WEDDING

COLUMN

ゲストが思わず持ち帰りたくなる!カリグラフィー席札がおしゃれ

ゲストが思わず持ち帰りたくなる!カリグラフィー席札がおしゃれ
by Hachi .

おしゃれウェディングにカリグラフィーは必須

招待状を含むペーパーアイテムや、当日ゲストをお迎えするウェルカムボードなど、ウェディングを彩るアイテムたち。

おしゃれ花嫁たちはこぞって、そんなアイテムの文字にカリグラフィーを選んでいます。

 

カリグラフィーとは、ギリシャ語で「美しい文字」という意味の、文字を美しく見せるための筆記手法のこと。

ウェディングアイテムにこのカリグラフィーを使用するだけで、グッとおしゃれに、洗練された雰囲気になるんです。

 

カリグラフィーがおしゃれなウェルカムボード

 

ゲストがそれぞれどこに着席するのかを示す席札も同じ。

自分の名前がカリグラフィーで美しく書かれていたら、きっとゲストは嬉しいはず。

せっかく用意するなら、おしゃれでゲストに喜んでもらえる席札にしたいですよね。

 

そこで今回は、ゲストが思わず持ち帰りたくような、おしゃれなカリグラフィー席札をご紹介します。

 

シェルプレートがおしゃれな席札

 

おしゃれなカリグラフィー席札の実例

アゲートスライス席札

ツヤツヤの光沢感と、マーブル模様が美しい「アゲートスライス」。

アゲートとは、「瑪瑙(めのう)」のことで、天然石の一種。それを切った(スライスした)ものをアゲートスライスと言います。

 

くすみピンクが大人かわいい

 

アゲートスライスの席札は、元々海外で人気を集めており、最近では日本のおしゃれ花嫁さんの間でもトレンドとなっています。

カラーによって印象が変わり、アゲートの美しさにカリグラフィーの優雅さが相まって、とっても上品。

一つ一つ微妙にマーブル模様が違うので、同じものが二つとないというところが特別感がありますよね。

 

ブルーなら涼し気で、サマーウェディングにも

 

シーグラスを使った席札

シーグラスとは、海岸で見かけるガラス片のことで、波の影響で表面が曇った質感がおしゃれ。

涼し気で爽やかな見た目なので、春~夏のウェディングにぴったり。

こちらもアゲートスライス同様、同じ形は二つとしてありません。

 

https://www.pinterest.jp/pin/789889222120966962/

 

 

▼こちらの記事もおすすめ

海外風のおしゃれ席札を手作り!シーグラスを使った結婚式席札の作り方

 

タイル席札

今なお根強い人気を誇るタイル席札。

繊細で表面にヒビが入りやすいため、取り扱いには注意が必要ですが、海外からのトレンドということもあり、タイル席札を選ぶ花嫁さんが後を絶ちません。

 

その中でも、この六角形がおしゃれと人気。

 

淡いカラーがナチュラルなタイル席札

 

▼こちらの記事もおすすめ

 

こちらのモロッカン風のコラベル形も、今や定番人気となっています。

同系色で何色か揃えて用意すると素敵。

 

コラベル型が上品なタイル席札

 

ミラー席札

こちらもタイル席札と同様に、六角形が人気のミラー席札。

いま流行中のメタリック素材と同様に、かっこよくスタイリッシュな印象になります。

テーブルコーディネートの引き締め役になってくれそう。

 

スタイリッシュなミラー席札

 

アクリル席札

「アゲートスライスやタイルなどに自分でカリグラフィーを書くのは、ちょっとハードルが高い…」という花嫁さんには、アクリル席札がDIYしやすいのでおすすめです。

予め好きなカリグラフィーのフォントで名前を印刷した紙を敷いて、その上にアクリルを置き上からなぞり書きするだけでOK。

裏面はカラーのアクリル絵の具でラフに塗りつぶすことで、よりおしゃれ度がアップします。

 

https://www.pinterest.jp/pin/67905906871166621/

 

 

▼こちらの記事もおすすめ

 

木製の席札

ナチュラル派の花嫁さんには、こんな切り株タイプの席札がおすすめ。

DIY素材として、Amazonなどでも購入することができます。

ナチュラルで温もりのある素材ですが、上品なカリグラフィーによって大人っぽさもプラスされ、グッドバランス。

 

https://www.pinterest.jp/pin/812759063980939646/

 

同じ木製でも少し変化を付けたいなら、コースターとしての席札はいかがでしょうか。

パーティー当日に使用するのはもちろん、ゲストへのプチギフトにもなります。

カリグラフィーの名入れなので特別感があって、パーティー後に自宅でも使うことができるので、ゲスト受け間違いなし!

 

https://www.pinterest.jp/pin/175429347966754810/

 

葉っぱを使った席札

緑いっぱいのガーデンパーティーをするなら、葉っぱにカリグラフィーを書いて席札にするのも素敵。

ナチュラルで可愛らしいだけでなく、トーションフラワーとセットにすればテーブル装花としての役割も。

 

https://www.pinterest.jp/pin/525373112760875407/

 

ペーパータイプの席札

定番のペーパータイプも、多くの花嫁さんから支持を集めています。

 

同じくウェディングのペーパーアイテムでは定番となっている、シーリングスタンプやトレーシングペーパーと、カリグラフィーがコラボするとこんなにおしゃれ。

ちょっとしたカードとして、裏面にはゲスト一人一人に席札メッセージを書いても◎。

 

https://www.pinterest.jp/pin/420945896419046332/

 

一見シンプルなペーパー席札でも、シルクリボンを結ぶだけでグッと素敵に。

複数カラーのリボンを用意して、ランダムに使用するのも◎。ゲストにブックマーカーとして使ってもらえそうですね。

 

リボンがアクセントになった席札

 

こちらはシンプルですが、水彩絵の具のグラデーションが美しい席札。

自分で描くとなると一見難しそうですが、水をたっぷり含ませた水彩絵の具を、筆を使って濃淡を出すだけなので、意外と簡単。

ウェディングのテーマカラーでグラデーションを作ると統一感が出ます。

 

https://www.pinterest.jp/pin/432134526730788011/

 

 

▼こちらの記事もおすすめ

ゲストに持ち帰ってもらえるほどおしゃれな席札に

いかがでしたか?

今回はおしゃれなカリグラフィー席札をご紹介しました。

 

席札はもはや、ゲストへのおもてなしアイテムの一つと言っても過言ではありません。

もしDIYするとなると、手間がかかったり、素材によってはやや高額になることもありますが、おしゃれなウェディングを叶えるためには席札もこだわりたいところ。

おしゃれな席札があればテーブルでの会話のきっかけになったり、持ち帰ってもらえると思うと、準備する側としても嬉しくなりますよね。

 

また、おしゃれなテーブルコーディネートを叶えるには、席札だけでなく、ナフキンやカトラリー、メニュー表などとのバランスも大事。

 

今回ご紹介した事例を参考に、ご自身のウェディングテーマに合った、とびきりおしゃれなカリグラフィー席札を準備してくださいね。

 

席札はナフキンとのコーディネートも大事

Hachi .

Hachi .

広告代理店営業 兼 フリーライター 兼 アラサー主婦。

2018年秋に挙式した卒花嫁です。

感度の高い花嫁様のお手伝いができるような情報を発信します。

UPDATE: