WEDDING

COLUMN

活版印刷よりも手軽!“エンボッサー”で結婚式ペーパーアイテムをワンランクアップ

活版印刷よりも手軽!“エンボッサー”で結婚式ペーパーアイテムをワンランクアップ
by ARCH DAYS編集部

結婚式ペーパーアイテムで人気の活版印刷

活版印刷とは?

招待状などの結婚式のペーパーアイテムで人気の「活版印刷」ってご存知ですか?

 

活版印刷とは、別名レタープレスとも言い、金属や木に文字を彫って判子状にしたもの(活字)を並べて文章にした板(活版)を作り、それに塗料を塗って印刷する伝統的な手法のこと。

 

少し厚めの紙に施されたデコボコとした風合いのある印刷は、高級感があり結婚式のペーパーアイテムにはぴったり。

 

結婚式招待状を格上げしてくれる活版印刷

 

ただ活版印刷となると自分で手作りすることは難しく、オーダー必須なアイテムなので

「知った時には遅かった…」

「もう少し手軽に取り入れたい」

なんて新郎新婦さんも多いのでは?

 

エンボッサーって知ってる?

そんなおふたりにおすすめしたいのが、結婚式のペーパーアイテムをワンランクアップしてくれる「エンボッサー」。

 

活版印刷よりもっと手軽に、高級感のあるペーパーアイテムを自分で手作りすることができるので、

「活版印刷までとは言わないけど、オリジナルにこだわって作りたい!」

そんな花嫁さんに、ぜひ使ってほしいアイテムなんです。

 

エンボッサーとは

紙に文字や模様を浮き出して凹凸のスタンプを作る、エンボッサー。
欧米では公印として使用されるなど、日本で言う印鑑のようなものとして使われているものだそう。

 

 

エンボッサーに紙を挟んで型押しのスタンプをぎゅっと押すだけで、様々なアイテムにとっても手軽にエンボス加工を施すことができちゃうんです。

 

 

エンボッサーでペーパーアイテムをワンランクアップしよう

手軽にペーパーアイテムを素敵にワンランクアップしてくれる、エンボッサー。

ゲストもエンボス加工されたおしゃれアイテムを目にして、きっとびっくりしてくれるはず。

 

そこで今回はエンボッサーの魅力や購入方法、結婚式での活用方法などをご紹介いたします。

 

 

どこで手に入るの?

こちらのエンボッサー、専用サイトから手軽に手に入れることが可能。

ハンディタイプや、卓上型など、用途にあわせて選ぶことができます。

 

 

デザインがかたどられているのが、こちらのプレート。

エンボッサーにカチッとセットするだけで、挟んだペーパーに簡単にエンボス加工することができます。

 

こちらも用途にあわせて、丸型と角型からセレクトできて◎

 

 

プレートのデザインはどんなものがあるの?

プレートのデザインは「Thank you」「ありがとう」「祝」などの定型のものから、簡単なデザインや書体を選んで作る組み合わせデザインまで、様々なものをチョイスできます。

 

 

もしIllustratorが使えるなら、完全オリジナルのデザインをオーダーすることも可能だそう。

 

 

組み合わせデザインだけでも、たくさんのパターンのなかからお二人の名前や挙式の日付などデザインしてセミオーダーすることができるので、充分オリジナルなものを作成できそう。

 

詳しくはサイトをチェックしてみてくださいね。

 

 

結婚式でのオシャレな使い方

ぜひ結婚式で活用してほしいエンボッサー。

どんな使い方があるのか、例を交えてご紹介。

 

招待状に

招待状は、ゲストがまず最初におふたりの結婚式に触れるとても大切なアイテム。

招待状に刻印としておふたりのオリジナルロゴをスタンプしたら、きっとより印象的なものになるはず。

 

 

引き出物バッグに

結婚式でゲストにお渡しする引き出物。

それを入れる袋も、オリジナリティを出す花嫁さんが増えています。

 

こちらは引き出物バッグとして用意した布のトートバッグに、ロゴをスタンプしたタグをつけたもの。

大げさすぎないさりげない演出が、とってもオシャレですよね。

 

 

メニュー表にも

ゲストテーブルに置かれるメニュー表。

装飾の一部にもなるので、他のデコレーションを邪魔せず上手に個性を出すのに、悩んでいる花嫁さんも多いのでは?

 

こちらはシンプルな厚紙に印刷したメニュー表に、エンボッサーを押したもの。

ただスタンプするだけなのに、オシャレアイテムに格上げしてくれる効果が。主張がはげしくなく、上品にオリジナリティをアピールできて◎

 

 

今回はゴールドのシートメタルを貼ったうえからスタンプしてみました。

より高級感がアップして◎

 

▼こちらの記事もおすすめ

 

プチギフトに

こちらはプチギフトの瓶に、スタンプしたクラフトペーパーをかぶせて紐できゅっと結んだもの。

クラフトぺーパーの風合いが、ナチュラルウェディングやアウトドアウェディングなどにぴったり。

 

結ぶ紐も2色トゥワインにしたり麻ひもにしたり、リボンで結んだり…、様々なテイストで楽しめそうですよね。

 

 

芳名帳

受付に用意する芳名帳。手作りする花嫁さんが多いですよね。

端にさりげなくエンボッサーでスタンプすれば、手作り品でも高級感が一気にアップします。

 

 

▼テンプレートは下記記事より

 

お車代・お礼の封筒にも

遠方からのゲストへお渡しするお車代。

また受付や余興などをゲストにお願いした際にも、お礼をお渡しするのが一般的。

 

そんな封筒にもスタンプを押せば、ちょっとしたおふたりのオリジナル感を出すことができますよ。

 

 

シールとしても

専用のシールにスタンプしたら、オリジナルのエンボスシールをあっという間に作ることができます。

 

 

招待状に貼ったり、プチギフトに貼ったり。その用途はさまざま。

おふたりらしい使い道を探してみてくださいね。

 

 

エンボッサーでオリジナル感をアップ

いかがでしたか?

 

「何かちょっと足りないな…」

「もうすこしオリジナル感を出したいな…」

そんな時にちょっとした場所にスタンプするだけで、一気に高級感とオリジナリティがアップできるエンボッサー。

 

 

色々なアイテムに散りばめたら、全体的な統一感が演出できるのもうれしいポイント。

 

ぜひ結婚式に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

▼詳細はこちらから

http://hightide.co.jp/embosser/

 

▼作品例や使い方のコツなどはこちらから

@hightide_embosser

S

ARCH DAYS編集部

S

ハワイでの挙式、日本での披露宴を経験。女の子のママ。

情報集め大好き。手作り大好き。デザイン大好き。

自身の結婚式のペーパーアイテムはすべてパワーポイントで手作りしたツワモノ。

 

ARCH DAYS Website:http://archdays.com/

Facebook:https://www.facebook.com/archdays.official/

Instagram:https://www.instagram.com/archdays_weddings/

Pinterest: https://jp.pinterest.com/archdays/

UPDATE: