WEDDING

COLUMN

結婚式BGMにおすすめしたい!歌詞や意味が素敵な洋楽曲10選

結婚式BGMにおすすめしたい!歌詞や意味が素敵な洋楽曲10選
by ARCH DAYS編集部

新郎新婦のセンスが問われるBGM

結婚式に欠かせない演出のひとつでもあるBGM。ふたりの入場からはじまって乾杯のシーン・ケーキ入刀・お色直し・新郎新婦退場などあらゆる場面で必要となり、流れる音楽によって雰囲気や演出も大きく変わりますよね。

 

 

ふたりの思い出の曲を選んだり、それぞれ思い入れのある曲を選んだり…。場面によっては日本語詞が自然と耳に入ってしまうJ-POPよりも、雰囲気出しの洋楽曲が好まれることが多いようです。

 

「自分たちらしく、かつ意味のある演出がしたいけれど どんな洋楽曲を使えば良いかわからない」という方のために今日は海外ウェディングで人気の洋楽曲をご紹介!

 

それぞれの曲に込められた想いを見ながらあなたにぴったりの曲を見つけてくださいね。

 

1. “Thinking Out Loud” by Ed Sheeran / 「シンキング・アウト・ラウド」エド・シーラン

2014年 アルバム『x(マルティプライ)』に収録

 

イギリスの天才シンガー・ソングライターでいまやラブソングの帝王とも呼ばれているエド・シーラン。直訳すると「口に出して考えてる」という意味の”Thinking Out Loud”。「年を重ねておじいちゃんになっても今と変わらず君を愛し続けるよ」という思いを綴った最高にロマンティックな名曲。

 

 

2. “Sugar” by Maroon 5 / 「シュガー」マルーン5

2014年 アルバム『V(ファイヴ)』に収録

 

タキシード姿に正装したマルーン5のメンバーたちが、ロサンゼルスで行われたリアルウェディングを突撃してはサプライズで演奏をするという感動的なミュージックビデオが有名なこの曲。SNSやインターネットで話題となり、見たことある!という方も多いのでは? 愛情を甘い「シュガー」に例えたこの曲はもちろんアメリカでも大人気のウェディングソング。

 

 

3. “All of Me” by John Legend / 「オール・オブ・ミー」ジョン・レジェンド

2013年 アルバム『ラブ・イン・ザ・フューチャー』に収録

 

ジョン・レジェンドがいまの奥様クリッシー・テイゲンに向けて作ったロマンティックすぎるピアノ・バラード。「僕の全てが君の全てを愛してる」とサビで響き、いかに相手の良いところもそうでないところも全てが大好きということを歌った究極のラブソング。

 

 

4. “Halo” by Beyoncé / 「ヘイロー」ビヨンセ

2008年アルバム『アイ・アム…サーシャ・フィアース』に収録

 

「Halo」は 聖像などの頭部を囲む後光や光輪のことで、この曲では「あなたの光が見える」「あなたは私の守り神」とビヨンセが美しいパワーバラードを歌った名曲とされています。近年ではライブで娘をはじめとする家族の映像をバックにこの曲を歌うことが多く、無条件の愛の象徴ともなっているよう。

 

 

5. “Just The Way You Are” by Bruno Mars / 「ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー」ブルーノ・マーズ

2010年アルバム『ドゥー・ワップス&フーリガンズ』に収録

 

「ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー」はロマンティックなピアノバラードで、いまや世界的スーパースターとなった天才アーティスト、ブルーノ・マーズのデビューアルバムのリード曲。後にこの曲でグラミー賞を受賞して一躍有名になりました。曲名通り「そのままの君がステキなんだ」「君の顔を見ると何も変えたいと思わない」と素直な気持ちを歌った愛が溢れる歌。

 

 

6. “Can’t Stop the Feeling!” by Justin Timberlake / 「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」ジャスティン・ティンバーレーク

2016年映画『トロールズ オリジナル・サウンドトラック』に収録

 

全米初登場No.1となったこの曲は、ジャスティンがミュージックプロデューサーを務めた映画『トロールズ』のサントラ収録曲。アップテンポなディスコポップ曲なので、ウェディングでも盛り上がりを演出したいシーンにおすすめ。「Can’t Stop the Feeling!」は直訳すると「気持ちが抑えられないよ!」でまるで魔法にかけられたように君に魅了されている、と歌った何ともハッピーな曲。

 

 

7. “A Thousand Years” by Christina Perri / 「ア・サウザンド・イヤーズ~千年の恋」クリスティーナ・ペリー

2012年映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』サントラに収録

 

ヴァンパイアと人間の禁断の恋を描き、世界中の女子を魅了したファンタジー映画『トワイライト』シリーズ4作目のサントラに収録された曲。「これまで千年もの間あなたを待ち続けていた」「これからも千年あなたを愛し続ける」と歌い、永遠の命を生きると言われるヴァンパイアの想いらしい美しい曲。

 

 

8. “Sky Full Of Stars” by Coldplay / 「スカイ・フル・オブ・スターズ」コールドプレイ

2014年アルバム『ゴースト・ストーリーズ』に収録

 

曲タイトルを直訳すると「満天の星空」という意味のこの曲は故Aviciiがプロデュースしたことでも話題に。「君は満天の星空だから、僕は心を君に捧げるよ」とコールドプレイの壮大な世界観を見事に演出したサウンドにもなっており、ウェディングだと入場曲や退場曲はもちろんのこと乾杯やケーキ入刀におすすめの盛り上がりソング。

 

 

9. “Photograph” by Ed Sheeran / 「フォトグラフ」エド・シーラン

2014年アルバム『x(マルティプライ)』に収録

 

こちらもラブソングの帝王、エド・シーランによる名曲。「ぼくの写真をポケットにしまっておいて」「ぼくの帰りを待っていてね」と遠距離恋愛で離れ離れになっているカップルの切実な想いを歌っています。話題となったミュージックビデオでは本人の幼少期の頃の貴重な映像が使用され、結婚式BGMだと遠距離を乗り越えて結ばれたカップルはもちろんのこと、それぞれのプロフィール紹介映像やご両親への感謝の気持ちを表す場面にもおすすめ。

 

 

10. “I’m Yours” by Jason Mraz / 「アイム・ユアーズ」ジェイソン・ムラーズ

2008年アルバム『ウィ・シング。ウィ・ダンス。ウィ・スティール・シングス。』に収録

 

世界的大ヒットとなってから10年経った今もなお全く色褪せることなく、海外ウェディングで絶大な人気を誇る名曲。彼女のことが大好きでたまらない気持ちを歌ており「これが僕たちの運命、僕は君のものだよ」と美しいアコースティックメロディにのせて流れるほっこりソングです。海辺やビーチなどを連想するサウンドでもあり、サマーウェディングにもおすすめ。

 

 

まとめ

いかがでしたか? 大切な家族や友人に囲まれて行うウェディングはきっとみんなの素敵な思い出としてずっと残るもの。せっかくなら流れるBGMにもこだわって、その場にいるゲストしか味わえない空間作りにチャレンジしてみては?

Y

ARCH DAYS編集部

Y

NY生まれ 料理好き DIY好き

2人(男・女)の子持ちママとしても日々奮闘中。

 

ARCH DAYS Website:http://archdays.com/

Facebook:https://www.facebook.com/archdays.official/

Instagram:https://www.instagram.com/archdays/

Pinterest: https://jp.pinterest.com/archdays/

UPDATE: