WEDDING

COLUMN

招待状で結婚式の世界観を表現。こだわりの招待状実例

招待状で結婚式の世界観を表現。こだわりの招待状実例
by hypericum

Clipする
Clipする

結婚式の始まりは招待状から

結婚式の場所や時間が決まり、本格的な準備の第一歩となる招待状。二人の結婚式は、ゲストが招待状を受け取った時からスタート。

 

つまり招待状は、二人の結婚式の世界観をゲストと共有する最初のアイテムだということ。だからこそ、招待状はこだわって準備したいアイテムですよね。

 

招待状

結婚式の始まりは招待状から

 

今回こちらでは、ARCH DAYS花嫁さんが実際に準備した招待状をご紹介。

 

▽ARCH DAYS花嫁さんの招待状をチェック

 

女性と男性で色分けした封筒

女性ゲストには赤、男性ゲストには青の封筒にするなど、色にこだわって準備した招待状。宛名書きは封筒に一度プリンターで宛名を印刷した上から、シルバー色のマッキーでなぞっているんだとか。

 

女性の招待状は赤い封筒で

 

結婚式が行われる時間帯に合わせたデザイン

夕方のトワイライトタイムの結婚式ということで、本状には夕暮れのツリーがデザインされたカードをチョイス。付箋には、和紙に海外から取り寄せたシルクリボンを。

 

付箋の役割は、挙式から参列してもらうゲストに集合時間や場所を伝えたり、受付や挨拶などの役割お願いするもの。二人のイニシャルである「K」の文字のシーリングスタンプは、新郎が担当して手作りしたんだそう。

 

結婚式が行われる時間帯に合わせたデザインに

 

封筒の色は結婚式のテーマカラーに

結婚式のテーマカラーであるネイビーの封筒は、海外から輸入したもの。シーリングスタンプの色にもこだわって、新郎はブラック、花嫁さんはホワイトとブラックのマーブルに。

 

結婚式のテーマカラーを封筒に

 

独特な魅力を持つ活版印刷

印刷はくすんだ水色で活版印刷したものにシルクリボンを巻いて、手作りのシーリングスタンプを。活版印刷とは、凸版にインクを付けて紙に押しあてたもので、活版の圧力によって生じるかすかな凹みによって奥行きを与える印刷技法。

 

そんな独特な魅力のある活版印刷は、特殊印刷が得意だという河内屋にオーダーされたんだとか。

 

シルクのリボンを巻いて

 

トレーシングペーパーの封筒に

二人の名前の頭文字の「Y」と「E」を「▼」と「▶」で表し、ロゴをデザインして活版印刷をした招待状。厚めのクラフトをファイル状にして、シルバーの文字が印刷された招待状を。

 

文字は年配のゲストを考慮して、英語ではなくローマ字に。封筒は中が透けて見えるトレーシングペーパーにすることでおしゃれ度がアップ。

 

トレーシングペーパーの封筒で

 

とにかくシンプル&シックに

とにかくシンプルでシックに、そしてスタイリッシュにまとめられた招待状。絶妙なグレーの封筒に入れてよりスタイリッシュに。

 

シーリングスタンプに使用したグルーガンとグルースティックは、100円ショップで購入。

 

絶妙なグレーカラーの封筒で

 

海外ウェディングらしさにこだわって

海外ウェディングならではの招待状のデザインをしてくれるデザイナーさんを探したという花嫁さん。可愛らしさとおしゃれさのどちらも表現しながら、テーマカラーのピンク×イエローを使いたいと、色味やロゴなどにこだわってデザインをblancにオーダー。

 

フラワーモロッカンウェディングを表現したお花のデザインの上からトレーシングペーパーを重ねて。タイムラインはチケット型に。

 

海外ウェディングらしさにこだわって

 

本状にリボンを結んで

自宅のプリンターを使って作成したという招待状一式。カード類のカットは、新郎が全て担当。

 

本状に結ぶリボンは、実際に購入した数種類のリボンの中からセレクトしたもの。こだわって手作りすることで、愛着が湧いたんだとか。

 

手作りすることで愛着の湧く招待状

 

水彩画タッチのデザインで

水彩画タッチのラナキュラスをイメージしたお花がデザインされた招待状。封筒を開くと内側にもたくさんのお花が見える点が花嫁さんのお気に入りポイントなんだとか。

 

メニュー表など、その他のペーパーアイテムも水彩画タッチにすることで、ペーパーアイテムの統一感を演出。

 

水彩画タッチのデザインの招待状

 

英語と日本語の両方で

国際結婚の花嫁さんは、英語と日本語で両面印刷した招待状に。英語の面は、海外のゲストからは招待状の内容、日本のゲストの目には招待状の表紙に見えるようにデザインを工夫したんだとか。

 

封筒は厚手のトレーシングペーパーに自宅のプリンターで印刷。外国のゲストには、返信ハガキ用の封筒と国際郵便切手引換券も同封。封緘シールには和の要素を取り入れたいと、和紙に箔押しがされた和柄シールを。

 

結婚式_ガーデンウェディング_国際結婚_

英語と日本語の両面印刷の招待状

 

カリグラフィーが素敵な招待状

1枚1枚、送る人の顔を思い浮かべながら描いたというカリグラフィー。文字を美しく見せるカリグラフィーは、結婚式で用いる文字としても大人気。

 

カリグラフィーが素敵な招待状

 

結婚式のテーマにちなんだデザインで

「人生を木と考えて、家族の愛によって根を張り幹を太くして、様々な人との出会いが枝を広げ、大切な人(葉)たちが集まる」そんな想いを込めた結婚式のテーマを、ゲストに招待状が届いた瞬間から伝わるようにと、リーフ型のカードにして形で表現。

 

招待状

結婚式のテーマにちなんだリーフ型招待状

 

手描きのタイムラインを添えて

ゲストから当日の予定を聞かれることが多いということで、急遽同封したというタイムライン。イラストは手描きしたものをスマートフォンでスキャンと色付けをして取り入れたんだとか。

 

タイムラインを添えて

 

とことんナチュラルな招待状に

ナチュラルウェディングを叶えた花嫁さんは、招待状から既にナチュラル。クラフト紙の縁を糸で縫っているこだわりがとってもおしゃれ。

 

地図や時刻を載せたチケットは、結婚式当日に持ち運びが困らないようにと、財布や胸ポケットに入るようにお札と同じ大きさにする工夫が◎

 

ナチュラルテイストの招待状

 

和風のデザインで

和婚を行った花嫁さんは、鳥居のマークが印象的な和風デザインの招待状に。鮮やかな色使いにすることで、とても華やかに。

 

和婚にぴったりな招待状

 

招待状で結婚式の世界観を伝えて

今回は、こだわりの詰まった招待状の実例をご紹介しました。招待状は結婚式の場所や日時を伝え、出席の確認を取るためだけのアイテムとしてだけでなく、二人の結婚式の世界観を表現するためのアイテムとしておすすめ。

 

ぜひこちらのCOLUMNを参考に、招待状にもこだわってみてはいかが?

 

招待状で伝える二人の結婚式の世界観

 

▽招待状のCOLUMNをチェック

ヒペリカム

ヒペリカム

これまで、数百人の花嫁さまの結婚式を記事として取り上げてきました。この経験を活かして、花嫁さまにアイディアを発信したいと思います。

UPDATE: