WEDDING

COLUMN

誰ともかぶらないヘアにしたい。個性派花嫁のウェディングヘアスタイル15選

誰ともかぶらないヘアにしたい。個性派花嫁のウェディングヘアスタイル15選
by Hachi .

Clipする
Clipする

花嫁ヘアはさらに多種多様に進化中

日々、様々なトレンドが生まれる花嫁ヘア。おしゃれ花嫁のヘアスタイル事情は、いわゆる“盛る”ヘアスタイルより、タイトにまとめるなどシンプルなアレンジが流行しているのが特徴ですが、最近ではテイストもアレンジ方法もさらに多種多様になってきました。

 

誰ともかぶらないような、個性的で自分らしいヘアスタイルに仕上げるのがおしゃれ花嫁のトレンドのよう。

 

そこで今回は、おしゃれで個性的なヘアスタイルを15選ご紹介します。王道なアレンジより、ちょっと変わったヘアスタイルにしたいという花嫁さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

花嫁アレンジは多種多様で自由に

 

▽ARCH DAYS花嫁さんのウェディングヘアをチェック

 

トレンドは結び目に髪を巻きつけたローポニー

最近よく見かけるのは、タイトにまとめたローポニーの結び目に髪の一部を巻きつけたアレンジ。基本的にシンプルですが、合わせるアクセサリーなどでがらりと雰囲気が変わります。

 

ゴールドの金箔を散らして

こちらはストレートのヘアにゴールドの金箔を散らしたアレンジ。金箔をあしらうヘアアレンジの人気は継続中なよう。

 

ライトに当たってキラキラと輝く金箔は、ナイトウェディングにぴったり。金箔の大きさによってもイメージが変わります。

 

タイトなローポニーに金箔を散らして

 

シンプルながらも動きのあるローポニー

こちらは結び目に巻きつける髪の部分を長めに取ったアレンジ。あらかじめ髪全体をゆるく巻いておくことで、シンプルながらも動きが出ておしゃれ。

 

巻きつける髪の部分を長めにとったアレンジ

 

シルバーのクラウンでスタイリッシュに

こちらはストレートのまとめ髪に、シルバーのクラウンを合わせたローポニー。シルバーを選ぶことで、より綺麗めでモードな印象に。バックスタイルもスタイリッシュに決まります。

 

シルバーのクラウンを合わせたアレンジ

 

ツヤツヤでストレートの黒髪に、生花がとびきり映えているヘア。ダークな色目の生花は、ブーケとリンクさせて大人っぽくかっこいい印象に。

 

ヘアに使った生花はブーケと合わせて

 

フィッシュボーンやバブルポニーも進化中

おしゃれ花嫁の間で流行した、フィッシュボーンやバブルポニー。最近ではさらに進化を遂げ、より個性的に仕上げるのがトレンドのよう。

 

フィッシュボーンを二つ作ったアレンジ

こちらはヘアを上下二段に分け、それぞれでフィッシュボーンを作ったヘア。フィッシュボーンが二つ作られることで、より存在感が増し動きが出るヘアアレンジに。上段のフィッシュボーンには紐を使って変化を持たせて。

 

上下二段でフィッシュボーンを作ったヘアアレンジ

 

ツインテールをフィッシュボーンでアレンジ

フィッシュボーンはツインテールにしてもキュート。三つ編みよりスタイリッシュに仕上がるため甘さが抑えられ、取り入れやすいアレンジ。

 

こちらはレッドのベロアリボンを取り入れていますが、使うリボンによっても印象が変わりそう。

 

フィッシュボーンはツインテールでも可愛い

 

バブルポニーには紐を取り入れるのが流行中

こちらは紐を使ってバブルポニーを作り、サイドには金箔を貼り付けたアレンジ。すっきりとタイトにまとめているので、大振りのイヤリングとも相性抜群。

 

バブルポニーには紐を使ったアレンジが流行中

 

位置を低めに仕上げたバブルポニー

あえてヘアアクセサリーは付けずシンプルに仕上げることで、バックシャンなドレスともグッドバランス。このように、後ろに垂れるポニーテールはドレスとの相性も考えることで、より魅力的な後ろ姿になります。

 

シンプルにまとめたバブルポニーはバックシャンなドレスと相性◎

 

生花を使ったアレンジがリバイバル

最近では、少し前に流行した生花を使ったヘアアレンジも多く見かけるようになりました。

 

存在感抜群のビビッドカラー

目が覚めるようなビビッドカラーの生花を取り入れたアレンジ。はっきりとした色味の生花を使う場合、それだけで存在感抜群。

 

ヘアカラーはダークに、まとめ髪はタイトにするのが大人っぽく仕上げるコツ。

 

はっきりとしたカラーが存在感抜群

 

高めの位置のまとめ髪に生花を

こちらは高めの位置でまとめ髪を作り、生花をたっぷりとあしらったアレンジ。高めの位置でまとめ髪を作ることで、後頭部の広い部分一面に生花をあしらうスペースが生まれます。

 

たっぷりの生花を使ってもスタイリッシュな印象にするには、ダークで大人っぽい花材を使うのがポイント。

 

高めの位置でまとめることで生花をたっぷりあしらえる

 

ナチュラルウェディングにも生花アレンジはぴったり

後ろ側で作ったツインテールに、控え目な生花がとびきりキュート。サイドからちらりとのぞくような位置に生花をあしらうことで、より花嫁の可憐さを演出することができます。

 

ナチュラルウェディングにも生花アレンジはぴったり

 

あえて茎の部分を見せてミニブーケのよう

こちらはゆるめのローポニーの結び目に、ミニブーケをあしらったようなアレンジ。生花の茎の部分をあえて見せるのが新しくておしゃれ。

 

生花の茎の部分を隠さずにブーケのようなアレンジに

 

一点投入でインパクト大なヘッドドレスが人気

ヘアスタイルにこだわるのももちろん素敵ですが、とびきり個性的なデザインのヘッドドレスやアクセサリーを使うのも◎。それだけで個性とインパクトが生まれるので、唯一無二なデザインのヘア小物を探してみてはいかがでしょうか?

 

個性的なかんざしをプラス

こちらは、タイトなシニヨンに金箔を散らし、さらにとびきり個性的なかんざしをプラスした和装ヘア。和装ヘアというと、これまでは生花やプリザーブドフラワーなど、お花をあしらったアレンジが人気を集めていましたが、個性的なかんざしを使うことでよりスタイリッシュでかっこいいヘアに。

 

個性的でスタイリッシュなかんざしをオン

 

白無垢の白とリンクさせたヘッドドレス

こちらもタイトなシニヨンに、個性的なヘッドドレスをプラス。白無垢の白とリンクさせ、とびきり上質で大人っぽい和装ヘアに。

 

ヘッドドレスを目立たせるため、小物で差し色を取り入れたりせず、白無垢はシンプルに王道に着こなすのがおしゃれさのコツ。

 

白無垢と合わせたヘッドドレスで上質な花嫁ヘアに

 

とびきり個性的なヘッドドレス

こちらは何重にも重ねた紐を束ね、花びらのようなモチーフをあしらったヘッドドレス。「こんなアレンジ見たことない!」というゲストの声が聞こえてきそう。大きく背中が開いたデザインのドレスとも相性◎。

 

個性的でインパクト大なヘッドドレス

 

トレンドにとらわれすぎず自分らしいヘアスタイルに

今回は、個性的でおしゃれな花嫁ヘアをご紹介しました。まとめ髪はタイトにまとめるなど、大きなトレンドの柱はあるものの、細かなアレンジやヘッドドレスの小物など、最近はより多種多様で花嫁それぞれの個性が強く反映されていますよね。

 

より自由でおしゃれなヘアスタイルに仕上げるポイントは、「花嫁ヘアとはこうあるべきもの」という固定概念にとらわれず、自身のウェディングスタイルに合わせたアイテムやアレンジを取り入れること。ぜひ、今回ご紹介したアレンジを参考にして、トレンドにとらわれすぎない自分らしい花嫁ヘアをかなえてみてくださいね。

 

固定概念にとらわれず、自分らしさを追及して

 

▽ウェディングヘアのCOLUMNをチェック

Hachi .

Hachi .

広告代理店営業 兼 フリーライター 兼 アラサー主婦。

2018年秋に挙式した卒花嫁です。

感度の高い花嫁様のお手伝いができるような情報を発信します。

UPDATE: