WEDDING

COLUMN

ベールにもディティールがあるのがネクストトレンド!とびきりおしゃれな花嫁さんに。

ベールにもディティールがあるのがネクストトレンド!とびきりおしゃれな花嫁さんに。
by m-Nao

ウェディングにおけるベールとは?

ウェディングシーンにおいて、古くから花嫁の身を守るとされてきたベール。

その特別感漂う神聖な美しさに憧れている花嫁さんも多いはず。

 

お守りとしての意味合いの強いウェディングベールですが、現代においてもご両親からのベールダウンのシーンや、ヴァージンロードを歩く後ろ姿、誓いのキスの前のベールアップのシーンなど、挙式の重要なシーンで注目を浴びる重要アイテムと言っても過言ではありません。

 

また、アクセサリーやネイル、靴などと違って、ベールは花嫁さんだけに許された特別なアイテム。

主役感を高めるフォトジェニックなアイテムとも言えます。

 

ベールを味方につけて、とびきりおしゃれな花嫁姿を完成させましょう!

 

気になるベールの選び方は?

ベールは長さによって印象が様々

ウェディングドレスのラインと同様、ベールにも長さや色・デザインが様々あり、それらによって印象が大きく変わります。

 

スタイリングのテーマや与えたい印象に合ったものを選ぶことはもちろん、ドレスのデザインとの相性の確認は重要なポイントです。

 

例えば、ヴァージンロードをゆっくりと進むバックスタイルをより印象付けるロングベール。

ロイヤルウェディングのように、大聖堂や教会での挙式シーンや階段がある場所には、ドレスのトレーンよりも長いベールが映えますよね。

 

チャペル_ステンドグラス

クラシカルなロングベール

 

また、ドレスのバックスタイルを引き立たせながらも、上品な印象を与えるミドルベール。

 

マーメイドラインやスレンダーラインなど、ウエストのシルエットの美しさを引き立たせたい方や、ドレスのバックデザインを見せたい方にもお勧めの長さです。

 

ヒップラインまでの長さのミドルべール

 

肩のあたりで少し弾むような、愛らしい印象を与えるショートベールは日本の花嫁さんに根強く人気。

プリンセスラインのドレスや、華やかでデコラティブなデザインのドレスにもお勧めです。

 

愛らしいショートベール

 

ベールの色は?

純白のウェデイングドレスとはいっても様々な色味があるのと同様に、ベールの色もホワイト・オフホワイト・アイボリーからブラッシュカラーまで様々あります。

こちらも自分の選んだウェディングドレスの色味との相性の確認が重要。

 

ベールの素材はほとんどの場合がチュールなので、ドレスは異なる素材という花嫁さんも多いはず。

異なる素材のものの色合わせは、自然光なのか、どんな照明の下なのかによっても見え方が大きく変わります。

 

後から写真で見たときに「あれ?なんか少し色が違うかも。」とならないように、挙式会場の照明や写真に撮ったときにどう見えるかまでこだわって選んでおきましょう。

 

デザインの違いも印象を変える重要ポイント

長さと同様に大きく印象を変えるのが、ベールのデザイン。

これまでの定番は、レース、パイピングやカットオフです。

 

シンプルなデザインのドレスによく合うレースのベール。

裾にレースを縫い付けているものや、レースのスカラップを散らしているものまでデザインは様々。

どのようなデザインであっても、前から見たシンプルな印象だけでなく、可憐さをバックスタイルを演出してくれます。

 

ベール_前撮り

レースのスカラップを散らしたパイピングベール

 

パイピングのベールは、ドレスのデザインを邪魔することなく、愛らしさを印象づけてくれます。

太めのパイピングはクラシカルに、細めのパイピングはナチュラルに仕上げたい花嫁さんにお勧めです。

 

ナチュラルな印象の細めパイピングべール

 

ラスティックな雰囲気や、透明感を出したい花嫁さんに人気なのがカットオフ。

ドレスのデザインを遮らずに光を通す、神秘的な雰囲気が人気の理由です。

 

透明感あふれるロングのカットオフベール

 

おしゃれ花嫁さんは、ディティールに注目!

ここまで来れば、ベールが奥深いアイテムだということが十分伝わったはず。

長さと色を決めて、その上デザインとなると大変かもと頭を抱えている花嫁さんもいるかもしれません。

 

しかしながら“トレンド”という面からお話しすると、実はここ数年ドレスだけにとどまらず、繊細なディティールのベールがコレクションにも多く登場しているのです。

 

定番のデザインも素敵ですがどんな雰囲気にするか悩んでいる花嫁さんは、注目の繊細なディティールを持つ新作のベールから見てみるのもお勧めです。

 

https://www.pinterest.jp/pin/478366791643742671/

 

例えば、ウェデイングドレスでもトレンドの3Dモチーフのあしらわれたベール。

 

様々なブランドから発表されていて、国内でも目にする機会が増えていると思います。

3Dモチーフは素肌に花が乗っているかのように華やかな印象で、何と言ってもフォトジェニック。

 

シンプルなドレスと合わせれば、ベール着用時の華麗かつ愛らしさもある印象から、ベールアウト後のシックな雰囲気へ印象ががらっと変わるのも楽しめます。

 

お花のデコラティブなベール

 

また、シンプルなものとの相性だけでなく、ドレスとリンクしたモチーフやデザインのベールを取り入れるのも、こだわりが光るスタイリングに。

 

特に3Dモチーフや、繊細かつ大胆なデザインのレースは、華やかなものが多く見られます。

 

ベールがデコラティブなものの場合、あえてヘッドパーツをせず、イヤリングも控えめなサイズのものを選んでバランスをとり、ベールを主役にしたスタイリングを楽しむのも素敵です。

 

https://www.pinterest.jp/pin/551761391844039418/

 

ドレスのディティールにキラキラした刺繍が入ったものや、ミラーをあしらったドレスも近年のトレンドでは多く見られますし、ベール自体にもミラーや金糸・銀糸の刺繍が入っているものも多く見られます。

 

このようなスパークルを取り入れたアイテムも、スタイリングをより豊かにしてくれます。

 

https://www.pinterest.jp/pin/524106475377568005/

 

またベールの色とは異なる色の糸を用いることで、光のある場所での写真でもこだわりのモチーフの模様自体が飛ぶことなく、綺麗に写真に残せるのというのもお勧めのポイントです。

 

https://www.pinterest.jp/pin/482307441325038088/

 

ディティールまでこだわってこそおしゃれ花嫁!

ベールのデザインはウェディングドレスほどの数があるわけではありませんが、相性がとっても大事。

 

長さ、色、デザイン、ディティールまでこだわって、トータルバランスのとれたおしゃれ花嫁を目指しましょう。

 

小花のモチーフがあしらわれたベール

m-Nao

m-Nao

プランナー、ドレススタイリストとして多くの結婚式に関わる。
現在は子育てに奮闘しながらも、大好きなブライダル関連の情報収集は欠かしません。

UPDATE: