WEDDING

COLUMN

意外に悩むポイント。ゲスト用ナプキンのカラーとたたみ方

意外に悩むポイント。ゲスト用ナプキンのカラーとたたみ方
by nobi-non

Clipする
Clipする

ゲストテーブルは最大のおもてなしの場

ナプキンにもこだわって

結婚式に参列するゲストが最も長く時間を過ごすゲストテーブル。快適に過ごしてもらうことを考えると、他のどの場所よりも心を配りたい部分ですよね。

 

ゲストテーブルはゲストが最も長く過ごす場所

 

準備の際には、つい装花やテーブルクロスにばかり気を取られがちになりますが、ナプキンにもぜひ注目を。ナプキンはゲスト一人ひとりが手に取るものだからこそ、印象に残りやすいアイテムなんです。

 

今回は、ゲスト用のナプキンの色やたたみ方をご紹介。こちらのCOLUMNを参考に、ぜひナプキンを使ったテーブルコーディネートを考えてみてくださいね。

 

▽ARCH DAYS花嫁さんのテーブルコーディネートをチェック

 

ホワイトナプキンの可能性は無限大

ナプキンといえばハリのある白いナプキンをイメージする方が多いのでは?白のナプキンは、上品さや清らかさを感じさせてくれるアイテムですよね。

 

そんなホワイトナプキンも、たたみ方によって印象がガラリと変わります。

 

ナプキンを長方形にたたむ

一回り大きくなるようにナプキンをたたむとバランス◎

 

ホワイトナプキンの定番のたたみ方は長方形。結婚式では一緒にメニュー表をセットすることも多いです。メニュー表は縦長のデザインが多いので、長方形にたたまれたナプキンはバランスがとれた印象になります。

 

ナプキンをくるくる巻く

ちょこんと添えられたグリーンで、ゲストの心はほっと和らぎそう

 

こちらは端からくるくると巻いたナプキンをオン。ナプキンの面積が減るので、装花をはじめとしたテーブルコーディネートに注目してほしい場合や、テーブルの上にゲストへのプレゼントを置く場合に適したスタイル。

 

ナプキンに小物を添えるとおもてなしの心が伝わりますね。ナチュラルウェディングなら、グリーンをさりげなく添えて。

 

ナプキンをデルタ折りにする

ピラミッドのような立体感のあるデルタ折り

 

立体的にたたんだナプキンで、よく見かけるのがこのデルタ折り。ナプキンの中央部分にスペースができるので、席札やゲストへのプレゼントを置くスペースに。

 

装花も立体的に飾ってゴージャスに

 

デルタ折りのナプキンはゲストテーブルに立体感を生み、シンプルながらも華やかさを与えてくれます。この立体感を生かし、ゲストテーブルの装花は背の高いものをチョイスすると◎。色味が少なくとも、ボリュームのあるゲストテーブルに。

 

ナプキンを結ぶ

ふんわりとやわらかく結んだナプキンはナチュラルウェディングに

 

海外の結婚式では、ナプキンを結ぶアレンジが多くみられます。ゆるく結ぶナチュラルなスタイルは、トレンドのパンパスグラスと好相性。ドライフラワーを飾っても素敵。

 

https://www.pinterest.jp/pin/288300813631501430/

 

一方、きゅっときつく結んでナプキンの両端を出すスタイルはリボンのようなかたちに。少しスイート寄りの雰囲気にしたい花嫁さんにおすすめ。

 

思い出の写真を添えて

大切なゲストと思い出話に花が咲きそう

 

思い出の写真を添えると、当時の記憶がよみがえりますよね。結婚式はゲストに感謝を伝える場。昔を懐かしみながら、今日まで自分たちを支えてくれたゲストに感謝を伝えるのにぴったりです。

 

カラーナプキンは会場から浮かないように

テーマカラーにそろえたブルーグレーのナプキン

シックで媚びないスタイルの会場

 

会場全体をブルー系の色味で統一したこちらの結婚式。ゲストのドレスコードもブルーにすることで一体感が。

 

海外ウェディングでは定番のドレスコード。一体感が生まれる演出です。

 

もちろん、ナプキンも青みがかったグレーをチョイス。カトラリーやゲストの椅子を黒にすることで引き締まり、シックな空間に。

 

ブルーグレーのナプキンと黒のカトラリーでクールに

 

テーマカラーのグレーをナプキンでプラス

ホワイト、グリーン、グレーをテーマカラーにした結婚式では、リングピローもこの3色が基調に。

 

テーマカラーをベースにしたリングピロー

 

ゲストテーブルではナプキンをグレーにすることで、テーマカラーを統一。グレーをテーブルクロスやテーブルランナーに用いると、少し落ち着きすぎてしまうことも。その場合は面積の小さいナプキンでテーマカラーをそろえると◎。

 

グレーを控えめにすることで暗くなりすぎない

 

かわいすぎない暖色系を実現してくれるテラコッタのナプキン

かわいくなりすぎそうな会場をテラコッタで引き締めて

 

ピンクやオレンジといった暖色系は、あたたかみのある和やかな印象にしてくれる一方、スイートな雰囲気になりがち。そんな印象を抑えてくれるのが落ち着きのあるテラコッタ。かわいすぎない色味のテラコッタは上品な大人の空間を演出してくれます。

 

ナプキンをアクセントカラーにするときは割合に注意

アクセントカラーを決めようとしている方も多いのでは?アクセントカラーを使いこなすことができれば、会場は一気におしゃれな空間になります。

 

ただし気を付けてほしいのがその割合。アクセントカラーはあくまで空間にメリハリをつけるためにプラスするものなので、あまりに割合が高いとその効果が十分に発揮できません。

 

アクセントカラーを使うときには割合に気を付けて

 

アクセントカラーは全体の1割以下になるようにすると◎。こちらの写真のようにナプキンをメニュー表やプロフィールブックで隠したり、くるくる巻くスタイルにしたりするのがおすすめ。

 

ナプキンの扱いは会場によってさまざま

事前に相談しておくと◎

結婚式で用いられるナプキンは会場によっては買い取りになることも。また、「白であればレンタル、カラーナプキンを使うのであれば買い取り」というケースもあるため、事前にどのような扱いになるのか式場に確認しておくと安心です。もし買取になる場合は、結婚式の思い出としてゲストに持ち帰ってもらうといいですね。

 

使いたいナプキンのデザインは、事前に会場へ相談するのが◎

 

また、ナプキンの折り方も、式場によって対応はさまざま。変わった折り方でもサービスとしてセッティングしてくれる場合もあれば、「自分たちで折ってください」と言われることも。直前にバタバタしないためにも、この点についてもしっかりと確認しておくと◎。

 

テーブルコーディネートを決める際には、ナプキンにもこだわって

 

ナプキンは小さい分、テーブルコーディネートの中でもつい忘れてしまいがち。しかし、ナプキンはゲストが手にする大切なおもてなしアイテムなうえ、会場の印象も左右します。ぜひテーブルコーディネートを決めるときの参考にしてみてくださいね。

 

▽会場装飾のCOLUMNをチェック

nobi-non

nobi-non

2017年挙式。

自身の結婚式の経験から、花嫁さんが欲しいと感じる情報を発信していきたいと考えています。

臨床検査技師という医療系国家資格を生かし、女性に寄り添う医療・妊活ライターとしても活動中です。

Twitter:@nobi_nonchan

UPDATE: