WEDDING

COLUMN

ダズンローズセレモニーってなに?ロマンティックな人気の演出を徹底解明

ダズンローズセレモニーってなに?ロマンティックな人気の演出を徹底解明
by KAHO

ダズンローズセレモニーってなに?

その名を聞いた事はありますか?

「ダズン(ダーズン)ローズセレモニー」とはヨーロッパで古くから続いている、12本のバラを使ったロマンティックな誓いのセレモニーのこと。

 

最近では人前式をセレクトする新郎新婦さんが増えてきたことにより、より多く取り入れられている演出のひとつに。

 

また人前式でない場合でも、披露宴でのお色直しのタイミング、2次会でのタイミングなどどこに取り入れてもOKなんだそう。

 

実は深い意味が込められている、ダズンローズセレモニー。今回は徹底解明いたします!

 

「ダズンローズ」の意味と由来

ハワイウェディング

バラの花

 

ダズンローズとは、その名の通り「12本のバラ」を表します。

由来はなんと19世紀のヨーロッパにさかのぼるという、古くから伝わるセレモニーなんだそう。

 

もともとは男性が女性にプロポーズをする際に行われたもので、

 

男性が愛する女性にプロポーズをするために向かっていた道の途中途中で花を摘み、それを花束にして女性にプロポーズ。そして女性は「YES」の代わりに、その中から1倫の花を男性の胸元へ挿した…

 

というストーリーから現代のセレモニーへと受け継がれています。

ヨーロッパでは12本のバラを贈ると2人は幸せになるという言い伝えもあるんだとか。

 

またこのダズンローズは「ブーケ、ブートニア」の由来にもさかのぼると言われています。

 

12本のバラの意味

バラを使ったブーケ

 

12本のそれぞれのバラには、

 

「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」

「希望」「愛情」「情熱」「真実」

「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」

 

という、意味が込められています。

またこの12本のバラを贈ることは、これらを「すべて誓います。」という意味も持っています。

 

ダズンローズセレモニーの基本的な方法

ダズンローズセレモニーを取り入れた挙式演出

 

ぜひ取り入れたいと思っても「どうやってやるの?」「難しいならできないかも」など気になるのはやり方。

こちらでわかりやすくご紹介いたします。

 

1.12本のバラを準備

バラはあらかじめゲスト12名に配っておきます。

※受付時などが良いかと思います。

 

2.12名のゲストにはバラを持って挙式を迎えていただきます。

※12名のゲストには通路沿いに着席して頂くよう、式場のスタッフにもお伝えしておきましょう。

 

3.新郎はゲストからバラを1本づつ受け取りながら入場します。

 

4.新婦入場

 

5.プロポーズの言葉と共に12本のバラを新婦に贈ります。

 

6.新婦は12本のバラの中から好きなバラ(意味)を1本選び、新郎の胸ポケットに挿します。

 

以上が挙式での基本的な流れとなります。

 

ダーズンローズセレモニーを取り入れた挙式

 

12本のバラはそれぞれの意味にふさわしい方へお願いしましょう。

事前に用意したお花を12名のゲストそれぞれに選んでもらってもOKですが、12本にはそれぞれ意味があるので「その意味を参列者へどう印象深く伝えるか」も大切な演出です。

 

お花は、それぞれの意味にふさわしい方へ託すのがおすすめです。

 

例えば・・

「愛情」「感謝」「幸福」などは両親や親族

「信頼」「努力」「尊敬」などは友人や同僚

 

など、こちらからの想いも込めて託すのも素敵ではないでしょうか。

 

結婚式 ブーケセレモニー

ダズンローズセレモニーを取り入れた挙式

 

司会者・式場スタッフのサポートも必須

参列されたゲストの方々は、ダズンローズの意味を理解していない場合も多くありますので、新郎がバラを受け取る際司会者にバラの持つ意味や関係性を説明してもらうと◎

 

事前に打ち合わせをしっかり行っておきたいですね。

 

披露宴で演出する際のポイント

披露宴で取り入れる場合はお色直し後の再入場でのタイミングがおすすめ。

 

こちらの場合は

・各テーブルからゲスト12名選出

(中座中に式場スタッフにバラを配ってもらうことを忘れずに)

・新郎は各テーブルを回り12本のバラを受け取る

 

その後は挙式と同じで新婦が束ねられたバラを受け取り、1本新郎の胸へ挿すという流れとなります。

 

ダズンローズセレモニーで新郎へお花を1本挿す様子

 

お花はバラでなくてもOK!

お花は必ずしもバラでなければいけないというわけではありません。

 

季節のお花や好きなお花を取り入れてもOKなので、おふたりの好きなお花がある場合にはぜひ取りれてみて下さい。

 

バラ以外のお花も取り入れたダズンローズセレモニー

 

ゲスト全員に意味を理解してもらいましょう。

ダズンローズセレモニーは挙式での1つの演出です。

(挙式だけではなくて披露宴やお色直し、2次会で取り入れる事も可能です。)

とても素敵な演出ではありますが、昔ながらのきちんとした挙式を望んでいたり、「どんな意味があるの?」と演出を理解出来ていないゲストの方もいらっしゃるかもしれません。

 

ゲスト参加型の演出にもなるため、ゲストのみなさんにどのような意味を持った演出なのかを理解して頂くことがとても大切です。

 

・セレモニーの意味と由来

・12本のバラの意味

・2人の幸せに願いを込めて新郎に託して下さい。などのメッセージ

 

などを記入したメモを用意し、ゲストの方に待ち時間に読んで頂くような準備もしておけると良いですね。

 

結婚式_くるくる席次表

受付で席次表などど一緒に渡しましょう

 

バウリニューアルでもおすすめ

「バウリニューアル」という言葉を聞いた事はありますか?

直訳すると、「誓いの更新」です。

 

結婚している夫婦が改めて愛を誓うセレモニーで、結婚記念日や家族の節目などに行う方が多いようです。何年も一緒に時を過ごしてきた夫婦が、改めてお互いに感謝の気持ちを伝え合うことのできる素敵なセレモニー。

 

こちらのバウリニューアルでも、ダーズンローズセレモニーがいま人気の演出なんだとか。

 

アットホームな結婚式では、ご両親へのサプライズプレゼントとして「バウリニューアル」そして、「ダズンローズセレモニー」を取り入れる演出も素敵ではないでしょうか?

 

結婚式_ハワイ_前撮り

感謝の気持ちを込めて

 

映画のワンシーンのような演出ダズンローズセレモニー

いかがでしたでしょうか?

 

まるで映画のワンシーンのようなお花を使った素敵な演出が叶えられるダズンローズセレモニー。

なんといってもゲストが一緒に参加出来る。というのも嬉しいポイントですよね。印象的な結婚式んいなること間違いなし。

是非取り入れてみてください!

 

結婚式_おしゃれ_チャペル

ダズンローズセレモニーを取り入れた挙式

KAHO

KAHO

鎌倉・古我邸の卒花です。

natural×bohoの世界観と、海外(風)の雰囲気が大好きです。

少しでも花嫁さんのイメージや準備の参考になれれば嬉しいです!

UPDATE: