PARTY

COLUMN

ファーストバースデーから使えちゃう♪ナンバーピニャータの作り方【王冠の無料テンプレート付き】

ファーストバースデーから使えちゃう♪ナンバーピニャータの作り方【王冠の無料テンプレート付き】
by ARCH DAYS編集部

お祝い事にぴったりのピニャータ

「ピニャータ」とはメキシコやその他中南米で子どもの誕生日などに使われる、日本のくす玉のようなものを指します。近年は日本でも見かける機会が増えてきたのでなんとなく知っている方も多いのでは?

 

そんな「ピニャータ」は元々悪魔払いの要素が込められたゲームであることを知っていましたか?悪いものを追い払い(ピニャータを割り)中から出てきたキャンディーやおもちゃは天の神様からの褒美を意味したのだそう。それが長い歴史の中で、パーティーの定番アクティビティーへと変化していったのだとか。

 

https://www.pinterest.jp/pin/320600067203263183/

 

日本のくす玉のように「縁起の良いもの」として南米で親しまれているピニャータはきっと日本のお祝いごとにもマッチするはず。日本の夏の風物詩の「スイカ割り」のようにピニャータを割る楽しみがある上に、割れたときに中から出てくるお菓子やおもちゃを拾うワクワク感もあるため、パーティーに参加したキッズも盛り上がること間違いなし!

 

https://www.pinterest.jp/pin/378372806190585055/

 

”ナンバーバルーン”を”ナンバーピニャータ”にバージョンアップ

近年バースデーパーティーやお誕生日の記念写真ですっかり定番となった数字の形をした大きな風船の「ナンバーバルーン」。パッと見で年齢も分かってインパクトもあって可愛いけれど、だんだんシルバーやゴールドのシンプルなナンバーバルーンに飽きてきた人も多いのでは?

 

そんなナンバーバルーンをバージョンアップさせた「ナンバーピニャータ」がいま注目なんです。ピニャータにすれば見た目のインパクトはそのまま、なおかつ叩いて割るというアクティビティーにもなるので子どもたちも大喜び。ピニャータの存在は知っているけど実際に使ったことはないというママのために、今日はピニャータの作り方や楽しみ方をご紹介。

 

 

しかも今回はお誕生日らしく、ピニャータのアクセントとなる二種類の「バースデークラウン」のテンプレートをご用意。プリントアウトしてお好みの色の画用紙やゴールドやシルバーの厚紙に写して切るだけで、簡単にピニャータを飾りつけできて◎男の子と女の子、どちらにも使えるシンプルなデザインなので作る色や素材で使い分けてくださいね。(バースデークラウンの無料テンプレートは記事下部にてダウンロードできます)

https://www.pinterest.jp/pin/536843218072828481/

 

バースデークラウン付きナンバーピニャータの作り方

用意するもの

 

・ダンボール

・お好みのストリーマーや薄紙

・ハサミ

・テープのり

・ボールペン

・きり

・紐

・マスキングテープ

・定規

・クラウンの無料テンプレート

・クラウン用の画用紙

 

 

①ダンボールに作りたい数字を下書きする

②表面・裏面用に二枚切り取り、側面用に適当な太さのダンボールを用意しておく(中に入れるお菓子やおもちゃによって厚さを変えると◎)

③側面用のダンボールは、あらかじめ丸めておく(扱いやすくするため)

④側面に合わせ、ダンボールをマスキングテープで貼っていく

⑤片面貼り終えたら、お菓子を入れるための窓を作っておく

⑥反対面も貼り付ける

⑦お好みの色のフリンジを切り、下から順番にテープのりで貼っていく

⑧全部貼り終えたら、吊るし用の紐を通し、テンプレートを切り取ったクラウンを装着したら完成!

 

 

お子さんの年齢に合わせて、強度を調整するのがピニャータ割りを成功させるコツ。まだまだ叩く力が弱い年齢のキッズの場合はマスキングテープの量は少なめにするのが◎逆に力が強くなってきた4,5歳キッズの場合はマスキングテープをセロテープに変えて、留める箇所を多めにして頑丈に作るのがおすすめ。

 

あまりにも割れにくかったり、逆にすぐに割れてしまってあっけなく終わってしまわないようにお子さんの力を予測しながら調整してみてくださいね。

 

赤ちゃんでも大丈夫!年齢に合わせてピニャータの作り方を工夫

通常ピニャータは叩いて壊すため、ある程度年齢がいったお子さんじゃないと出来ないと思っているママも多いはず。

 

ピニャータをくす玉のような作りにしておけば、割るために叩くのではなく引っ張るだけで割れるので1歳くらいのお子様でも楽しめますよ。ピニャータが割れて中からお菓子やおもちゃが出てきた後に一生懸命それを拾う可愛いわが子のシャッターチャンス。きっと年齢ごとに楽しみ方も変わって、お誕生日のたびに子どもの成長を感じることが出来る大事なイベントになりそう。

 

https://www.pinterest.jp/pin/11399805283783913/

 

https://www.pinterest.jp/pin/489625790724599152/

 

ファーストバースデーにぴったり!くす玉式ピニャータの作り方

作り方は先ほど紹介したナンバーピニャータとほとんど同じ。くす玉式にするには引っ張る部分が必要なので、ピニャータの底の部分に大きめの穴を作っておくのを忘れずに。(※①~⑧までの作り方は上記のナンバーピニャータの作り方を参照)

 

⑨底をふさぐための段ボールをあらかじめ切っておく

 

 

⑩底はフリンジにせず、ただ薄紙やストリーマーを貼るだけでOK

 

 

⑪中央部分にキリで穴を開け、取っ手となるフリンジやリボンを通す(この時、子どもでも持ちやすい太さや長さにするのが◎)

 

 

⑫底の穴に取っ手を付けたダンボールを入れ、蓋にすれば完成!(1,2歳の子供が引っ張る用なので、入り口をテープで留めないのがコツ)

 

 

 

引っ張るだけなので、力の弱い小さなお子さんでも安心して楽しめる「くす玉式ピニャータ」の完成!叩いて壊すことはないので繰り返し使えるのも嬉しいポイント。

 

ナンバーピニャータでいつもと一味違うバースデーパーティーを

いかがでしたか?存在は知っていたけれど作り方を調べると大変そう・・と思っていた方もダンボールなら意外と簡単に作れるピニャータ。細かいところは気にせずに、大胆に楽しみながら作るのがポイント。フリンジを作るのが面倒と感じる方は画用紙を貼るだけもOK。無料テンプレートのクラウンを付けたり、底の部分にアクセントのフリンジを付けたり、お好みの作りやすいものでアレンジしてみてくださいね◎

 

一年の無病息災を願い自分の年のピニャータを壊すピニャータ割りは、きっと素敵な思い出となるはず。今年のお誕生日はお子さんの年齢に合わせたピニャータでお祝いしてみては?

 

DOWNLOAD

・画像データをそのまま、もしくは加工して、複製/配布/転載することはできません。

・商用利用はできません。

 

A

A

昔からバースデーやクリスマスなど身近なイベントをプロデュースするのが大好き。サンフランシスコに一年住んでいた経験もあり、海外の可愛い情報を集めるのが趣味。

 

ARCH DAYS Website:http://archdays.com/

Facebook:https://www.facebook.com/archdays.official/

Instagram:https://www.instagram.com/archdays/

Pinterest: https://jp.pinterest.com/archdays/

UPDATE: