WEDDING

COLUMN

「ウェディングテーマ」何にする?結婚式のテーマ実例集

「ウェディングテーマ」何にする?結婚式のテーマ実例集
by hypericum

Clipする
Clipする

ウェディングテーマを決めてもっと素敵な結婚式に

二人が大切にしている言葉や思いを込めてみて

最近多くなってきている「ウェディングテーマ」が設けられた結婚式。結婚式にテーマを設けることで、装飾や演出など会場全体に統一感が生まれ、ゲストの印象にも残りやすくなります。

また、テーマを決めることは結婚式全体のイメージがしやすくなり、準備がスムーズになるという卒花嫁さんたちの経験談も。

 

そうは言っても特別な趣味や好きなものがない限り、テーマを決めるのはなかなか難しいという方も多いのでは?実はウェディングのテーマは好きなものやことだけでなく、二人が大切にしている言葉やゲストに対する思いなど、もっともっと気軽に身近なヒントから決めても良いものなのです。

 

そこで今回こちらでは、ARCH DAYS花嫁さんたちが実際に決めたテーマや、そのテーマを結婚式のどこでどんな風に取り入れたのかを詳しくご紹介していきます。

 

映画「フォレストガンプ」がテーマの結婚式

 

映画を上映しながらコーヒーサーブを行う演出

 

ウェディングテーマの実例

「30th」

日頃から自宅でホームパーティーを開くことが多いという二人。結婚式までに開いたホームパーティーが29回、結婚式の披露宴が30回目のホームパーティーという意味を込めて「30th」をウェディングテーマに。

 

披露宴を日常の延長と考えることで、普段と変わらず飾らないアットホームな雰囲気を演出。お二人もゲストもゆったりとリラックスした気持ちで特別な時間を過ごすことができます。

 

プロフィールブックの表紙に

 

ウェルカムドリンクのラベルにも、テーマをデザインしたオリジナルシールを。

 

ウェルカムドリンクのラベルにテーマを

 

「Dear」

たくさんの「繋がり」から出会えた大切なゲストのみなさんに、二人からの「贈り物」をしたいと考えて「Dear」をウェディングテーマに。ゲストを最初に迎えるウェルカムボードにテーマをデザインして。

 

ウェルカムボードにデザインされたテーマ

 

引出物用のトートバッグにもテーマをデザイン。トートバッグの引出物袋は、結婚式後にも使ってもらえるアイテムということもあり、ゲストからも大人気のアイテム。

 

引出物バッグにテーマをデザイン

 

「Hand to hand」

「手と手」「手作り」「おもてなし」という意味が込められたウェディングテーマ。

 

テーマを伝えるウェルカムボード

 

披露宴会場がある階のエレベーターのドアが開くと、目の前に現れる巨大なタペストリーでゲストをお出迎え。新郎新婦の二人が手を取り合う構図は、まさに「Hand to hand」の1枚。

 

大きなタペストリーにテーマを

 

一つひとつ丁寧にレザーを型抜きしたエスコートカードにも、テーマをロゴマークとしてデザインして刻印。

 

エスコートカードにテーマを

 

「tomorrow is another day(止まない雨はない)」

新郎が雨男だからなのか、出かける時は雨が降ることが多いという二人。たとえ雨が降ってもいつか晴れるように、これからの人生にどんな困難があっても一緒に乗り越えていこうという想いが込められたウェディングテーマ。

 

チャペルの祭壇にテーマを

 

手作りのエスコートカードを飾ったボードにも、カラフルな文字でテーマを。

 

カラフルな文字でテーマを

 

フォトブースにもテーマを。カラフルな傘をランダムに飾って、雨のマイナスなイメージを明るく。

 

フォトブースにもテーマを

 

「my dearest(最愛の人)」

今、となりにいる人やこれまでの人生を一緒に歩んできたすべての人に、感謝と共に「愛」を伝えたくなるような、愛に溢れたパーティーになるようにと願いを込めて決めたウェディングテーマ。ペーパーアイテムにもテーマを取り入れて。

 

ペーパーアイテムにテーマを

 

「Que sera,sera(ケセラセラ)」

「Que sera,sera」とは、「先のことは分からない、人生はあなた次第。なるようになるよ。」という意味の言葉。会場は、Que sera,seraが発表された1950年代のレトロ&ヴィンテージな雰囲気の装飾にすることでテーマを演出。

 

会場装飾の一部にテーマを

 

「SHARED TABLE」

「テーブルに持ち寄った料理を分け合って楽しむように生きていきたい」という想いと、「ゲスト一人ひとりの様々な価値観や人生をシェアして味わい尽くす一日にしたい」という想いを込めたウェディングテーマ。

招待状の封筒の中紙にテーマと、そのテーマに込めた想いを書いてゲストと共有。中紙のデザインもテーマに合わせた色鮮やかな料理が目を惹くデザインに。

 

封筒の中紙にテーマを

 

「WEDDING EXHIBITION」

大学で芸術を専攻した二人の共通点や、二人の好きなものを作ってその世界観をゲストに楽しんでもらいたいという想いを込めて、「WEDDING PARTY」ではなく敢えて「WEDDING EXHIBITION」をウェディングテーマに。

「EXHIBITION」とは、「展示会」という意味。ウェルカムボードやペーパーアイテムにもテーマを取り入れて。

 

テーマがデザインされたウェルカムボード

 

テーマがデザインされたペーパーアイテム

 

「TWO AS ONE」

「ふたりでひとつ」という意味をもつ「TWO AS ONE」。結婚式の至る場所にテーマを散りばめるのもおすすめ。

 

モノトーンのウェルカムボードにテーマを

 

一筆書きの席札は、テーマの「ひとつ」を表現したアイテム。

 

一筆書きでテーマを表現した席札

 

ふたりで一緒に座れるソファ高砂もテーマにちなんだアイデア。

 

テーマを表現したソファ高砂

 

男性ゲストにはブートニア、女性ゲストにはフラワーリングを身に着けてもらうことで、ゲストの気持ちもテーマのようにひとつに。

 

テーマを演出するお揃いアイテム

 

「Blue Bird」

幸せの象徴である「Blue Bide」をテーマに、童話の世界を再現。ゲストテーブルに用意された青い紙と作り方が書かれた指示書を見ながら、ゲスト一人ひとりが青い鳥を作成すると…

 

ゲストと叶えるウェディングテーマ

 

そのゲストの手によって折られた青い鳥は、会場装飾の一部に。会場中に青い鳥が舞い、二人を祝福。

 

テーマが会場の一部に

 

二人の想いをウェディングテーマに込めて

今回は、ARCH DAYS花嫁さんたちが実際に結婚式のために決めたテーマや、そのテーマを結婚式のどこでどんな風に取り入れたのかをご紹介しました。どのテーマも、二人の結婚式への想いがたっぷりと詰まったテーマばかり。

 

テーマを決める際に大切なことは、新郎新婦の二人に合った気持ちや言葉を選ぶこと。ぜひこちらのCOLUMNを参考に、自分たちらしいテーマを二人で話し合ってみてくださいね。

 

「可愛らしいものと毒気のあるもの」相反するテイストを散りばめた結婚式

 

ペールブルーとピンクがテーマカラーの装飾

ヒペリカム

ヒペリカム

これまで、数百人の花嫁さまの結婚式を記事として取り上げてきました。この経験を活かして、花嫁さまにアイディアを発信したいと思います。

UPDATE: