WEDDING

COLUMN

ピンクをおしゃれに取り入れる。結婚式アイディア10選

ピンクをおしゃれに取り入れる。結婚式アイディア10選
by aoikara

Clipする
Clipする

ピンクをテーマカラーにしたウェディングアイディア

ピンクだからこそ甘すぎない取り入れ方がおすすめ

コーラルやモーブをはじめとした、トレンドカラーであるピンク。ピンクというとフェミニンなイメージが強いですが、ARCH DAYS花嫁さんたちには甘くなりすぎない使い方がおすすめ。今回は、ピンクを活用したウェディングアイディアをご紹介します。

 

コーラルピンクのバリウェディング

 

ピンクを活用したウェディングコーディネート

1. くすみカラーのフラワーベース

コーラルピンクのテーブル装花には、同系色でもくすみカラーのフラワーベースを合わせるのがおすすめ。ポイントでテラコッタオレンジを取り入れると、全体の印象を引き締める効果が。

 

テーブルクロスやナプキンには、ホワイトではなくあえてくすみブルーを使用。ホワイトを避け、くすんだ色味を選ぶことでパキっとなりすぎずにコーラルピンクの花々がコーディネートに馴染みます。

 

https://www.pinterest.jp/pin/292593307040007159/

 

2.コーラルピンクのウェディングケーキ

コーラルピンクのクリームを施した二段ケーキ。上下でクリームの塗り方を変えるシンプルなアレンジと、淡い色味の花を添えてフェミニンさを控えたデザイン。

 

ケーキスタンドは、定番であるウッド調のデザインだとエレガントに、こちらのようにクリアピンクを合わせるとスタイリッシュな印象になります。ケーキだけでなくスタンドでも印象を操ることができるので、ぜひこだわってみて。

 

https://www.pinterest.jp/pin/360991726357477390/

 

3.ピンクのウェディングアーチ

ピンクの装花を施した、円形のウェディングアーチ。ウェディングアーチやガゼボは結婚式のメインシンボルとなるので、ぜひテーマカラーを取り入れて全体の統一感を図りたいところ。

 

コーラルピンクのウェディングアーチ

 

装花部分をアップしてみると分かるように、ピンク・ホワイトのバラやアネモネなどにグリーンやパンパスグラスをプラスし、フェミニンな印象になりすぎない絶妙なバランスが施されています。

 

絶妙な色使いがとびきりおしゃれ

 

4.ダスティーピンクのブライズメイドドレス

ウェディングに花を添えてくれるブライズメイド。せっかくなら明るい色のドレスをチョイスしたいですよね。

 

ガーリーになりすぎるのではと懸念されがちなピンクですが、このように少しくすみがかったダスティーピンクはどのようなテイストのパーティーにも合わせやすくておすすめ。白肌やヘルシーな日焼け肌など、様々な肌色の方に似合うのも嬉しいポイント。

 

ダスティーピンクのブライズメイドドレス

 

5.大人のお色直しに。落ち着いたピンクのカラードレス

絶妙なくすみカラーとフラワーモチーフの刺繡、バッグのリボンが素敵なこちらのカラードレス。絶妙な色使いや細身のストンと落ちるラインが、大人の女性にぴったり。ゴールドのバングルとシンプルなヘアスタイルのスタイリングもとびきりおしゃれ。

 

フラワーモチーフの刺繡が素敵なカラードレス

 

6.ピンクバイカラーのマーメイドドレス

もう少しエレガントにコーディネートしたい方は、同じピンクでもパキっとした色味を選んでみて。マーメイドをチョイスすればナチュラルになりすぎず、ホテルウェディングなどにもおすすめ。手元には、同系色のバレリーナブーケを合わせて。

 

バイカラーのマーメイドカラードレス

 

▽こちらのCOLUMNもおすすめ

 

7.くすみピンクのキャスケードブーケ

流れるようなラインが美しいキャスケードブーケ。ロイヤルウェディングなど、正統派の結婚式で選ばれることが多いデザインですが、このようにくすみピンクをチョイスすることでカジュアルダウンすることも◎。

 

くすみピンクのキャスケードブーケ

 

8.和装ウェディングに◎ピンクの胡蝶蘭ブーケ

こちらは和装ウェディングにピンクを取り入れたアイディア。淡いイエローやグリーンが美しい色打掛けには、アクセントとしてオレンジがかったピンクの胡蝶蘭を。

あえて小ぶりなブーケにすることで、和装の小物として馴染むのでおすすめ。

 

オレンジピンクの胡蝶蘭ブーケ

 

9.ピンクのリボンを使ったハンドファスティング

新郎新婦の演出「ハンドファスティング」

 

固くつながれた新郎新婦の手。結ぶのはシアーにたなびく様々なカラーのリボン。コーラルピンクのリボンもさりげなく色味を主張しています。

 

こちらは「ハンドファスティング」と呼ばれているセレモニー。挙式での指輪交換の前に、神父や友人に手をリボンや紐で結んでもらい、愛を誓います。

これから強固に結ばれていく、新郎新婦の絆を表しているかのよう。愛の誓いの新たな演出として、取り入れてみてはいかが?

 

10.ウェディングヘアにさりげなく取り入れる

ピンクの生花をヘッドパーツとして取り入れる際には、甘くなりすぎないように色味とサイズ、アレンジを工夫して。こちらはナチュラルなダウンヘアに、ブーケと揃えた小花を散りばめてアンニュイな雰囲気に。

 

モーブピンクの生花ヘッドパーツ

 

トレンドのピンクを上手に取り入れてセンスフルなウェディングに

いかがでしたか?今回は、ピンクのおしゃれな取り入れ方をご紹介しました。

 

ガーリーになりすぎてしまいそうと懸念されがちなピンクですが、トレンドのくすみカラーやマットな質感のものを上手に取り入れることで、アンニュイでモダンな仕上がりに魅せることも◎。

 

ぜひテーマカラーやアクセントカラーとして、上手にコーディネートしてみてくださいね。

 

くすみピンクの装花とブーケ

 

▽こちらのCOLUMNもおすすめ

 

 

aoikara

aoikara

いろんな幸せの形をご提案できる記事をお届けします。
読者の方の「あ、いいな」が見つかるように頑張ります。
恋愛はいつまで経っても初心者のフリーライターです。

UPDATE: