WEDDING

COLUMN

直訳すると駆け落ち婚!?今海外で人気急上昇のエロープメントウェディング

直訳すると駆け落ち婚!?今海外で人気急上昇のエロープメントウェディング
by Keiko Kasai

海外の新しいウェディングトレンドをARCH DAYSでどこよりも早くキャッチ

今海外では「#Elopement Wedding」がアツい!

今、海外の新婚カップルの中で人気急上昇しているエロープメントウェディングを知っていますか?

 

日本ではまだ馴染みの無い言葉ですが、インスタグラムやPinterestで「Elopement Wedding」と検索すると膨大な数のウェディングフォトがヒットします。

 

今回はアメリカ在住の空間デザイナーであり、様々なパーティーアイテムプロデュースをしているCreative Party Studio代表Keiko Kasaiが、噂の海外トレンドを紹介してくれます。実際に行われたエロープメントウェディングのフォトシュート現場に潜入した写真も。

 

直訳すると「駆け落ちウェディング」!?

若者に人気急上昇中のエロープメントウェディングってなに?

 

今、アメリカではエロープメントウェディングと呼ばれる結婚式のスタイルをとるカップルが続々と増えているのをご存じですか?

 

Pinterestの最近の調査でも 「#Elopement Photography Idea 」という検索ワードが128パーセント上昇という結果が出ているほど、今たくさんの新婚カップルが検索している新しいワード。

 

Elopementは日本語に直訳すると「駆け落ち」。

 

駆け落ちと聞くとちょっとドキっとしてしまいますが、実はエロープメントウェディングとは、家族や友人を呼んでの盛大な挙式はせずカップルのみ、もしくは少数の友人だけを呼んで結婚を誓い合う小規模のウェディングスタイルのことです。

 

誰も呼ばずに、たった二人だけで結婚を誓うので「駆け落ち」と表現しているんですね。

エロープメントウェディングって何をするの?

これが一番新しいウェディングのカタチ

 

エロープメントウェディングを選んだ多くのカップルは、行ってみたかった憧れの土地や海外へハネムーンを兼ねて出向き、最高のウェディングフォトをフォトグラファーに撮ってもらい、そこでたった二人だけで結婚を誓います。

 

結婚式の代わりに「結婚を誓う証」とするくらいなので、何処で、誰に、どんな風に撮ってもらうか?エロープメントウェディングの全ては、ここにかかっていると言っても過言では無いほど、カップルたちはみんなこのウェディングフォトの内容にこだわります。

 

 

挙式場で撮る結婚写真とは違って、カジュアルでリラックスした状況の中、二人が大好きな地をバックグランドに撮る写真は感動的でロマンチック。一生残るフォトジェニックな仕上がりに。

 

 

 

みんなどんな写真を撮影してるの?

二人が好きなテーマで自由なウェディングを

ひとことにエロープメントウェディングと言っても、その内容はみんな様々。とにかく二人にとって特別な場所で、好きなテーマで自由に撮影するのがポイント。

 

▼余計な装飾はいらない!大自然をバックドロップに

圧巻の景色の中で結婚の誓いを立てるというロマンティックな演出。広大な自然の中での撮影は定番の人気。

 

https://www.pinterest.jp/pin/863072716065869519/

 

https://www.pinterest.jp/pin/589901251172900531/

 

▼ほっこり可愛いピクニックスタイル

その場で簡単にピクニックのシチュエーションを作って撮影。ほっこりと可愛い印象。

 

https://www.pinterest.jp/pin/598626975446870070/

 

雪の中でのピクニックも!

https://www.pinterest.jp/pin/220606081732987355/

https://www.pinterest.jp/pin/138415388533170313/

 

▼かしこまらずに、自然でフランクな二人の姿を

ファッションやポージングも、二人らしい自然なものが素敵。

 

https://www.pinterest.jp/pin/545076361150877651/

 

https://www.pinterest.jp/pin/634866878702714780/

 

どんな場所でも、どんな服装でも、どんな風にでも、、、内容は、とにかく自由で無限大!!

「駆け落ち婚」とは言っても、本当に、両家から逃げるようにして婚姻することでは決してなく、
二人っきりでハネムーンと結婚撮影を終えた後、結婚したことを撮影した写真を用いて報告をしたり両親・友人を招いて、自宅やレストランでパーティーをするカップルも沢山います。

 

どうして今、Elopementなの?

本当に二人がしたい結婚式のスタイルを見つけて

 

大好きな人との結婚が決まって、必然的に考えること。
それは、、、「結婚式」のこと。

 

週末に限られた挙式の日取りの確保、招待するゲストの選別、席次、料理、引き出物の準備、ペーパー類の作成、、、、 そしてそれにかかる費用との睨めっこ。

 

来てくれる沢山のゲストに配慮しながら完璧な結婚式を遂行するために頭を抱えて悩むのは何処の国でも同じです。

そして、ふと思う事。

 

「自分たちが本当にしたい結婚ってなんだろう?」

 

 

今、ここまでエロープメントウェディングが若いカップルたちの心をつかんでいるのは、

「2人が、この先ずっと一緒だね!と心に深く誓うロマンティックな思い出とその思い出を、何度も何度も見たくなるようなフォトやビデオさえあれば十分じゃないか!」
そんな、常識に捉われず自分たちらしい結婚をしたいカップルが増えていること。

 

さらにそれぞれのカップルに合わせたカスタマイズに対応できるウェディング業界の多様化も大きな理由のようです。

 

テーマに合わせたウェディングケーキとデコレーション。

 

 

既存の結婚式会場には無い、自分たちにとって一番特別な場所で思い出の日を作る。
これぞ、エロープメントウェディングの醍醐味ではないでしょうか。

 

Do things your way, this wedding is about YOU!!

 

 

▼ARCH DAYSではKeiko Kasaiのママ向けキッズパーティー記事もたくさん掲載中!

 

 

Keiko Kasai

J BY COLLECTIVE

Keiko Kasai

⚪︎アメリカ/アリゾナ州 在住 

⚪︎光文社VERY 未来のミセスCEO2018 / J BY COLLECTIVEディレクター兼スタイリスト

 

クリエイティブな新感覚の海外ロケフォトサービス「J BY COLLECTIVE」 を2019年9月に設立。

おふたりが旅行を思う存分楽しめるよう、プラン&サポートをしながら

世界中を旅する日本人撮影チームがフォトジェニックでストーリー性のあるフォト&ビデオを撮影します。

 

インスタグラムでは、海外のトレンドや撮影アイディア・裏側など発信していきます。

 

WEB : coming soon

IG : @jbycollective

UPDATE: