WEDDING

COLUMN

お花屋さんみたい!結婚式のテーブル装花は「グルーピング」がおしゃれ

お花屋さんみたい!結婚式のテーブル装花は「グルーピング」がおしゃれ
by Hachi .

そもそもグルーピングとは?

結婚式装花のアレンジメント方法の一つ

「グルーピング」とは、一つの花器に同じ種類の花だけを活けて、それをいくつか組み合わせて作るアレンジメント方法のこと。

その名の通り、“グループを作る”という意味です。

ゲストの席を彩る装花、アレンジメントの方法でイメージが変わるのです。

 

同じ種類の花を一まとめにグループにすることによって、それぞれの花の特徴が際立ち、その魅力がよりわかるのが特徴。

 

お花屋さんのような見た目が魅力

いろんな種類の花がグループを成して集まるその様子は、まるで「どのお花にしようかな?」と迷ってしまうお花屋さんみたい。

グルーピング装花にはガラスの花器が多く使われるのも特徴で、その爽やかさと華やかさは、これからの春から夏にかけてのウェディングシーンにもぴったりです。

 

今回は、そんなおしゃれなグルーピング装花の実例をご紹介します。

 

https://www.pinterest.jp/pin/365987907192536595/

 

グルーピング装花の実例をご紹介

オールホワイトで潔くまとめて

すべてホワイトの、異なる種類のお花を使ったグルーピング。

キャンドルもホワイトで統一して、テーブルランナーのグリーンをアクセントにした爽やかな色合わせ。

ナチュラルなガーデンウェディングに映えて、とっても可愛いコーディネートです。

 

ホワイト×グリーンが爽やか

 

こちらもオールホワイトのグルーピング装花ですが、先ほどのコーディネートとはがらりと雰囲気が変わり、グッとシンプルでスタイリッシュ。

細身のキャンドルとナフキンにブラックを取り入れて、全体を引き締めているモノトーンコーディネートです。

 

 

https://www.pinterest.jp/pin/487162884684154748/

 

ホワイトのお花はどんなカラーとも合わせやすく、他のアイテムのカラーによって、どんな印象にも自由自在に変化させることができます。

甘い雰囲気よりも、シックでかっこいいテイストが好きな花嫁さんにおすすめ。

 

https://www.pinterest.jp/pin/511228995197068935/

 

淡いマルチカラーでナチュラルに

流しテーブルに、淡いピンクやブルーのお花によるグルーピングがキュート。

ナチュラルで爽やかながら、さまざまな種類のお花が目に楽しいコーディネートです。

 

淡いピンクとブルーがナチュラル

 

スイート派には大人ピンク

チューリップとふわふわした花びらが特徴の芍薬は、大人可愛いフューシャピンクを選んで。

アンティークっぽい加工を施した花器が、お花の甘さを押さえていてグッドバランス。

 

最近のウェディングシーンではゴールドがトレンドですが、涼し気でクールな印象になるシルバーは、このように甘さを押さえる引き締め役として使うのがおすすめです。

 

https://www.pinterest.jp/pin/54254370490904160/

 

色違いのチューリップを組み合わせて

春のお花として大定番のチューリップ。

ぷっくりと可愛らしい形に加え、カラーバリエーションが多いので、春のウェディング装花でも人気のお花ですよね。

 

https://www.pinterest.jp/pin/123567583512555792/

 

こちらは3つのカラーチューリップをざっくりとアレンジ。

このように、カラーバリエーションが多いお花をいくつかのグルーピングにすると、統一感が出ておすすめです。

あまり見かけないアイデアなのでこだわりが表現できそう。

 

https://www.pinterest.jp/pin/480900066437337481/

 

爽やかなブルーで統一

爽やかなブルーのお花を集めて、花器までブルーで統一したテーブル装花。

あえて様々な色を使わず、ブルー一色にすることで、ゲストにもパーティーのテーマが伝わりやすいコーディネートです。

 

お花の種類も小花を使うことで、よりナチュラルでキュートな印象に。

 

爽やかなブルーが印象的なコーディネート

テーブル装花以外にも取り入れてみて

高砂装花に、くすみカラーのアジサイを

全体的に落ち着いた、くすみカラーでまとめられたグルーピング。

色の異なるアジサイと、ドライフラワーが使われています。

他の枝物の植物と合わせることで高さとボリュームが出るので、テーブルだけでなく高砂装花として取り入れるのもおすすめ。

 

結婚式

くすみカラーのアジサイがおしゃれ

ワザありな、エスコートフラワー

こちらは、とびきりキュートな春らしいお花を集めた装花。

ディスプレイとしてだけではなく、お花一本一本にゲストの名前が書かれたタグがついており、エスコートフラワーとして取り入れた事例です。

テーブルごとに異なるお花をグルーピングし、エスコートカードならぬエスコードフラワーにするという、なんともワザありな取り入れ方!

 

結婚式_フローラルウェディング_エスコートカード

春らしいさ満点のエスコートフラワー

 

グルーピング装花をおしゃれに見せるコツ

色もしくはトーンを合わせる

グルーピングをおしゃれにするコツは、なんといっても“統一感”。

お花の色を統一して、違う種類のお花を合わせたり、色はバラバラであっても色のトーン(明るさ)は統一させるのがベストです。

 

https://www.pinterest.jp/pin/17170042299588770/

 

花器の素材は統一させる

テーブルコーディネートに使われるグルーピング装花では、ガラスの花器が使われることが多いようです。

ガラス花器のシンプルさと爽やかさはダントツなので、グルーピング装花でいろんな種類のお花を活けても、ちぐはぐにならなくて◎

 

ガラス以外の花器を使う場合にも、陶器の花器ならすべて陶器に、シルバーの花器ならすべてシルバーなど、花器も統一させるとまとまりが出ておしゃれ。

グルーピングを用いておしゃれな装花にしよう

今回は、グルーピングという手法を用いた装花をご紹介しました。

花嫁さんの事例では、今流行中の流しテーブルに多く使われていることが多いよう。

流しテーブルにずらりと並ぶグルーピング装花は、本場の海外ウェディングのようで、とびきり素敵です。

 

https://www.pinterest.jp/pin/298785756503997572/

 

円卓の場合でも、グルーピング一つ一つに高さの違う花器を使って高低差を出すと、立体感が出るのでオススメ。

 

お花屋さんのような見た目が魅力のグルーピング。

お花屋さんの店頭って、眺めているだけでワクワクしますよね。

ぜひご自身のウェディングに取り入れて、グッとおしゃれで洗練された会場装花にしてみてはいかがでしょうか。

 

おしゃれなテーブルコーディーネートのガーデンウェディング

UPDATE: