WEDDING

COLUMN

自分史上最高にかわいく。ブライダルメイクのアイディア

自分史上最高にかわいく。ブライダルメイクのアイディア
by nobi-non

Clipする
Clipする

ブライダルメイクは素敵な花嫁さんになるために欠かせない要素

メイク一つで花嫁さんの印象はがらりと変わる

 

結婚式は人生の特別な一日。だからこそ自身が納得できる、美しい姿で当日を迎えたいですよね。

 

ドレスやヘアスタイルなど花嫁ビューティーを叶えるポイントはさまざまありますが、やっぱり大切なのはブライダルメイク。メイクの仕上がりによって、花嫁さん自身の美しさをより引き立てることも可能なんです。

 

そこで今回は、押さえておきたいブライダルメイクのポイントをご紹介します。

 

2020年ブライダルメイクのトレンドは【盛らないのに華やか】

現在のブライダルメイクは、盛りすぎないのが主流。「結婚式だから目元もリップも華やかに!」と欲張ってしまうと、ちょっぴり古い印象になってしまいます。

 

日常メイク自体のトレンドがシンプルに移行していることもあり、ブライダルメイクも頑張りすぎないのがポイントです。とはいえあまりにシンプルにしてしまうと、ウェディングドレスのボリュームや華やかさにお顔が負けてしまって、花嫁さんの良さを引き出すことができなくなってしまうことも。

 

ブライダルメイクは盛らないのがトレンド。だけど華やかさも忘れずに

 

そのため、【盛らないのに華やか】を叶えるには次の2つのポイントを抑えることが大切です。

・ベースメイクが一番大切

・ポイントメイクはアイメイクかリップのいずれかに重点を

 

それでは、具体的にどのようなメイクをしていくか見ていきましょう。

 

肌は艶っぽく仕上げて

ブライダルメイクで最も大切なのが肌。「肌は七難隠す」と言われるように、肌がきれいだとそれだけで印象がガラッと変わります。

 

メイクで華やかさを出そうと思うと、ついアイメイクやリップに集中しがち。だけど肌だけでも華やかさをプラスすることができるんです。

 

光を反射するリッチな肌が花嫁さんを引き立てる

 

肌で華やかさを出すポイントは、艶っぽく仕上げること。人は光っているものに美しさを感じるので、肌が会場の照明を少し反射するくらいリッチにするのがおすすめ。

 

艶肌に仕上げるためにはクリームファンデを使用すると◎。さらにハイライトをおでこ、鼻筋、頬骨、あごにプラスして艶を出しましょう。また、気になるお肌のトラブルはファンデーションを厚塗りするのではなく、コーンシーラーで狙い撃ちして隠してもらってくださいね。

 

目元はまつげを主役に

結婚式のアイメイクはまつげが主役。ビューラーで丁寧に持ち上げて、まつげ一本一本にボリュームが出るようにマスカラをオン。結婚式に合わせてまつげエクステをつけたり、当日つけまつげをつけたりするのも、伏し目の写真がとても美しく映るのでおすすめ。

 

まつげはボリューミーに

 

目元にポイントを置く場合

目を強調して大きく見せたい花嫁さんは、ブラウンやオレンジなど肌なじみのよい色のアイシャドウで陰影を。特にオレンジのアイシャドウは人気が急上昇中。2020年、旬な花嫁姿を実現してくれそう。

 

ブラウンアイシャドウは肌なじみが良く、目を大きくしてくれる定番カラー

 

オレンジのアイシャドウはこれからどんどん流行しそう

 

リップにポイントを置く場合

リップを引き立てたい花嫁さんは、アイシャドウはごくごく控えめに。パールや細かいラメの入ったヌーディーカラーをチョイスして華やかさをプラスして。

 

パールやラメが目元を引き立ててくれる

 

リップはピンクリップorマットな赤リップを

ピンクのリップはブライダルメイクの定番

リップにポイントを置く場合でも、目元にポイントを置く場合でも活用しやすいのがピンクのリップ。リップにポイントを置く場合は、艶のあるものを。アイメイクが控えめでも、リップがもつ艶感のおかげで美しく華やかな印象に。

 

ツヤツヤなピンクリップで大人カワイイ花嫁さんに

 

一方アイメイクに重点を置く場合は、マットなものを選ぶと◎。主張しすぎないけど彩りはプラスしてくれる優れものです。

 

マットなピンクリップは名脇役になってくれる

 

赤リップもまだまだ人気

普段のトレンドメイクでは赤リップの勢いは落ち着いてきた印象。しかしウェディングシーンではまだまだ根強い人気です。赤リップはそれだけで顔色をぱっと明るくしてくれる優れもの。かわいくなりすぎないので、エレガントウェディングや大人婚にもピッタリ。

 

かわいくなりすぎない赤リップは大人に似合うアイテム

 

また、和装にも赤リップはおすすめ。純白に包まれる白無垢ではアクセントとして大活躍。

 

「紅をさす」という日本語があるように、赤リップと着物は相性のよい組み合わせ

 

さらに、あでやかな色打掛は存在感抜群。色打掛のゴージャスさに負けないためにも赤リップは有効。

 

ゴージャスな色打掛は淡いメイクだとお顔が負けがち。赤リップでキリっと引き締めて

 

眉は淡く仕上げて

髪色に近い、淡い色の眉色に

 

目元やリップにポイントを置く分、眉は存在感薄めに。太さは残しつつ、色味を抑えるのを意識して。眉色はヘアカラーと同じ色か、眉の方を一段感明るくするとGOOD。結婚式に合わせてヘアカラーをする人は、美容院によっては眉も一緒に染めてくれるので相談を。

 

チークはほんのりが正解!

チークはさりげなく。だけど形は意識して

 

眉と同じように、チークも主張しないのが正解。「チーク、塗ってる?」と思われるくらいさりげなく入れるのがポイント。

 

ほんのり入れるチークでも、その入れ方によって雰囲気は変わってきます。かわいい印象にしたいという花嫁さんは、丸を意識した形に。一方、クールで大人な印象にしたい花嫁さんは横長や頬骨に沿ってチークを入れてもらって。

 

ポイントメイクはパーソナルカラーを参考に

パーソナルカラーに合わせた色のメイクをするとGOOD

 

ポイントメイクで悩むことの一つが色味。ピンクのリップといっても青みがかったローズピンクからオレンジ寄りのコーラルピンクなどバリエーションはさまざま。しかも人によって似合うピンク、似合わないピンクがあるのでどの色を選べばいいか困ってしまいますよね。

 

そんなときにおすすめしたいのが、パーソナルカラー診断。自分に本当に似合う色を調べることができます。先日行われたARCH DAYS主催のウェディングイベント“It’s my Wedding2019”でも、パーソナルカラーを参考にしたメイクのデモンストレーションが大好評でした。

 

イベントではメモや写真を撮る人多数

 

パーソナルカラーはできればプロに診断してもらうのがおすすめですが、瞳や肌の色から自分で簡易診断することもできます。こちらのCOLUMNでパーソナルカラーの簡易診断ができるので、ぜひ一度試してみて。自分に似合う色を参考に、メイクアイテムの色をチョイスしてみてくださいね。

 

▽こちらのCOLUMNもおすすめ

 

ブライダルメイクで美しい花嫁さんに

ブライダルメイクは、花嫁さんを引き立てる大切な要素。だからこそ、しっかりポイントを抑えて自分のなりたい花嫁姿をメイクさんに伝えていきましょう。

 

 

ブライダルメイクでより美しい花嫁さんに

nobi-non

nobi-non

2017年挙式。

自身の結婚式の経験から、花嫁さんが欲しいと感じる情報を発信していきたいと考えています。

臨床検査技師という医療系国家資格を生かし、女性に寄り添う医療・妊活ライターとしても活動中です。

Twitter:@nobi_nonchan

UPDATE: