴマークの「H」と「W」はブランドのイニシャル以外にも、「Husband」=【夫】と「Wife」=【妻】という意味もあるんだとか。

 

サイドから見るとブランドの頭文字が

 

ハリウッド女優の憧れでもあり、アカデミー賞の受賞式では、こぞってハリー・ウィンストンのジュエリーが着用されていることでも有名。

 

ダイヤモンドの価値を示す4C(カラット・カラー・クラリティ・カット)において、すべて最高級のものだけを使用。

 

「結婚」という人生の節目で、ぜひ1度足を運んでみてほしいブランドです。

 

シンプルなデザインも美しい、ハリー・ウィンストンの結婚指輪

 

02Cartier(カルティエ)

こちらも世界5大ジュエラーのひとつ「Cartier(カルティエ)」

真っ赤な箱に憧れを持っている、という花嫁さんも多いはず。

 

 

フランス発祥で、170年の歴史のなかでは多くの王族や貴族たちが愛用してきたブランド。

 

モナコ公国の公妃となった女優グレース・ケリーや、英国王室のキャサリン妃が結婚式で身に着けたジュエリーもカルティエのもの。

 

新郎新婦それぞれ別のデザインを選んでも素敵

 

デザインやカラーが豊富で男性でも女性でも着けやすく、好みのものが見つかるのも人気の秘密。

 

人気のデザイン「マイヨンパンテール」

 

03BOUCHERON(ブシュロン)

日本ではそれほどメジャーではありませんが、最近多くのおしゃれ花嫁さんから支持を受けているのが「BOUCHERON(ブシュロン)」

 

パリの高級エリア、ヴァンドーム広場に店を構える「パリ5大宝飾ブランド(グランサンク)」のひとつで、世界的には非常に知名度のあるブランド。

 

結婚式_ハワイ

グランサンクのなかで1番最初にヴァンドーム広場に店を構えた

 

なかでも「キャトル」と呼ばれる4つのデザインをあしらったリングは、ブランドのシグネチャーとして人気。

 

キャトルはブランドのシグネチャーモデル

 

単色ではないので一見合わせずらそうにみえるカラーリングですが、逆にどんな肌色にも合うのがその魅力。

 

重ね付けもしやすいので、記念日毎に増やしていく楽しみも。

 

結婚式後も記念日毎にリングを揃えていくのが楽しい

 

04Tiffany & Co.(ティファニー)

言わずと知れた「Tiffany & Co.(ティファニー)」も世界5大ハイジュエラーのひとつ。

1837年創業のアメリカ発のブランド。

 

いくつになってもティファニーブルーのボックスには、心がときめくもの。

 

https://www.pinterest.jp/pin/152489137376814041/

 

婚約指輪に代表される、ブリリアントカットのダイヤモンドを立て爪でリングにとめる手法は「ティファニーセッティング」と呼ばれ、ティファニーが発祥なんだとか。

 

男性にも人気のティファニーの結婚指輪

 

婚約指輪と重ね付けがしやすく、男性も着けやすい洗練されたシンプルで飽きの来ないデザインが魅力です。

 

洗練されたシンプルなデザインがおしゃれ

 

05CHAUMET(ショーメ)

グランサンクのひとつであり、皇帝ナポレオンに愛された最高級ジュエラーとしても有名な「CHAUMET(ショーメ)」

 

240年以上の歴史を持ち、ジュエリーはもちろん、高級時計のブランドとしても多くのセレブから愛用されています。

 

240年以上の歴史を持つ「CHAUMET」

 

日本での知名度はそれほど高くはありませんが、世界各国の王室御用達ジュエラーとして王妃のティアラを作るなど、知る人ぞ知る高級ジュエリーブランド。

 

「あまり人と被りたくはないけれど、きちんと歴史のあるブランドから選びたい」と思っている新郎新婦さんにはぴったり。

 

高級感のあるショーメの結婚指輪

 

太目な新郎の指にもしっくりくると、ARCH DAYS花嫁さんたちには「トルサード」と名付けられた螺旋モチーフのデザインが人気。

 

ショーメの「トルサード」

 

「私たちらしい」が叶うブランド 3選

01SHIHARA(シハラ)

日本発のジュエリーブランド「SHIHARA(シハラ)」

 

装飾的要素を排除した、ミニマルなデザインが特徴。

マニッシュで男性も着けやすく、いつまでの飽きのこないところも魅力。

 

SHIHARAの結婚指輪

 

021117

こちらも日本のジュエリーブランド「1117」

 

「結婚指輪」という概念ではなく、節目節目でオーダーできるような特別な指輪がコンセプト。

 

ファッション性があり、感度の高い新郎新婦から選ばれています。

 

1117へオーダーしたという、結婚指輪

 

03LIA DI GREGORIO(リア・ディ・グレゴリオ)

イタリア・ミラノのジュエリーブランド「LIA DI GREGORIO(リア・ディ・グレゴリオ)」

 

メタルアートを学んだ経験からゴールドの持つやさしさ、強さ、冷たさ、温もりをアーティスティックにジュエリーへと吹き込むクリエイター。

 

LIA DI GREGORIOの結婚指輪

 

日本では、HP FRANCE BIJOUXで購入することが可能。

 

LIA DI GREGORIOの結婚指輪

 

素敵な結婚指輪を

いかがでしたか?

ARCH DAYS編集部おすすめの、おしゃれで素敵な結婚指輪ブランドをご紹介しました。

 

ぜひ記事を参考に、一生着ける指輪として、納得のいくものを選んでくださいね。

 

「おふたりらしい」結婚指輪を

S

ARCH DAYS編集部

S

ハワイでの挙式、日本での披露宴を経験。2児の母。

情報集め大好き。手作り大好き。デザイン大好き。

自身の結婚式のペーパーアイテムはすべてパワーポイントで手作りしたツワモノ。

UPDATE: