WEDDING

COLUMN

子育て感謝状の無料テンプレート付き!ドライフラワーの両親贈呈品DIY

子育て感謝状の無料テンプレート付き!ドライフラワーの両親贈呈品DIY
by ERICA

Clipする
Clipする

両親への感謝の贈り物、花束贈呈はもう古い?

披露宴のラストを飾るのは、なんといってもご両親への感謝の手紙と記念品の贈呈。

 

これまで育ててもらった感謝の気持ちを込めて花束を贈るのも素敵ですが、遠方からいらっしゃったご両親はお花をもらっても「持って帰るのが大変!」「せっかくもらったのに枯れてしまった…」なんてことも。

 

両親贈呈品には花束を贈るのが一般的

 

生まれた時と同じ重さのテディベアやお米など、最近では色々な選択肢がありますが、重さがあるものはプレゼントをするのにどうしても躊躇してしまいがち。

 

また「お相手のご両親にも喜んでもらえるものを」と考えると、なかなか記念品を決められなかったりする方も多いのでは?

 

せっかくの機会なので、思い切って手作りをしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 

ドライフラワーとボックスフレームで作る、子育て感謝状

感謝状と聞くと表彰状のようなものを想像して「オシャレになるのか不安…」という方もいるかもしれませんね。

 

両親感謝状

ご両親に贈るオシャレな子育て感謝状

 

たしかにデザインのない感謝状をただ額に入れただけだと、少し堅い印象になりプレゼントされたご両親も飾る場所に困ってしまう場合も。

感謝状を手作りするのは、パソコンを使うのが得意じゃなかったり、デザインのセンスに自信がない花嫁さんには少しハードルが高いかもしれないですね。

 

そこで今回は、結婚式のあとにお部屋に飾ってもオシャレで、いつでも我が子を思い出してもらえる「子育て感謝状」の作り方をご紹介致します。

 

ドライフラワーを使用することで、何年もそのままの状態をキープできるのも嬉しいポイント。

 

ボックスフレームの子育て感謝状の作り方

用意するもの

・グルーガン(100円均一で購入可)
・グルースティック(100円均一で購入可)
・子育て感謝状
・ドライフラワー

・ボックスフォトフレーム(今回はこちらを使用)

 

どれも手軽に手に入るものばかりですし、ドライフラワーは簡単に手作りすることができます。前撮りで使用したブーケなどをドライにして使ってみたりするのもおすすめ。

 

 

作り方
1.サイト最下部のDOWNLOADボタンより、感謝状のテンプレートをダウンロード。

今回はPower pointのファイルでご用意したので、お名前や日付の部分にご自身のデータを入れ子育て感謝状を作成してください。

 

 

フォントにこだわると、よりオシャレに仕上がります。

 

▼お好きなフォントを探すなら

 

テンプレートを使わずイチから手作りしても◎

その場合感謝状の内容は、下記のようなものがオススメです。

 

・タイトル
・新郎or新婦の生年月日
・生まれてから結婚式までの日数(あえて日数で記載するところがポイント!)
・感謝の言葉(感謝状のような文にしても、お手紙のように書いても◎)
・結婚式の日付
・新郎or新婦の名前

 

読みやすくするのがベストですが、タイトルや普段言えないメッセージなどは英語やフランス語などにしてみると、素敵に仕上がりますよ。

 

 

2.作った感謝状をハガキサイズに印刷して、左側のフレームにいれます。

クラフトペーパーなど、紙の素材にこだわると更にオシャレに仕上がって◎

 

 

3.右側のフレームの板を取り出して、その板にグルーガンでドライフラワーを直接貼り付けていきます。

このとき中央に高さのあるお花を配置して、そこからスタートさせるのがバランスよく作るポイント。

 

 

高さのあるお花がない場合は、台紙に厚紙を貼るなどして事前に高さを出してから貼っていくと完成時のバランスがよくなりますよ。

 

 

4.お花をつぶさないように、慎重にフレームに戻せばあっという間に完成!

 

 

手作りの両親贈呈品を

いかがでしたか?

とても簡単に、オシャレでおうちのインテリアにも馴染む子育て感謝状が完成。

これならDIYが苦手という方や、仕事が忙しくてDIYする時間が作れない花嫁さんにもおすすめ。

 

おうちで簡単にできるので、旦那さんと一緒にそれぞれのご両親に手作りしてみるのも素敵ですよね。

 

 

左側の感謝状の部分はフォトフレームとしても使用できるので、結婚式当日の写真をプレゼントしたり、将来お子さんの写真を飾るのも素敵。

 

結婚式が終わってもその日を思い出す事が出来る記念品なので、ご両親も喜んでくれること間違いなし。

是非皆さんも手作りしてみてくださいね。

ダウンロードには無料会員登録が必要となります

・商用利用はできません。

・画像データをそのまま、もしくは加工して、転載・配布・複製することはできません

ERICA

ERICA

2018年に東京にて挙式。ファッションECサイト運営会社勤務。

リサーチが得意。「見たことないウェディング」がコンセプト。

DIY大好き。手作りに見えないDIYを提案します。

 

Instagram:@_ey_wedding

UPDATE: