WEDDING

COLUMN

結婚式当日は気を抜かないで!美しい花嫁姿は姿勢と表情から

結婚式当日は気を抜かないで!美しい花嫁姿は姿勢と表情から
by nobi-non

Clipする
Clipする

花嫁さんの美しく見える姿勢と表情

結婚式は人生の中でも特に大切な日。特別な花嫁姿はどんな日よりも美しくありたいですよね。

 

そんな結婚式当日を迎えるにあたって、花嫁さんにぜひ意識してほしいのが姿勢と表情。美しいドレスやヒールを身にまとったとき、正しい姿勢や表情を保てていると更に綺麗な花嫁姿を叶えることができます。

 

そこで今回は、花嫁姿をより美しくしてくれる姿勢や表情のポイントをご紹介!これから結婚式を控えているプレ花嫁さんはぜひ参考にしてみて。

 

花嫁さんの美しく見える姿勢と表情

 

背筋と目線はまっすぐ

ウェディング誌で、猫背姿の花嫁さんを見たことがある人はほとんどいないはず。せっかく美しいドレスを身にまとっても、猫背だとだらしなく見えたり何となく幸せな雰囲気も薄まって見えたりしてしまうもの。

 

背筋は真っすぐに保つことを意識しましょう。上から引っ張られているようなイメージをもつと◎。

 

歩いているときも目線はまっすぐ前を見て

 

ウェディングドレスの時はヒールの高いパンプスを履いたりドレスの裾が気になったりして、つい足元を見てしまいがち。下を向くとついつい背筋が丸まってしまうので気を付けて。

 

歩くときは、ドレスを前に押し出すように歩くのが◎。「優しく一歩押し出して、そのまま少し戻す」を繰り返すと裾を踏みづらくなります。

 

優しく一歩押し出して、そのまま少し戻す

 

またカジュアルなドレスを着用する方は、あえてヒールの低い靴を選ぶ、歩くときは思い切ってドレスのスカートを持ち上げるというのも手。ドレスのタイプによって工夫してみて。

 

ヒールの低いオシャレなシューズをチョイスしておくと、裾から見えるときも素敵

 

胸は大きく張る

「ウェディングドレスは胸で着る」と言われるほど、ウェディングドレスにとって胸元のラインは重要なもの。胸を大きく張り、バストトップが高くなるように意識して。

 

胸を大きく張って、全身のラインを美しく

 

バストトップが高くなると重心もあがり、足長効果も。胸を張るだけで、全身のラインが一層きれいにキープできます。

 

お腹を常に意識

背筋を伸ばし、胸を張ることを意識するとついつい腰を大きく反ってしまうことも。腰を反りすぎないためのポイントは、お腹を意識すること。

 

お腹にキュッと力を入れると、自然に腰がなだらかなカーブを描いてくれます。お腹に力をいれるとウエストも引っ込むので、お腹まわりが気になる花嫁さんにもおすすめ。

 

お腹に力をいれて、ウエストを引き締めつつ腰をサポート

 

肩は大きく後ろへ引き、下へさげるイメージ

「巻き肩(まきがた)」という言葉を知っていますか?巻き肩とは、肩が本来の位置より前に来ている状態のこと。この巻き肩は、花嫁さんが猫背になって見えたり、肩甲骨が埋もれてしまったりする状態なんです。

 

ウェディングドレスのときは、この巻き肩にならないよう意識することが大切。巻き肩を解消するには、肩を後方に引いた状態で、下におろすのが効果的。自然にいかり肩が和らぎ、肩甲骨が浮き出てきます。

 

意外に意識が向かない肩も花嫁姿を美しくするポイント

 

さらにこの動作をすると、鎖骨が自然に浮き上がってきてデコルテラインも美しくなります。最近は、ネックレスはつけずに大ぶりイヤリングをするのがトレンド。だから自分のもっているデコルテラインをいかに美しくみせるかがとても大切なんです。

 

胸を張るのとあわせて、ぜひ肩も意識してみてくださいね。

 

ネックレスをしないデコルテは、鎖骨を美しく見せて

 

二の腕は体幹につけないのがポイント

二の腕を体幹につけると、二の腕のお肉がつぶれて腕が太く見えてしまう原因に…。二の腕はなるべく体幹につけないのが痩せて見えるポイントです。

 

とはいえ、あまりに体から腕を離してしまうと、不自然に見えてしまうことも。腕は自然におろし、肘と体の間に握りこぶし半分くらいの空間を保つのがおすすめ。肘も張りすぎず、腰のすぐ横にキープすると自然で綺麗な視線に。

 

二の腕は自然に体から離して

 

下半身のラインがわかるドレスなら、足をそろえる

Aラインやプリンセスラインなど広がるのあるのウェディングドレスは、足のラインがあまり目立たないので、足元にはそこまで気を遣わなくても問題ありません。

 

一方スレンダーやマーメイドラインのドレスは、足元が見えやすいので注意が必要。がに股だったり極端に内股だったりすると、残念な花嫁姿に…。

 

スレンダードレスは足元にも注意して

 

そんな状況を回避するには、おしりにキュっと力を入れることと、ひざ・つま先・かかとを常にそろえる意識を持つこと。おしりに力を入れると自然に足の位置もそろいやすくなり、ヒップラインが引き締まります。

 

さらに、ひざ・つま先・かかとがそろうと自然と足はまっすぐに。歩くときもこの3点がこすれあうようなイメージで歩くと、きれいに歩くことができて◎。

 

ひざ・つま先・かかとを常にそろえる意識を

 

座っているときも要注意

結婚式は緊張の連続で、座った瞬間につい気を抜いてしまいがち。しかし高砂に座っているときにはゲストが近くに来てくれたり、演出を見たりと意外にシャッターチャンスになるタイミング。

 

このタイミングで姿勢が悪いと、残念な花嫁姿が写真に残ってしまうことに…!そんなことにならないためにも、結婚式の最中はなるべく常に姿勢を正すのがポイント。うっかり気を抜いてしまってたら、気付いた時にすぐに姿勢を直しましょう。

 

座っているときも意外に姿勢はみられている

 

結婚式ではとびきりの笑顔で

花嫁さんを美しくみせてくれるのは姿勢だけではありません。表情も、花嫁さんを際立たせるのにとても重要なポイント。

 

結婚式では、カメラマンはもちろんゲストも様々な角度から写真を撮ってくれます。いつシャッターを切られても良いように、口角を常に上げておくのがおすすめ。

 

とびきりの笑顔が花嫁さんを最も美しく際立たせる秘訣

 

結婚式では姿勢キープと笑顔を忘れずに

結婚式は、一生の思い出になる大切な日。ドレスやメイクで華やかさをプラスするのはもちろんですが、何より大切なのは花嫁さん自身の美しさ。

 

姿勢を整えたり、笑顔で過ごしたりすることでより美しい花嫁姿を叶えることができます。結婚式までの期間、少しずつ姿勢を正すのを意識してみてはいかがでしょうか?

 

そして結婚式当日は美しい姿勢ととびきりの笑顔で、楽しい1日を過ごしてくださいね。

 

笑顔と美しい姿勢で誰よりも素敵な花嫁さんに

nobi-non

nobi-non

2017年挙式。

自身の結婚式の経験から、花嫁さんが欲しいと感じる情報を発信していきたいと考えています。

臨床検査技師という医療系国家資格を生かし、女性に寄り添う医療・妊活ライターとしても活動中です。

Twitter:@nobi_nonchan

UPDATE: