WEDDING

COLUMN

人前式の演出に。「サンドセレモニー」フレームの作り方を徹底解説【無料テンプレート】

人前式の演出に。「サンドセレモニー」フレームの作り方を徹底解説【無料テンプレート】
by ARCH DAYS編集部

サンドセレモニーとは?

おしゃれな花嫁さんの結婚式で、最近よく見かけるようになった「サンドセレモニー」。

 

サンドセレモニーとは、様々な色のカラーサンドをひとつに容器に流し入れ、世界にひとつしかない唯一無二のサンドアートを完成させる挙式演出のこと。

 

細かい砂は一度混ざりあうともう別々に分けることができないため、「もともとは他人だったふたりが、これからはひとつの家族として生きていく」という誓いをたてる結婚式にはぴったりの演出ですよね。

 

結婚式の演出のひとつ「サンドセレモニー」

 

人前式でのゲスト参加型の演出に

アメリカから来た「サンドセレモニー」の文化は、もともとは新郎新婦二人のみが参加し、ゲストが見ている前でそれぞれカラーサンドを入れアートを完成させるというものでした。

 

https://www.pinterest.jp/pin/41728734028584351/

 

しかしここ数年、日本ではサンドセレモニーは「結婚証明書」のような意味合いも兼ねたものに。

 

受付をすませたゲストに挙式前にカラーサンドをフレーム型の容器に入れてもらい、挙式で新郎新婦がそこに最後の砂を入れて完成させるという、ゲスト参加型の演出へと変化しています。

 

サンドセレモニー

ゲスト参加型の演出「サンドセレモニー」

 

見た目にもオシャレで、参列してくれたゲストみんなの想いが込められたサンドアートは、結婚式後も新居に飾っておきたい大切な宝物に。

 

オリジナリティのある誓いをしたいと人前式を選ぶ新郎新婦さんが増えているのも、サンドセレモニーが支持されている理由のひとつなんです。

 

サンドセレモニー

新郎新婦の手により完成するサンドセレモニー

 

サンドセレモニーのフレームを手作りしよう

よく見かけるサンドセレモニーですが、ほとんどの花嫁さんはフレームを手作りしているそう。

 

なかなか難易度が高そうですが、意外とホームセンターなどで手に入る材料だけでDIYでき、難しいスキルもいらないので、不器用さんでも思い切って挑戦してみるのがおすすめ。

自分で手作りすることで、より思い入れの深いものにすることができますよ。

 

そこで今回は、編集部でサンドセレモニーフレームを手作りしてみたので、詳しいレポートをお届け。

初心者でも挑戦しやすい、簡単な作り方をご紹介いたします。

 

サンドセレモニーフレームの作り方

最大の悩みポイントは木材カット

おそらくサンドセレモニーフレームを手作りする際に、どうしたらいいか迷うのが最大のポイントは、フレームとフレームの間の木材をカットする方法。

 

ウェルカムスペースに用意されたサンドセレモニー

 

手作りされている方のなかには100円ショップなどで木材を買って、旦那さんにのこぎりなどでカットしてもらったという花嫁さんもいましたが、木材をきれいにカットできるか少し不安ですよね。

のこぎりが自宅にない場合も…。

 

そこで今回は、もっと簡単に手作りできるようカットをプロに頼む方法をご紹介。

 

ホームセンターでカットしてもらおう

東急ハンズやカインズなどのホームセンターでは、購入した木材をその場でカットしてくれるサービスがある店舗があるのをご存知ですか?

 

ホームセンターならフレームも一緒に購入することができるので、その場でフレームの大きさを見ながら木材カットサイズを相談できてとっても安心。

 

今回は東急ハンズ渋谷店にてこちらの木材を購入。

 

 

同じ階にある木工房にて、別階で購入したA4フレームにあわせてのカットをお願いしました。

 

カットしていただいたのがこちら。

上部は砂をすべて入れ終わったあとにフタをしやすいよう、斜めカットに。

 

 

斜めカットはのこぎりで切るのはなかなか難しいので、プロに頼めると◎

 

サンドセレモニーフレームの作り方

ーサンドセレモニーフレームー

用意するもの

・フレーム 2つ(今回はA4サイズのものを使用。お好みにあわせて好きなサイズを用意してください)
・上記にて購入、カットした木材
・木工用ボンド
・ホワイトの油性ペン
・ねじ回し(フレームに部品がついている場合のみ)

 

 

作り方

①サイト下部のDOWNLOADボタンより「Best Day Ever」のテンプレートをダウンロード。お好きなサイズに調整してプリントアウトしてください。

 

 

あわせてお二人の名前や挙式の日付など、反対の面に入れたい文字もデザインしてプリントアウトします。

 

▼デザインするならこちらの記事もおすすめ

 

②フレームから透明板を取り外し、①でプリントアウトしたテンプレートの上に置いて油性ペンでなぞります。

 

 

両方なぞり終えると、こんな感じになります。

 

 

③フレームの後ろに部品がついている場合は、この時点でねじ回しを使ってすべて取り除いておきます。

 

 

④木工用ボンドを使って、文字を書いた透明版を各フレームに固定します。ボンドがはみ出ると表から見えてしまうので、出しすぎないように注意。

 

 

⑤あらかじめカットしておいた木材を用意して、赤丸部分をボンドで固定します。

上部の木材は最後にフタにするものなので、この時には貼り付けないようにしてください。

 

 

⑥ ⑤で貼り付けた木材が完全にくっついたら、今度はフレームと木材をボンドで貼り付けます。

 

 

フレーム・木材・フレームの順番で貼り付けたら、重いものやゴムを使って隙間があかないように固定し乾かします。

 

 

⑦ある程度時間をおいて、ボンドが乾いたらフレーム部分は完成。

 

 

 

ーカラーサンドー

用意するもの

・カラーサンド(お好きな色を用意。4~5色くらい用意するときれいに作れます)
▶今回はこちらで購入
今回はA4サイズの額に3センチ幅の木材を付けたサンドセレモニーフレームで、砂を4キロ使用しました。

・砂を入れる入れ物(こちらもお好きなものをご用意ください)
▶今回はこちらで購入

 

 

作り方

・今回用意したような先の細いガラス瓶を使用する場合は、厚紙で漏斗を作り、砂がこぼれないようそれぞれいっぱいになるまで入れて完成。

 

 

瓶をゲストの人数分用意するのはもったいないのであらかじめ20本ほど用意しておき、受付をお願いした友人などに、空になった瓶に新たに砂を足してもらうようにお願いしておくと◎。

 

 

今回は瓶を使用しましたが、ガラスのうつわにそれぞれのカラーサンドとスプーンをいれておくなど、やり方は様々なのでお好きな方法で用意してみてくださいね。

 

サンドセレモニーのカラーサンドを入れる器は様々

 

ー砂をこぼれないようにする厚紙ー

フレームにそのまま砂を入れようとすると、こぼれてしまう場合があるので、このようなストッパーを用意しておくと◎

 

用意するもの

・サイト下部よりダウンロードできるテンプレートを厚紙に印刷したもの
※今回使用したA4サイズのフレームにあうように作成しているので、適宜調整してお使いください。
・はさみ
・のり

 

 

作り方

・テンプレートの線部分を切り取り、点線部分を折り曲げて下図のようにのりをつけて固定したらできあがり。

 

 

フレームに差し込むと下図のような形になります。

 

 

すべて用意できたら完成!

サンドセレモニーフレーム・カラーサンド・厚紙を用意できたら、サンドセレモニーの準備は終了。

 

 

受付でゲストに説明してもらい、1色ごとにフレームへカラーサンドを入れてもらいましょう。

混ざりあったカラーサンドがとっても素敵ですよね。

 

 

新郎新婦用の砂の用意も忘れずに

結婚証明書としてのサンドセレモニー。

 

ゲストにカラーサンドを入れてもらったフレームに、新郎新婦が挙式の際に砂を入れて完成なので、お二人の分のスペースとカラーサンドを用意しておくのをお忘れなく。

 

 

2人が砂を入れ終わったら、しっかりとフタをして保管してくださいね。

 

 

人前式の演出に「サンドセレモニー」を

いかがでしたか?

 

ずっしりと重みのあるサンドセレモニーフレームは、きっとおふたりにとって一生の宝物になるはず。

インテリアとしてもとってもオシャレですよね。

 

 

花嫁さんひとりで作るのは結構大変なので、旦那さんにも協力してもらって思い入れのあるサンドセレモニーフレームを手作りしてみてくださいね。

 

DOWNLOAD

・商用利用はできません。

・画像データをそのまま、もしくは加工して、転載・配布・複製することはできません

S

ARCH DAYS編集部

S

ハワイでの挙式、日本での披露宴を経験。女の子のママ。

情報集め大好き。手作り大好き。デザイン大好き。

自身の結婚式のペーパーアイテムはすべてパワーポイントで手作りしたツワモノ。

 

ARCH DAYS Website:http://archdays.com/

Facebook:https://www.facebook.com/archdays.official/

Instagram:https://www.instagram.com/archdays_weddings/

Pinterest: https://jp.pinterest.com/archdays/

UPDATE: