WEDDING

ALBUM

MONOLITHIC

MONOLITHICYUSUKE & KANA

Clipする

「芦屋モノリス」で行われた結婚式。

そこは1929年に建築され、歴史的建築物のディテイールを残しながらも、モダン要素をプラスしてリノベーションされたレトロモダンな空間。

 

建築関係の仕事に携わる新郎新婦がその建物や内装に惚れ込み、“会場によく似合うもの” をコンセプトに、そこにおふたりらしさをプラス。

装飾や衣装など1つ1つ丁寧に組み立てて。

 

 

ペーパーアイテムに使用したアーチデザインは、芦屋モノリスの建物・ネオルネッサンス様式の特徴の1つでもあるアーチ型の窓を連想してデザイン。

 

会場に入って最初に目にするウェルカムボードは招待状の本状と同じデザインで、まるで展覧会のチケットを持って来場したようなワクワク感を。

 

 

参列してくれたゲストに、披露宴会場に足を踏み入れた瞬間に広がるキラキラとした非現実空間で、日常を忘れるくらいに楽しいひと時を過ごしてほしい!そんなおふたりの想いがぎゅっと詰まった、とても大切な日。

この記事に関するキーワード

UPDATE: