WEDDING

COLUMN

みんな何を手作りしてる?ARCH DAYS先輩花嫁さんのDIYアイテム

みんな何を手作りしてる?ARCH DAYS先輩花嫁さんのDIYアイテム
by nobi-non

Clipする
Clipする

先輩花嫁さんたちのDIYアイテム

卒花嫁さんのインスタグラムなどを見ていると、DIYしたアイテムを紹介されていることが多いですよね。

 

自分も何か手作りしてみたいと思いつつ、「難しそうだし、私たちにもできるのかな…。」「時間がかかって結婚式に間に合わないかも…。」と不安になってしまうプレ花嫁さんも多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、ARCH DAYS先輩花嫁さんの実例から、他の花嫁さんたちがどんなものを、どんな風にDIYしているのかをご紹介します。中には大変そうに見えて、実は意外に作りやすいアイテムも。

 

ぜひこちらのCOLUMNを参考に、二人の結婚式をより素敵なものに作り上げてくださいね。

 

DIYといえばこれ!ペーパーアイテム

ゲストファーストな招待状

結婚式に何度も出席していると、大体の所要時間などがわかってくるもの。しかし初めて出席するゲストには、なかなか結婚式のイメージが湧きづらいということも。

 

結婚式のタイムテーブルを記すことで、ゲストは予定を立てやすい

 

そんなゲストにも配慮したこちらの招待状。会場の写真や、当日のタイムテーブルを記載することで、ゲストの結婚式に対する不安が和らぎます。アクセスやドレスコードにも、イラストを加えると分かりやすくて◎。

 

前撮りの写真を生かしたプロフィールブック

結婚式当日は、バタバタと過ぎていってしまうもの。だから、前撮りを済ませる新郎新婦も多いですよね。「前撮りの写真も見てみたい!」というゲストも多く、プロフィールブックに使うことでとても喜んでもらえます。

 

結婚式のテーマに合わせた前撮り写真をプロフィールブックに

 

プロフィールブックに使用する写真は、結婚式のテーマに合うような写真になるように意識を。モダンな結婚式なのに、ナチュラルウェディング風の写真を使うと、ちぐはぐな印象になってしまうこともあるので注意して。前撮りのカメラマンに、あらかじめ結婚式のテーマを伝えておくと安心ですね。

 

新郎新婦の生い立ちがわかるプロフィールブック

結婚式でゲストが楽しみにしていることの1つが、新郎新婦のプロフィール紹介で幼少期の写真を見ること。しかし、結婚式準備が忙しい時期にムービーの作成もするとなると、新郎新婦の負担はとても大きくなってしまいますよね。

 

幼少期の写真をゲストブックに使うと、じっくり見てもらいやすい

 

だから、幼少期からの生い立ちをまとめたプロフィールブックを作ると◎。ゆっくりと座って見られるので、待ち時間の解消にもつながります。

 

お家に帰ってからも使える席札サシェ

席札も、DIYしやすいアイテムの1つ。紙の席札なら、ゲスト一人ひとりにメッセージを添えることもできますね。

 

しかし、「結婚式後にも使えるものをプレゼントしたい!」と思うなら、席札サシェを作るのがおすすめ。アロマオイルやコロンで香りづけすれば、車やクローゼットの芳香剤として活用することができます。

 

ゲストへのメッセージを添えたい場合は、リボンにメッセージカードも一緒に通せばOK。

 

簡単でたくさん作りやすい席札サシェ

 

作るのが難しそうに見えますが、実はとっても簡単。こちらのページでご紹介しているので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

▽こちらのCOLUMNもおすすめ

 

お車代袋

遠方ゲストに用意する、お車代。ご祝儀袋やポチ袋を使うのが基本ですが、気の置けないゲストには、オリジナリティあふれるお車代袋も素敵。なかなか好みの袋が見つからない場合も、DIYすると納得するものができますよ。

 

お車代袋など、細部にまでこだわって

 

ARCH DAYSでは、お車代袋のテンプレートも無料でダウンロード可能です。ぜひ活用してくださいね。

 

▽こちらのCOLUMNもおすすめ

 

空間をワンランク上にしてくれるテーブルナンバー

フェアリーライトを閉じ込めた幻想的なテーブルナンバー

最近手作りする方が多い、ボトルを使ったテーブルナンバー。そんなガラスボトルのテーブルナンバーには、アクセントをプラスして個性をだして。

 

フェアリーライトを閉じ込めるだけで、テーブルナンバーが一気におしゃれアイテムに

 

フェアリーライトを中に閉じ込めると、ぼんやりと光り輝くロマンティックなテーブルナンバーに変身。ムーディーな夕暮れ~夜の結婚式にぴったり。

 

リングピロ-は結婚式後にも使えるアイテム

結婚式で、結婚指輪を置いておくリングピロー。結婚式後は使い道がないから、式場のものを借りようと思われがちなアイテム。しかし、実はリングピローは、結婚式後でも使う場面があるんです。

 

仕事の関係で普段は指輪をつけられない方や、食事を作るときや顔を洗うときなど、指輪を外す習慣のある方も多いはず。このように、指輪をつけたり外したりする機会の多いカップルは、ぜひリングピローにもこだわってみて。

 

結婚式後は指輪の定位置として活用

 

「指輪を外した後、どこに置いたかわからない!」「指輪が手から滑り落ちて、どこかに行ってしまった!」というトラブルはよく聞く話。だけど、結婚式で使ったリングピローを結婚指輪の定位置にすれば、このようなトラブルは起こりにくくなりますよ。

 

グリーンやドライフラワーを敷き詰めたリングピロー

ナチュラルウェディングが根強い人気の今は、リングピローにもグリーンやフラワーを取り入れて。グリーン多めのデザインなら、モスを全体に敷き詰め、数種類のフェイクグリーンを挿すと難しくありません。

 

自由にフェイクグリーンを挿すだけでナチュラルなリングピローに

 

一方、グリーン少なめのデザインにする場合は、小さいドライフラワーを敷き詰めればOK。色味や花の置き方によって印象がガラリと変わるので、二人のセンスの見せ所。

 

たくさんの花材を使う場合は、こだわってセンス良く

 

モダンウェディングなら天然石が好相性

モードな結婚式をテーマにするなら、リングピローに天然石を使ってみて。水晶には、浄化や魔除けなどのパワーもあるといわれていて、結婚式にはぴったりのパワーストーン。原石のまま使うと、媚びないクールなリングピローが完成。

 

天然石の原石を使うと、モードな雰囲気に

 

少しやわらかさをプラスしたいなら、小粒の天然石を敷き詰めて。

 

同じ天然石でもサイズや精製によって雰囲気が変わる

 

サンドセレモニーのフレームは簡単に作れる

結婚式の演出として、定番となりつつあるサンドセレモニー。ゲストとの共同作業になる上に同じサンドアートは二度と作れないという点が、新郎新婦さんたちに大人気。

 

サンドセレモニーは人気急上昇中の結婚式の演出

 

サンドセレモニーのフレームは市販のものもありますが、フレームに添える文字は、せっかくなら自分の結婚式に合わせたいもの。

 

サンドセレモニーのフレームもDIYで

 

いかにも難しそうなフレームのDIYですが、ARCH DAYSではサンドフレームの作り方も写真付きで解説。ぜひ手作りしてみて。

 

▽こちらのCOLUMNもおすすめ

 

カラーサンドは、あらかじめ決まった量を小瓶に詰めておくのがおすすめ。ゲストが自由に砂の量を決められるようにしたものもありますが、綺麗なマーブル模様にならなかったり、周りに砂が散らばりやすいという欠点もあるので注意を。

 

準備は大変だけど、その分きれいなサンドアートが完成

 

プチギフトは量が多いので、手の込みすぎないDIYを

プチギフトのDIYは手軽さ重視で

 

プチギフトは数が多い分、あまり手の込みすぎないDIYをするのが正解。プチギフトとメッセージカードをホチキスやクリップで止めたり、シールを貼るだけでもオリジナリティのあるプチギフトに変身。

 

シールを貼るだけでも唯一無二のプチギフトに

 

ドレスに合わせてアクセサリーやブーケをDIY

「運命のドレスに出会ったけど、好みのアクセサリーがなかなか見つからない!」というよくあるお悩み。そんな時は、いっそのことアクセサリーをDIYしてみてはいかが?

 

ドレスのテイストに合わせたピアス

パールやビジューが、レース模様にほどこされたウェディングドレス。ぴったりのテイストのアクセサリーを探すのは、なかなか至難の業ですよね。

 

上質さを感じされるビジューとパールのウェディングドレス

 

そんなウェディングドレスに合わせて、ピアスをDIY。まるでこのドレスのために作られたかのような統一感が生まれます。

 

ウェディングドレスのデザインをもとにピアスをDIY

 

ARCH DAYSはウェルカムボード、エスコートカードのアイディアの宝庫

結婚式の会場で最初にゲストをおもてなしする、ウェルカムボードやエスコートカード。こちらも手作りするARCH DAYS先輩花嫁さんが多数。たくさんの素敵なアイディアがあるので、ぜひ下のリンクから実例を見てみてくださいね。

 

▽こちらのCOLUMNもおすすめ

 

 

DIYで二人らしいウェディングを

DIYの最大のメリットは、なんといっても二人のイメージ通りになること。既製品では「ちょっとイメージと違うな…。」ということもありますが、DIYなら自分好みの結婚式を作り上げることができます。

 

難しそうなDIYも、作り方がわかれば「意外に簡単かも…!」と思えるものがあるはず。計画的に準備を進めれば、結婚式の直前にDIYが終わらない!なんてこともありません。

 

ぜひARCH DAYS先輩花嫁さんの実例を参考に、DIYにチャレンジしてみてくださいね。

nobi-non

nobi-non

2017年挙式。

自身の結婚式の経験から、花嫁さんが欲しいと感じる情報を発信していきたいと考えています。

臨床検査技師という医療系国家資格を生かし、女性に寄り添う医療・妊活ライターとしても活動中です。

Twitter:@nobi_nonchan

UPDATE: