WEDDING

COLUMN

こだわりのウェディングシューズで迎える結婚式

こだわりのウェディングシューズで迎える結婚式
by hypericum

Clipする
Clipする

こだわりのウェディングシューズで新しい一歩を

人生の新しい一歩を踏み出す結婚式。そんな結婚式で履くウェディングシューズは、花嫁さんにとって特別なもの。だからこそ、ウェディングドレスを選ぶ時と同じくらいウェディングシューズはこだわって選びたいアイテム。

 

素敵なウェディングシューズで踏み出す一歩

 

ウェディングシューズは結婚式当日に履くのはもちろんのこと、記録として写真に収めることも。おしゃれなウェディングシューズを収めた写真はとっても素敵。

 

アイテムショットとして残す

 

また、ウェディングシューズを選ぶ際、ドレスと身長の関係でヒールの高さが決まることもありますよね。そんな場合は、挙式・披露宴では他のシューズを履き、写真を撮影する際にだけこだわりのシューズを履くという花嫁さんもいるんだとか。

 

こだわりのウェディングシューズ

 

今回こちらでは、ARCH DAYS花嫁さんのこだわりのウェディングシューズをご紹介。

 

▽ARCH DAYS花嫁さんのウェディングシューズをチェック

 

シンプルでエレガント

パール調の飾り

パールが好きな花嫁さんが選んだのは、BRIDE AND YOUの「Anita」。パール調の飾りがエレガントな雰囲気を演出。韓国のソウルに拠点を構えるBRIDE AND YOUは、「結婚式の時だけでなくその後も長く使えるカスタムメイドの靴が良い」と考える韓国の花嫁のために作られたブランド。現在は、韓国の花嫁だけでなく、世界中の花嫁に選ばれています。

 

パール調の飾りがエレガントなウェディングシューズ

 

上品なシャンパンゴールド

身長とドレスのバランスを考えると12㎝ヒールのシューズが良いということで、Christian Louboutinのレッドソールに。Christian Louboutinは、12㎝もある高いヒールを長時間履いていても足が痛くなりにくいよう計算しつくされたデザインのため、高いヒールに不安を持つ花嫁からの支持を得るブランド。

 

カラーは上品で合わせやすいシャンパンゴールドにすることで、ウェディングドレスにもお色直しのドレスにも◎シリコン製の滑り止めの中敷き敷き、オープントゥの先から爪の先が飛び出たり、爪先部分の形が崩れることもなかったんだとか。

 

合わせやすいシャンパンゴールドのウェディングシューズ

 

花嫁さんがレッドソールのウェディングシューズを選んで良かったと思えたというショット。ウェディングドレスの裾からちらりと見えるレッドソールは、とってもおしゃれ。

 

ちらりと見えるレッドソール

 

レーシーな一足

ヒールにまでレースが施されたJIMMY CHOOのレースパンプス。クラシックな会場で、ノーブルで洗練された雰囲気の結婚式を行った花嫁さんにぴったりの一足。

 

レーシーなウェディングシューズ

 

宝石のような輝き

元祖ビジューパンプス

エレガントなデザインにも関わらず走れるほど履きやすいと人気のMANOLO BLAHNIKの元祖ビジューパンプス「HANGISI」。宝石のように輝くビジューは、思わずため息がでるほど。

 

エレガントなウェディングシューズ

 

キラキラと輝く一足

アメリカの花嫁さんから人気を集めるブライダルショップBHLDNで購入したBadgley Mischkaのメッシュパンプス。ガーデンでの太陽や会場のライトに照らされて、キラキラと輝く一足。

 

キラキラと輝くウェディングシューズ

 

ビジューのライン

ドレスが人気のJenny Packhamですが、実はシューズも素敵。大人可愛いコーディネートを叶えるために選んだという一足は、ビジューのラインが足元を華やかにしてくれます。かかと部分までビジューが施されているので、バックスタイルも素敵に。

 

結婚式_ウェディングシューズ_ガーデンウェディング

大人可愛いウェディングシューズ

 

サムシングブルーを取り入れて

花嫁さんの中には、サムシングブルーとしてウェディングシューズにブルーを取り入れる方も多いもの。

鮮やかなブルー

ウェディングシューズはサムシングブルーにすると決めていたという花嫁さんが選んだのは、鮮やかなブルーが目を惹くSergio Rossiの12㎝ヒール。安定感があり、当日もストレスを感じることなく履くことができたんだとか。

 

サムシングブルーのウェディングシューズ

 

ウェディングシューズ専門店のBENIR

ウェディングシューズ専門店のBENIRのシューズはインソールがブルーであることから、サムシングブルーを取り入れたい花嫁さんにも人気のシューズ。BENIRは、ドレスのデザインや丈に合わせて、素材やデザインを選べます。メンズシューズの取り扱いもあり。

 

中敷きがブルーのウェディングシューズ

 

普段使いしやすいデザイン

センターシームがアクセント

「キラキラ艶々ではなく、ヒールも高すぎないものを」ということにポイントをおいて選んだというETRE TOKYOのセンターシームパンプス。チャンキーヒールは履き心地も抜群で、ドレスを決める前からこの靴を履こうと決めていたんだとか。

 

大胆なセンターシームは、足袋を思わせるデザインで個性的。甲部分の深めのVカットは、足元をすっきりと演出してくれる上に、抜け感をプラス。

 

普段使いもできるウェディングシューズ

 

サイドの空きで抜け感を

PICHE ABAHOUSEのバタフライオープントゥパンプス。ウェッジソールなので軽くて歩きやすく、サイドの空きは抜け感を演出し、バタフライ型のカットが足を美しく見せてくれて◎

 

足元を美しく見せるウェディングシューズ

 

カジュアルすぎないデザイン

パールが大好きだという花嫁さんが選んだのは、TSURU by Mariko Oikawaのパール調付きのサンダル「Perle」。甲のベルトとアンクルストラップの部分にパール調の飾りがあしらわれた上品な一足は、「カジュアルになりすぎず少し女性らしさがあるデザインが良い」という花嫁さんの希望にぴったり。

 

新郎はBEAMSのパテントローファー、お子さんはIFMEのシューズに。家族みんなブラックで統一。

 

パール調の飾りが素敵なウェディングシューズ

 

柔らかな履き心地のバレーシューズ

おしゃれだけれども主張しすぎない雰囲気を目指した花嫁さんが選んだ、porselliのバレーシューズ。柔らかな履き心地は、オペラ劇場や国立ダンスアカデミーなどの御用達ブランドである老舗バレエ用品メーカーだからこそなせる業。シューズの履き口には足先のリボンが通っていて、そのリボンを絞って調節が可能。

 

主張しすぎないバレーシューズ

 

上品な透け感

BEVERLYのオールメッシュ素材のバレーシューズ。上品な透け感が洗練された雰囲気を醸し出す一足。フラットタイプのシューズは、ヒールが苦手な花嫁さんにも人気。

 

上品な透け感のあるウェディングシューズ

 

結婚式はこだわりのウェディングシューズで

今回こちらでは、AECH DAYS花嫁さんのこだわりをたっぷりと感じられるウェディングシューズをご紹介しました。ぜひこちらのCOLUMNを参考に、こだわりの一足で結婚式を迎えてくださいね。

 

結婚式はこだわりのウェディングシューズで

ヒペリカム

ヒペリカム

これまで、数百人の花嫁さまの結婚式を記事として取り上げてきました。この経験を活かして、花嫁さまにアイディアを発信したいと思います。

UPDATE: