WEDDING

COLUMN

オシャレ花嫁さんに大人気。ネイティブフラワーのブーケを徹底解説!

オシャレ花嫁さんに大人気。ネイティブフラワーのブーケを徹底解説!
by Hachi .

ネイティブフラワーってどんなお花?

とても個性的でインパクト抜群なお花、「ネイティブフラワー」をご存知ですか?

ネイティブフラワーとは、別名「ワイルドフラワー」とも呼ばれており、オーストラリアやニュージーランド、南アフリカなど、南半球に自生する花々のこと。

 

近年、人気急上昇中のため、Instagramなどで見かけたことがあるというプレ花嫁さんも多いのでは?

 

ネイティブフラワーのウェディングブーケ

 

ネイティブフラワーのブーケをご紹介

花嫁さんの美しさをさらに際立たせてくれる、欠かせない存在のブーケ。花嫁姿の印象を大きく左右するので、せっかくならオシャレで自分らしいブーケにしたいですよね。

 

今回はそんな希望をきっと叶えてくれる、ネイティブフラワーを使ったブーケをご紹介します。

 

プロテアの存在感が際立つブーケ

 

ネイティブフラワーの王様、プロテア

これぞ主役!といった印象の、大きな「プロテア」を使ったブーケ。

プロテア以外はグリーン系でまとめており、そのナチュラルさが、さらにプロテアの存在感を高めています。

 

ネイティブフラワーの王様と呼ばれるプロテアを、思いきり目立たせたい花嫁さんにはぴったり。

 

ウェディングブーケ

プロテアを主役にしたブーケ

 

プロテアは、南国感たっぷりなお花やグリーンとの相性も抜群!

 

海外でのリゾートウェディングや、ビーチでのロケーションフォトにも合いますね。真っ白な砂浜と美しい海をバックに、暖かみのある色のブーケが映えています。

 

南国の花とも相性◎なプロテアのブーケ

 

こちらは彩度低めの落ち着いた印象のブーケ。

 

こちらの花嫁さんは、肌寒くなってきた時期のウェディングにこのブーケを取り入れたそう。

オシャレ花嫁さんの間では流行を通り越して、もはや定番となっている「パンパスグラス」や、冬らしい「コットンフラワー」をプラスして、季節感のあるブーケに仕上がっています。

 

このように入れたいお花を取り入れつつ、季節感を重視するのもブーケのお花選びのポイント。

 

結婚式 ブーケ

季節感のある冬のプロテアブーケ

 

花だけでなく葉まで独特!リューカデンドロン

こちらはピンク色のプロテアと、ボルドーカラーが美しい「リューカデンドロン」を使ったブーケ。

 

2種類のネイティブフラワーを使っていますが色味を合わせているため、ごちゃごちゃせず、まとまった印象になります。

複数のネイティブフラワーを使いたい場合、このように同系色でまとめ、主役級の大きいお花は1種類だけにするとバランス良くまとまって◎

 

リューカデンドロンとプロテアのブーケ

 

花というより実のようなルックス、バンクシアのブーケ

こちらは「バンクシア」というネイティブフラワーを使ったブーケ。

 

最近、ドライフラワーとして特に人気のあるお花です。ナチュラルで可愛らしい印象のブーケですが、中央に配置したインパクトのある形のバンクシアが、程良くアクセントになっていますね。

 

柔らかいクリーム色のため悪目立ちせず、他のお花ともマッチしています。

 

バンクシアを使ったブーケ

 

バンクシアはそのギザギザとした葉っぱも特徴的。

上手に活かして、あなたらしいブーケを演出してみてくださいね。

 

結婚式 ブーケ

バンクシアと小花をあわせたブーケ

 

針山のような姿が可愛らしい、ピンクッション

ビタミンカラーがパッと目を引くこちらのブーケは、鮮やかな赤色が印象的な「ピンクッション」が使われています。

ピンクッションはその名の通り、クッションにピン(針)がたくさん刺さっているような見た目のお花。

 

原色は元気な印象を与え、日差しにも映えるので、サマーウェディングやガーデンパーティーにもおすすめ。

 

結婚式_ブーケ

ピンクッションを取り入れた色鮮やかなブーケ

 

ネイティブフラワー人気の火付け役は「ドライフラワー」だった

ボルドーやブラウンなど、深みのある色味のドライフラワーでまとめられたドライブーケ。

 

かっこいい雰囲気がお好きな花嫁さんや、オータムウェディングにおすすめ。

ネイティブフラワーは、綺麗な状態でドライにできるものが多いというのも特徴の一つ。ネイティブフラワーが現在、広く出回るようになった理由は、ドライにしたネイティブフラワーが流行したのがきっかけなのだそう。

 

愛着のあるブーケを、卒花した後も長くお家で楽しめるのは嬉しいですよね。

 

ウェディングドレス

ドライのネイティブフラワーでまとめたブーケ

 

こちらは、淡く優しい色でまとまられたドライブーケ。可愛らしい半袖レースのドレスに、とてもよく合っていますね。

 

前撮りなどでブーケを手作りしたい!という花嫁さんにも、取り入れるだけでオシャレな雰囲気になり、取り扱いが簡単なネイティブフラワーのドライはおすすめです。

 

DIYすれば節約にもなるブーケですが、実は他のお花と比べると、ネイティブフラワーのドライはやや値段が高め…。

それでも、スワッグにしてお部屋に飾ったり、式当日のウェルカムスペースに飾ったりすることもできるので、長い目で見るとコスパは◎

 

ドライブーケ

ドライのユーカリとネイティブフラワーのブーケ

 

個性豊かなネイティブフラワーで、素敵なブーケデザインに

いかがでしたか?個性が強いネイティブフラワーですが、使い方によって様々な表情を見せてくれます。

 

例えばプロテアは、「キングプロテア」や「クイーンプロテア」など種類が多く、その他にもカラーバリエーションが多い品種もあります。

 

▼こちらの記事もおすすめ

 

今回ご紹介した数々のブーケは、たとえ同じネイティブフラワーを使っていても、それぞれ印象が異なっていますよね。

 

他のお花との合わせ方次第で、どんなウェディングスタイルにも合わせることができそうなネイティブフラワー。

 

ぜひブーケデザインに取り入れて、貴女らしいウェディングスタイルを完成させてください。

Hachi .

Hachi .

広告代理店営業 兼 フリーライター 兼 アラサー主婦。

2018年秋に挙式した卒花嫁です。

感度の高い花嫁様のお手伝いができるような情報を発信します。

UPDATE: