WEDDING

COLUMN

二人を結ぶマリッジリング。おしゃれな新郎新婦さんの結婚指輪をチェック!

二人を結ぶマリッジリング。おしゃれな新郎新婦さんの結婚指輪をチェック!
by hypericum

こだわって選びたいマリッジリング

二人が出会い、これから一つの未来へ向かって歩いて行く約束の証であり、永遠の愛の証でもある結婚指輪。

毎日身に着けるものだからこそ、着け心地やデザインにこだわって選びたいもの。

 

証である結婚指輪

 

▼ARCH DAYS花嫁さんのリングを☑

 

マリッジリングの選び方

結婚指輪の選び方

 

既製品の中から選ぶ

ジュエリーメーカーの多くは、ブライダルラインを展開しています。

既製品であっても、指輪の内側に刻印したり、サイズ直しをしたりも可能。

既製品だからと言って、購入したその日の内に持ち帰りができる場合は少ないため、余裕を持って購入しましょう。

 

セミオーダーする

こだわりたいけれど時間と金額を抑えたい方には、セミオーダーがおすすめ。

セミオーダーは、準備されたデザインの中からベースを選び、素材や石、表面の加工方法を選びます。

 

オーダーメイドする

価格は既製品やセミオーダーに比べると高くなる傾向ですが、とことんこだわりたい方にはアレンジが自由なオーダーメイドがおすすめ。

デザインはもちろんのこと、すべてをオーダー可能。

オーダーメイドは、大手のジュエリーブランドだけでなく、小さな工房での扱いもあるのでぜひチェックしてみて。

 

おしゃれな新郎新婦さんのマリッジリング実例

今回は、おしゃれな新郎新婦さんたちの結婚指輪をご紹介。

ぜひ指輪選びの参考にしてみてくださいね。

 

繊細さと品格をあわせ持つ

指輪を見るたびに買いに行った日のことを思い出してドキドキするというお二人。

新郎は、ヴァンクリーフとアーペルの名前が繊細なカリグラフィ文字で刻印された「タンドルモンシニアチュールマリッジリング」、新婦は、プラチナのさりげない光沢に煌めく3石のランドダイヤモンドが施された「タンドルモンエトワールマリッジリング」。

刻印のデザインやダイヤの煌めき、プラチナの質感が素敵な指輪。

 

フランスを代表するVan Cleef & Arpelsは、宝石商の娘エステル・アーベルと、宝石カット職人の息子アルフレッド・ヴァンクリーフが結婚して設立。

繊細で品格があるのはもちろんのこと、愛をモチーフにしたブランドであることも人気の理由。

 

Van Cleef & Arpelsの結婚指輪

 

槌目模様の手作り結婚指輪

CRAFYで手作りされた結婚指輪。

手作りすることで、思い出になる上に世界にひとつだけの結婚指輪に。

リングの素材は12種類の金属素材から選び、デザインは制限が無く自由自在。

仕上げの加工も、つや消しやミルグレイン、コンビネーションなどから選ぶことができるとのこと。

 

スタッフの方が制作風景をフルハイビジョンで撮影してくださり、まるで映画のように編集されたデータを貰うこともできるんだそう。

 

CRAFYの結婚指輪

 

普段から愛用のブランドに

普段から愛用のHERMESで結婚指輪を選ばれた二人。

指輪はウェディングリング「マリアンヌ」。

結婚したことでイニシャルが「H」になった花嫁さん。

それにちなんで、結婚指輪のモチーフも「H」をチョイス。

 

HERMESの結婚指輪

 

温かみのあるゴールド

地金から一つひとつ丁寧に仕上げられたことで自然と温もりを醸し出すAtelier elでオーダーされた結婚指輪。

表面の質感や手触りなどのテクスチャーや微妙な色合いや細さなど、細かくオーダーされたのだとか。

 

Atelier elの結婚指輪

 

指に馴染む曲線

二人の指に馴染んだことが決め手となったと言うCartierの結婚指輪。

花嫁さんはダイヤに惹かれて「バレリーナ」に。

Cartierの「バレリーナ」は、滑らかな曲線が特徴。

指に馴染む理由も曲線だからこそ。

 

Cartierの結婚指輪

 

夢を叶えて

二人の結婚指輪は、新婦が大学生時代に一目惚れしたと言うtiiifでオーダーしたもの。

その時から、いつか誰かとペアリングにしたいと思われていたのだとか。

シルバーに少しだけゴールドが入っていることで甘すぎることなく、デザインのアクセントに。

 

tiiifの結婚指輪

 

歳を重ねてからも着けていてかっこいいもの

LIA DI GREGORIOの太めで角ばったデザインの指輪。

新婦の指輪には、切れ目の内側にダイヤが施されています。

歳を重ねてからも付けていてかっこいいと思える指輪を選ばれたんだそう。

 

LIA DI GREGORIOの結婚指輪

 

婚約指輪との相性を考慮

二人の結婚指輪は、CHANELの「カメリア」。

新婦はハーフエタニティ、新郎はシンプルなデザインのものに。

シャネルが生涯で最も愛した花であるカメリアは、CHANELのインスピレーションの源。

Cartierの婚約指輪との相性も考慮して選ばれたんだそう。

 

CHANELの結婚指輪

 

指先を細く綺麗にみせるライン

絶えることなく穏やかに流れる二人の時間のようなウェーブのラインが綺麗な4℃の結婚指輪。

ウェーブラインは、指先を細く綺麗にみせてくれる効果も◎

ダイヤモンドの煌めきも素敵。

 

4℃の結婚指輪

 

鏡面タイプのプラチナ

普段はゴールドのアクセサリーを身に着けるという花嫁さんですが、結婚指輪はクラシカルで装飾も施されていないデザインが良いと、鏡面タイプのプラチナに。

SHIHARAはゴールドのイメージが強いですが、シルバーも素敵。

結婚指輪が決定したことで、披露宴でのドレスに合わせるアクセサリーをゴールドからシルバーに変更されたんだそう。

 

SHIHARAの結婚指輪

 

自分らしさを加えたセレクトオーダー

e.m.MARIAGEでセレクトオーダーされたもの。

セレクトオーダーは、シンプルな中にも「自分らしさ」を加えることが可能。

幅や厚み、全体のフォルムを9種類の中からベースリングを選び、鏡面、ホーニング、ヘアライン、叩きの4種類からテクスチャーを選べます。

ダイヤモンドのカラーやサイズ、セッティング位置、刻印もセレクト可能。

全面叩きで、半分はツヤ有り、半分はマット加工に。

 

e.m.MARIAGEの結婚指輪

 

優しい気持ちになれる指輪

結婚指輪を身に着けていると穏やかで優しい気持ちになれるというお二人。

婚約指輪との重ね付けも、結婚指輪一つだけでも可愛いと思える指輪なのだとか。

こちらは時を重ねても変わらぬ愛情を感じてもらえるように、ものづくりに心を込めているというAtelier tamariのもの。

 

Atelier tamariの結婚指輪

 

ダイヤモンドのような輝き

BOUCHERONを象徴するダイヤモンド特融のカットをイメージさせる「ファセット」がお二人の結婚指輪。

光を反射し職人技を感じるファセットは、指にも馴染みが良く、周りの友達とも同じになることはなかったため選ばれたんだそう。

 

婚約指輪は、花嫁さんが憧れていたという「クルドパリ」。

石畳からインスピレーションを受けたもので、彫刻的なデザインが自由な愛を象徴しています。

 

リング

BOUCHERONの婚約指輪と結婚指輪

 

▼こちらの記事もおすすめ

 

永く愛せるマリッジリングに出会えるように

いかがでしたか?今回は、おしゃれな新郎新婦の素敵な結婚指輪をご紹介してきました。

ぜひこちらのCOLUMNを参考に、お二人にぴったりの永く愛せるマリッジリングを見つけてくださいね。

 

二人の薬指に輝く結婚指輪

ヒペリカム

ヒペリカム

これまで、数百人の花嫁さまの結婚式を記事として取り上げてきました。

この経験を活かして、花嫁さまにアイディアを発信したいと思います。

UPDATE: