WEDDING

COLUMN

witのmaoさんが提案する最旬ウェディングメイク。アンニュイな花嫁スタイルに

witのmaoさんが提案する最旬ウェディングメイク。アンニュイな花嫁スタイルに
ARCH DAYS LOVES | Vol.24

Clipする
Clipする

美しい色使い、ツヤ感、内からにじみ出るような血色感。ヘアサロンwitで活躍するmaoさんのメイクが可愛すぎると話題なのをご存知ですか?ARCH DAYS花嫁のファンも多いmaoさんに、最旬ウェディングメイクを提案していただきました。花嫁メイクのコツや使用コスメなど、真似したいポイントが盛りだくさん!

 

 

女性から圧倒的支持maoさんのウェディングメイクに注目

名古屋で大人気のヘアサロン wit (ウィット)で、スタイリスト・メイクアップマネージャーを務めるmaoさん

 

いまmaoさんが提案するメイクが可愛すぎると、オシャレ感度の高い女性たちから大注目されているんです。

 

 

インスタグラムにアップされているメイクの数々は、色使いやツヤ感が美しく、見ているだけでワクワクと心躍るようなものばかり。

 

それぞれの女性の美しさを引き出しながら、トレンド感も感じられるメイクのスタイルに、多くの女性が心を鷲づかみにされています。

 

 

maoさんの作り上げるメイクは、ツヤっぽくどこか儚げな雰囲気。

 

ウェディングだからといって足し算しすぎない、アンニュイな空気感を纏った花嫁スタイルが魅力的です。

 

 

今回は、ARCH DAYS花嫁さんからも注目されているmaoさんのウェディングメイクを大特集。

 

真似したい花嫁メイクのポイントや、使用コスメについても教えていただきました。

 

 

maoさんが提案する最旬ウェディングメイク4パターン

1.ツヤ感がポイントのヌーディメイク

ダウンスタイルでヘアもシンプルなヌーディーメイク。肌のツヤ感がポイント。

 

使用コスメ:ボーム エサンシエル トランスパラン / CHANEL(シャネル)

 

 

Dress : @yukiesinbasi_dress

 

2.目元にラメ感を

アップスタイル、アンティークレースのドレスに合わせて、柔らかい色合いのウェディングメイク。目元のラメ感がポイント。

 

使用コスメ:グロウ タッチ アイズ02 / SUQQU(スック)

 

 

Dress : @yukiesinbasi_dress

 

3.しっかりめアイブロウ×ブラウンリップ

シンプルなアップスタイル。ボリュームのあるドレスなので、大人っぽく見えるようしっかりめのアイブロウとブラウンリップがポイント。

 

使用コスメ:ヴィジョナリー ジェルリップスティック212 / SHISEIDO(資生堂)・ ニュアンス リップグロス05 / OSAJI(オサジ)

 

 

Dress:@plume.dress

 

4.ホワイトのアイライン

カジュアルなスタイルでホワイトのアイラインがポイント。チークやアイシャドウは肌なじみのいい色で。

 

使用コスメ:アイオープニングライナー ホワイト / UZU(ウズ)

 

 

Dress : @_lalune__

 

maoさんからのメイクアドバイス

今年おすすめのウェディングメイクは?

コロナ禍により小規模ウェディングが増え、ミニマルなドレスを選ぶ方が増えています。

 

それに合わせ、メイクも一般的なウェディングメイクよりナチュラルな傾向に。

 

普段のメイクに少しツヤ感や色味を足す程度の、派手すぎないメイクが今っぽいと思います。

 

ハイライトや上品な華やかさを出す、細かめのパールアイシャドウがあると◎

 

 

プレ花嫁・卒花嫁さんも取り入れられる、日常メイクのコツが知りたい!

外出時にはマスクが必須になっている最近。より肌に負担のかからないナチュラルコスメでベースメイクを仕上げるのがオススメ。

 

血色感をプラスし、幸福感のあるメイクが今年っぽくて◎

 

 

挙式当日のメイクを決めるコツは?

ウェディングのヘアメイクは華やかに重ねがちですが、私はやりすぎないナチュラルなスタイルが好きです。盛るのではなく、なるべく引き算することが大事。

 

ボリュームのあるドレスなら、タイトなヘアに目元は薄めで濃いめのリップをのせたりと、全身のバランスで考えます。

 

ヘアメイクさんに希望を伝える際は、メイクに限らずなるべくたくさんのイメージ画像を見せると伝わりやすいと思います。

 

 

“引き算”がポイントのウェディングメイク

ARCH DAYS花嫁のファンも多い、maoさんがつくり上げるウェディングメイク。

 

重要なのは、ドレスやヘアなど全体のバランスを見ながら“引き算”をしていくこと。

 

今回教えていただいたポイントを参考に、今っぽく抜け感のある花嫁メイクを楽しんでくださいね。

 

mao

wit スタイリスト・メイクアップマネージャー

挙式当日・ウェディングフォトどちらも依頼OK!

お問い合わせ先:インスタグラムDMまたはwitへお電話をお願いします。

Instagram:@wit_mao
wit HP:wit hair salon

この記事に関するキーワード

SUMIKA

ARCH DAYS 編集部

SUMIKA

ARCH DAYS編集部で、自身もマノワール・ディノで結婚式を行った卒花嫁。夫婦で映画好きなので、ウェディングテーマは“CINEMA IN THE GARDEN”に。好きな映画は“Begin Again”。

UPDATE: