WEDDING

COLUMN

ロングスリーブのウェディングドレスがトレンド!自分に似合う1着を探すには何が大事?

ロングスリーブのウェディングドレスがトレンド!自分に似合う1着を探すには何が大事?
by m-Nao

ドレス迷子にならないポイントはトレンド感と自分らしさ

ファッションと同様に様々なトレンドがあるウェディングドレス。

一生に一度の特別な日に纏うドレスにはトレンドの要素を取り入れながらも、何年経っても美しいと思える一着を選びたいもの。でもなかなか運命の1着に巡り合えない!という花嫁さんもいるかもしれませんね。

 

そんな花嫁さんに知ってもらいたいドレス迷子にならないために押さえておきたいポイントは、「トレンド感」と「自分らしさ」です。

 

 

1.注目のトレンドは?

数あるトレンドの中でも、ここ数年盛り上がりを見せているのがロマンティックなムードのウェディングドレス。

 

レースやフラワーモチーフ・ビーズなどの刺繍を多用したロマンティックなデザインは、様々な生地やラインで表現されているため、どんなスタイルを探している花嫁さんにとっても、きっと自分らしい1着に出会える取り入れやすいトレンドと言えます。

 

 

その上でいま注目を集めているのが、七分袖や長袖などロングスリーブタイプのドレス。

体型のカバー効果はもちろんのこと、刺繍を肌に載せたような繊細なスリーブはベールを外しても尚フォトジェニック。ノーブルかつ洗練されたスタイルは、SNS上でもおしゃれ花嫁さんたちの中で人気を博しているのです。

 

ハワイ_結婚式

 

2.自分らしさを取り入れるには?

ヘアスタイルやアクセサリーなどのスタイリングで個性を光らせることも重要。ただ何よりもまず大切にしたいのは、自分に似合うドレスと出会うこと。

レースや刺繍を多用したロングスリーブドレスと一口にいっても、ネックラインやディティールによっても与える印象は様々で、それを着る花嫁さんの顔立ちや体型によってももちろん似合うものは異なります。

 

結婚式_高砂

 

バックスタイルやトレーンの長さ・ドレスのシルエットにこだわる花嫁さんは多いですが、結婚式当日新郎新婦さんは座っている時間が長いので、実は上半身だけのスタイルの写真の方が多く残ります。

 

結婚式_TRUNK_フローラルウェディング_かわいい

 

したがって、顔まわりの印象に大きく関わるネックラインこそ、こだわって自分に似合うものを見つける重要なポイントなのです。

 

3.ネックライン別のおすすめをご紹介

ハイネック×ロングスリーブの組み合わせ

すらっと背の高い方、また小柄であっても華奢で首の長い方におすすめのデザイン。
デコルテラインを覆うため上品で高貴な印象を与えてくれるので、親御さん世代の受けもよく、教会式にもぴったりです。

 

ウェディングブーケ

 

ポートネック×ロングスリーブの組み合わせ

ポートネックはネックラインから鎖骨をすっきり綺麗に見せ、気になる二の腕などはカバーしてくれるデザインなので、抜け感を演出して華奢に見せることができます。

こちらも親御様世代の受けもよく、スカートがAラインやプリンセスラインであれば、華やかな披露宴にもぴったり。

 

TRUNK_結婚式

 

背中が大きく開いていても正面からみると肌の露出が少なく、多くの方が抵抗なく着やすいスタイルです。

 

ウェディングドレス

 

Vネックライン×ロングスリーブの組み合わせ

丸顔やネックラインが短い方におすすめなのが、シャープな印象のVネックデザイン。デコルテラインがすっきり見えるので、気になる箇所に視線が集まりません。

 

ブライズメイド

 

ただし、日本人はバストトップの位置が高いため、Vネックが深いものを選んでしまうと海外花嫁さんのようには綺麗に着られないことも。
事前に試着をして、ドレス用インナーとの相性を確認しておくと安心です。

 

沖縄ウェディング

 

クルーネック×ロングスリーブの組み合わせ

クルーネックは上半身の華奢な方、なで肩の方におすすめのデザイン。首の長い方もすっきり着られて◎
ドレスよりも洋服に多く見られるネックラインのため、上品ながらモードで洗練された印象になります。

 

 

デコルテが浮きやすく、サイズがぴったりでないと綺麗に着られないタイプなので、綺麗に着られる方にとっては運命を感じられる1着になるでしょう。

 

 

4.こだわりのウェディングドレスで素敵な一日を

ネックラインの他に、レースやモチーフの密度によっても印象が異なります。
トレンドのドレスの中でも、細かいところまでこだわって自分に似合う1着に出会った花嫁さんは、何年経っても振り返ってみてもやっぱりそのドレスが美しいと自信を持って言えるのかもしれません。

 

これから試着をされる花嫁さんは、ぜひ上半身だけの見え方にも注目してドレス選びをしてみてくださいね。

m-Nao

m-Nao

プランナー、ドレススタイリストとして多くの結婚式に関わる。
現在は子育てに奮闘しながらも、大好きなブライダル関連の情報収集は欠かしません。

UPDATE: