WEDDING

COLUMN

プレ花嫁のウェディングドレス試着レポート【Nuance】

プレ花嫁のウェディングドレス試着レポート【Nuance】
by ARCH DAYS編集部

Clipする
Clipする

プレ花嫁のウェディングドレス試着レポート

プレ花嫁さんのウェディングドレス試着に密着したレポート。

Instagramの写真だけではなかなか伝わらないドレスの細かいディティールや、リアルなプレ花嫁さんが着用したドレスやアクセサリーの写真を見ていただくことができます。

 

今回は第4弾をお届け!

4着試着したなかから花嫁さんが最後にどのドレスをセレクトするのか、予想しながら読んでみてくださいね。

 

お邪魔したのは鎌倉のアトリエ「Nuance」

今回レポートするのは、鎌倉駅西口から徒歩3分ほどにアトリエを構える「Nuance(ニュアンス)」

 

 

レトロな建物の2階へ向かうと、ネオンがおしゃれなロゴサインが。

 

 

扉を開くと、こだわりの繊細なドレスがずらっと並んだ素敵な空間が広がります。フィッティングに訪れるのは、落ち着いた大人の女性が多いのだとか。

 

 

Nuanceでは、鎌倉のアトリエでデザインから素材選び、パターン、縫製まで、ひとつひとつ丁寧に仕立てを行っています。だからこそ、日本の花嫁さんの骨格や体型、雰囲気(ニュアンス)に合わせて、女性がより素敵で美しく見えるドレスを仕立てることができるんだそう。

 

一日中着ても疲れず自然体で過ごせるよう、通常のドレスよりも軽く仕立てられており、触り心地のよい生地のみを使用しているところも花嫁さんにとって嬉しいポイント。

 

 

また、Nuanceのドレスは派手すぎず、クラシカルすぎもせず、かといってキュートすぎたり、シンプルすぎたり、尖りすぎたりするわけでもない。繊細さや上品さを感じられる、「ニュアンス」を大切にした素材やデザインが特徴です。

 

 

Nuanceで取り扱っている全てのアクセサリーは、ドレスに合うように日本含め、世界中からセレクトしたもの。煌びやか過ぎず、自然に身に着けることができるラインナップが魅力的です。

 

国内パーティーを検討中のプレ花嫁さん

試着にきてくれたプレ花嫁の永遠子さん。2017年7月にバリでファミリーウェディングを行い、昨年お子さまを出産。今後、友人を招いた国内パーティーを検討している花嫁さんです。

 

長身でショートヘア、クールな顔立ちが素敵な永遠子さんは、フェミニンすぎず大人っぽいデザインのドレスが好みだそう。国内でのウェディングは友人を中心に招くパーティーになるので、気取りすぎない、リラックスしたスタイルのドレスを探し中。

 

 

4着のドレスをフィッティング

1. パフスリーブドレス

永遠子さんが1着目に選んだのは、ロングスリーブのウェディングドレス。

 

 

楊柳シルクを使用し、シンプルながら柔らかい表情のあるデザイン。袖に透け感があり長袖でも重く見えないのが特徴。

 

 

また、太めのウエストマークでスタイルがよく見えるような工夫を。

 

 

アクセサリーは、パール刺繍のイヤリングをチョイス。パールとビーズが一粒一粒刺繍されたイヤリングは、大振りながら落ちついた色味がおしゃれで大人っぽい印象に。

 

 

シンプルながら拘り抜かれたデザインのロングスリーブドレスは、ショートヘアの花嫁さんにぜひ選んでほしい1着。ご本人も、リラックスしたスタイルがカジュアルなウェディングパーティーに合わせやすそうと、しっくりきている様子。

 

2. フレアースリーブドレス

2着目には、バッグデザインが印象的な、袖コンシャスなドレスをチョイス。

 

 

ドレープが綺麗にでる微光沢の生地を使用した、シンプルながら華やかなドレス。袖のフレアーは腕を細く見せる効果が◎。

 

 

スカートのくるみ釦がデザインアクセント。

 

 

アクセサリーは、ゴールドフラワーのイヤリングを。ゴールドのお花が繋がった大振りイヤリングは、可愛らし過ぎず華やかでモードな印象に。

 

 

着用する前は、フレアースリーブのデザインが一見フェミニンなので似合うかどうか気にされていた永遠子さん。着てみると全体のシルエットが細身で、大きく開いたバックデザインで抜け感が出るので、大人っぽい顔立ちの花嫁さんにもぴったり。

 

3. レースハイネックドレス

3着目は、レースのハイネックドレスをチョイス。

 

 

トップスにリバーレースのモチーフを採用し、スカートは柔らかなチュール生地を使用。

 

 

ややハイネックのデザイン、クラシカルで綺麗な印象のドレス。長めのトレーンで華やかさをプラスしています。

 

 

アクセサリーは、耐熱ガラスのアイスピック(つらら)モチーフのイヤリングを。光に当たった時のガラスならではの自然な輝きが洗練された印象になります。

 

 

ハイネックには、前髪をアップしてモードに合わせるのがおすすめ。首元が印象的なデザインなので、アクセサリーは小ぶりで透明感のあるものをチョイス。永遠子さんのクールな印象にぴったりのドレスで、とても似合っていました。

 

4. グリーングレードレス

ラスト4着目に選んだのは、グリーングレーのニュアンスカラードレス。

 

 

グリーンとグレーの間の色味で染められたこちらは、可愛いくなりすぎずに着ることができるニュアンスカラードレス。

 

 

柔らかなチュール生地に2種のレースをレイヤードして、水彩画のようにレースのグラデーションを施したデザイン。トップスとスカートのレースのつながりで、ウエストがすっきりと見えます。

 

 

アクセサリーは、耐熱ガラスのリーフモチーフのイヤリング。ガラスの小さな粒が光に反射し、ナチュラルながら華やかな印象になります。

 

 

カラードレスは初めて着たという永遠子さん。淡い色味が似合うかどうか不安な様子でしたが、絶妙なくすみカラーで大人の女性も着こなしやすい1着。なかなか素敵なカラードレスが見つからず、ホワイトを2着で検討している方にもぜひおすすめしたいニュアンスカラードレスです。

 

 

運命の1着は?

セレクトした4着すべての試着を終えて、今回着用したドレスのなかでのベスト1を永遠子さんに決めていただきました。

 

 

選んだのは1着目「パフスリーブドレス」

永遠子さんがベスト1に選んだのは、いちばん最初に試着した「パフスリーブドレス」。

 

 

ショートヘアで端正な顔立ちの永遠子さんにとてもよく似合っていて、予定しているウェディングパーティーのイメージにもぴったり。

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、Nuanceのドレス試着レポートをお届けしました。

 

繊細で上品な雰囲気、拘り抜かれた素材や絶妙なラインが魅力のNuanceのドレス。ARCH DAYSを見てくださっている、感度の高い花嫁さんたちにぜひ一度足を運んでみてほしいアトリエです。

 

素敵なカフェやショップが多く立ち並ぶ鎌倉なので、デートと併せて訪れてみるのもおすすめ。

 

 

Nuance

HP : https://www.nuancedress.com/

Instagram : @nuancedress

 


 

Designer

大塚 由理 Yuri Otsuka

バンタンデザイン研究所を卒業。

アパレルメーカーのデザイナーとして勤務後、

株式会社アダストリアの主力ブランドのデザイナーを経て、2016年にNuanceを設立。

 


 

Photographer

Kenshiro Oishi

HP : http://phoctograph.com/

Instagram : @ken.photo_mint

 

 

今回着用したドレス・アクセサリーはこちら↓

 

1. パフスリーブドレス / パール刺繍イヤリング

 

 

2. フレアースリーブドレス / ゴールドフラワーイヤリング

 

 

3. レースハイネックドレス / アイスピックモチーフイヤリング

 

 

4. グリーングレードレス / リーフモチーフイヤリング

 

ARCH DAYS編集部

ARCH DAYS編集部

結婚式・ベビーシャワー・誕生日などのライフイベントやパーティーを楽しむためのインスピレーション、事例、海外情報、DIYアイディアを発信する情報サイト「ARCH DAYS」の編集部。

 

Website:http://archdays.com/

Facebook:https://www.facebook.com/archdays.official/

Instagram:https://www.instagram.com/archdays/

ウェディング専用Instagram:https://www.instagram.com/archdays_weddings/

Pinterest: https://jp.pinterest.com/archdays/

UPDATE: