WEDDING

COLUMN

カリグラフィーがもはや定番!おしゃれでモダンな結婚式ペーパーアイテムのご紹介

カリグラフィーがもはや定番!おしゃれでモダンな結婚式ペーパーアイテムのご紹介
by appleyummypie

ここ数年、海外だけはなく日本国内でもカリグラフィー(モダンカリグラフィー)が使われているペーパーアイテムをよく見かけるようになりました。

 

シンプルなのにパッと目を引くのが魅力だと、取り入れているおしゃれ花嫁さんが増えたのがその要因。

 

ただ参列するゲストに配慮して、読みやすさを重視した日本語表記がメインの方がいい場合も…。
それでも自分のウェディングにカリグラフィーを使ったペーパーアイテムを取り入れてみたい!という花嫁さん向けに、今回はカリグラフィーの素敵な取り入れ方をご紹介。

 

カリグラフィーを使ったペーパーアイテムをご紹介

プチギフトのサンキュータグ

新郎新婦の名前や “Thank you” という単語なら、ゲストの顔ぶれに関わらず英語表記導入のハードルも低め。

 

感謝の気持ちを表すプチギフトに添えるサンキュータグもとびきりこだわって、ゲスト見送り時まで気を抜かないのがおしゃれ花嫁さん。

 

プチギフト

プチギフトのサンキュータグにカリグラフィーを

 

メニュー表

日本語と英語表記が並列されているメニュー表であれば、メニュー内容にカリグラフィーを取り入れると◎

 

日本語表記だけだとしても、“MENU” や “DESSERT“ といった表題部分をカリグラフィーにすることでグッとおしゃれになりますよ。

 

メニュー表の英語表記部分にもカリグラフィーが◎

 

席札

個別対応可能な場合は、例えば親族や上司などのゲストは日本語表記で、残りのゲストはカリグラフィーを使った英語表記にするという案も。

 

二つ折りのカードサイズの席札が定番ですが、カリグラフィー×異素材という組み合わせもおしゃれ花嫁さんの間では既に定番。

 

コラベルタイルにカリグラフィーで名前を書いた席札

 

ペーパーの代わりにアクリルプレートやアゲートスライスにゲストの名前を書いたり、名前をレーザーカットしたオブジェを置いたり。

 

印象的でかつゲストの記憶にも残るものに。

 

レーザーカッターで作った席札もトレンドのひとつ

 

招待状やSave the Date

ペーパーアイテムをDIYする花嫁さんならカリグラフィーを取り入れて、人とは違うオリジナルペーパーアイテムを作ることができます!

 

もちろんイチから作ることもできますが、無料のテンプレートを使ってみたり、Etsyなどではセミオーダー形式のものを購入できるので、色々チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

カリグラフィーを取り入れたおしゃれな結婚式招待状

 

エスコートカード

ウェルカムスペースなどに装飾に一部として、エスコートカードを導入している花嫁さんも増えてきました。

ゲストのお名前をカリグラフィーで書いて、素敵にディスプレイしてみるのも印象的な演出のひとつに。

 

エスコートカードにもカルグラフィーを取り入れると◎

 

ところでカリグラフィーはどうやって取り入れるの?

パソコンのフォントを使う

手描きはちょっと自信がないけど手作りしたい!という花嫁さんには、パソコンのフォントを使用するのがおすすめ。

 

無料・有料問わず色々なフォントを各種サイトからダウンロードできるので、お好みのフォントを見つけてみては?

複数のペーパーアイテムにカリグラフィーを使うなら、全体を通して利用するカリグラフィーのフォントは一種類に絞った方が統一感が出て◎

 

▼こちらの記事もおすすめ

 

強調したい部分をカリグラフィーにして、残りの部分はブロック体にすると読みやすくておすすめです。
(フォントの利用に関しては、利用規約をご自身でご確認の上ご利用ください。)

 

席次表

カリグラフィー風のフォントなら取り入れやすくて◎

 

カリグラファーに筆耕を頼む

海外・国内問わずカリグラファーがいるので、自分好みのスタイルの文字を書く人に連絡を取ってみるのも手。

 

EtsyやInstagramで「カリグラファー(Calligrapher)」、「モダンカリグラファー(Moderncalligrapher)」、「ウェディングカリグラファー(Weddingcalligrapher)」といったキーワードで検索すると見つかりますよ。

 

納品まで数週間かかるのが通常なので、お気に入りのカリグラファーが見つかったら早めに依頼するのがおすすめ。

 

とびきりおしゃれなカリグラフィーの結婚式招待状

 

自分で練習して書く

もし結婚式まで時間があるなら、自分自身でカリグラフィーを書くことを目標に練習してみては?

 

練習方法としては色々な方法がありますが、カリグラフィーの書籍購入やカリグラファーの書いているブログを参考にして独学、レッスンに通学、ワークショップへの参加などがあります。

 

習得すればペーパーアイテムだけでなくウェルカムボードも自作できるかも。

 

カリグラフィーの結婚式ウェルカムボード

 

まとめ

いかがでしたか?

カリグラフィーは書体によってもシンプル、モダン、カジュアルと雰囲気を変えられ、意外とどんなペーパーアイテムとも相性がいいのが特徴。

 

ポイントにもなり、個性も出せるので、早速あなたの結婚式に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

カリグラフィーを使った結婚式ペーパーアイテム

appleyummypie

appleyummypie

カリグラファー・ハンドレタリング作家

文字で表現することの奥深さに魅せられて、独学でモダンカリグラフィーやハンドレタリングを習得。文房具とグリーティングカードをこよなく愛し、いつか自分の文字をあしらったカードを取り扱う、小さな文具店をオープンするのが夢。カジュアルからエレガントな書体まで、シーンに合わせた文字を使って作品の制作を行っています。

 

Instagram:@appleyummypie

UPDATE: