WEDDING

COLUMN

ウェディングシューズの選び方。おしゃれ花嫁はホワイトを選ばない!?

ウェディングシューズの選び方。おしゃれ花嫁はホワイトを選ばない!?
by Hachi .

Clipする
Clipする

王道の「ホワイト」以外のウェディングシューズがおしゃれ!

ドレスで隠れて見えにくいけれど、こだわりたいウェディングシューズ。

長時間履くことになるので履き心地はもちろん、見た目のおしゃれさでも選びたいところ。

 

ウェディングシューズといえば、白が王道人気のカラーですが、実はおしゃれ花嫁さんはこぞって差し色になるカラーを選んでいるんです。

歩いているとき、ドレスの裾をたくし上げて写真を撮るとき、さり気なくも存在感を発揮するカラーを選ぶと、とってもおしゃれ。

 

そこで今回は、おしゃれなカラーのウェディングシューズをご紹介します。

 

ベージュにキラキラのグリッターが華やかなシューズ

 

▼ARCH DAYS花嫁さんのウェディングシューズを☑

 

おしゃれなカラーウェディングシューズ13選

淡いピンクのバレエシューズ

こちらは淡いピンクのバレエシューズ。

見た目だけでなく、リボンを足首に巻き付けてキュッと結ぶ履き方もロマンティック。

 

淡いピンクがロマンティックなバレエシューズ

 

こちらの花嫁さんのようにマタニティウェディングの場合、身体に負担がかかりにくいシューズを選ぶのも鉄則。

ローヒールシューズを選べば安心で、履き心地も楽ちんです。

 

シューズの紐を結ぶお支度ショット

 

太ヒールのカラーがアクセント

一見シンプルでプレーンなパンプスですが、ヒール部分のマスタードカラーがアクセントになっています。

ドレスの裾を持ち上げたときや歩くとき、チラリと覗くアクセントカラーがおしゃれ。

 

アクセントカラーになるマスタードの太ヒール

 

会場装花とリンクさせて

こちらの花嫁さんは、会場装花と色味を合わせたシューズをチョイス。

シンプルでモードなドレスとも相性ピッタリ。

 

会場装花と合わせたシューズ

 

会場装花やテーブルコーディネートと色味をリンクさせると、グッと全体の統一感がアップします。

 

色味をリンクさせると統一感がアップ

 

“サムシングブルー”の青いシューズは根強い人気

「サムシングフォー」とは、花嫁が幸せになりますように、という願いを込めたヨーロッパのおまじないのこと。

「何か新しいもの」「何か借りたもの」「何か古いもの」「何か青いもの」の4つを結婚式に取り入れることで、その幸せが永遠に続くといわれています。

サムシングブルーは、「花嫁の清らかさと誠実な愛情を意味する」とされているんだとか。

その“青いもの”として、ブルーのウェディングシューズは花嫁さんから根強い人気を誇っています。

 

くすんだダークブルーがおしゃれ

 

こちらの花嫁さんは、ハワイウェディングでブルーのシューズを選んでいます。

ウエストに巻いたサッシュベルトと色味を合わせて、統一感のあるコーディネートに。

 

サッシュベルトと色味を合わせて

 

差し色として抜群の存在感を放つ色といえば、赤

ハッと目が覚めるような鮮やかな赤も、差し色として大人気。

オープントゥ×シフォンのリボンが華やかで大人可愛い印象のシューズです。

シンプルなデザインのスレンダードレスと合わせて、大人っぽく履きこなして。

 

ブライダルシューズ

とびきり大人可愛い赤いシューズ

 

新郎とシューズの色を合わせるのは、意外と珍しいコーディネート。

二人のコーディネートに統一感が生まれるのはもちろん、こうした小物ショットもとっても絵になります。

このように深みのある赤を選べば、秋~冬のウェディングにぴったり。

 

ブライダルシューズ

新郎のウェディングシューズと同じカラーにするのも◎

 

差し色としてだけではなく、カラードレスの色と合わせたコーディネートもおしゃれ。

シンプルな赤のスレンダードレスに赤いシューズを合わせて、可愛らしさと大人っぽさを両立。

 

ドレスのカラーと合わせてもおしゃれ

 

ウェディングテーマにぴったりなシューズ

まるでファンタジーの世界に迷い込んだかのような、お花たっぷりの会場コーディネート。

こちらの花嫁さんは、ウェディングテーマに合わせて花柄のシューズを選んでいます。

 

お花いっぱいの会場コーディネート

 

思い切って柄物のシューズを選ぶのも、着こなしに変化が出るので◎。

細かいところにも手を抜かず、ウェディングテーマを貫く姿勢に脱帽です。

 

会場とリンクさせた花柄のシューズ

 

流行中のメタリック素材はシューズでも取り入れて

人気継続中のメタリック素材。

アクセサリーで取り入れる花嫁さんが多い印象ですが、シューズで取り入れてもおしゃれ。

ピンヒールとピンクのファーが大人っぽくセクシーな一足です。

こちらの花嫁さんは、グアムでのリゾートウェディングにこちらのシューズを選んでいます。

オープントゥやサンダルのような抜け感のあるシューズがマッチするのは、リゾートウェディングならでは。

 

メタリック素材はシューズで取り入れるのも◎

 

大人花嫁さんにはダークカラー×ビジューモチーフが人気

ダークカラーとスクエア型のビジューモチーフがおしゃれな一足。

ビジューモチーフは、大人花嫁さんに特に人気のデザインとなっています。

足元にダークカラーを持ってくると、コーディネート全体がグッと落ち着いて大人っぽく決まりますね。

 

ダークカラーは大人っぽく決まる

 

とびきりクールなカラーといえば、ブラック

黒がテーマカラーのウェディングに合わせ、シューズも黒。

同じくテーマカラーのダークグレーの靴下と合わせた、ウッドソールの厚底シューズがとびきりおしゃれ。

誰とも被らない唯一無二のコーディネート。

 

ウッドソールのシューズでクールなコーディネート

 

テーマによってはブーツもアリ!

ウェディングドレスに、あえてブーツを合わせるワザありのコーディネート。

ブラウンカラーの革が緑いっぱいのガーデンウェディングにとってもマッチしています。

ヒールのあるタイプを選べばカジュアルになりすぎないのでおすすめ。

 

ガーデンウェディングにブーツがマッチ

 

カラーのウェディングシューズを選んで

今回は、定番の白以外のウェディングシューズをご紹介しました。

 

「ウェディングシューズはドレスに隠れて見えないし…」と思っている花嫁さんも、油断は禁物。

歩いているときにドレスの裾から覗くシューズがおしゃれだと、コーディネートのアクセントになること間違いなしです。

 

また、当日撮影の小物ショットでも、ウェディングシューズのカットは定番。

他の小物と並べたり、ドレスの裾を持ち上げたりして、お気に入りのウェェディングシューズを写真に残すこともお忘れなく!

 

ご自身のウェディングテーマに合わせたカラーや素材のウェディングシューズを選んで、足元まで気を抜かない着こなしを叶えてくださいね。

 

小物と並べたシューズのショット

 

▼ウェディングシューズのCOLUMNを☑

 

Hachi .

Hachi .

広告代理店営業 兼 フリーライター 兼 アラサー主婦。

2018年秋に挙式した卒花嫁です。

感度の高い花嫁様のお手伝いができるような情報を発信します。

UPDATE: