WEDDING

COLUMN

人と差をつけたい花嫁さんに!オシャレすぎる活版印刷の招待状をオーダーしよう

人と差をつけたい花嫁さんに!オシャレすぎる活版印刷の招待状をオーダーしよう
by ARCH DAYS編集部

結婚式招待状に差をつけたい!

ウェディングの招待状は、まず最初におふたりの結婚式をゲストにお知らせするとても重要なアイテム。どんな結婚式になるのか、招待状によって第一印象がかわってくるので、おふたりの結婚式は招待状到着のタイミングから始まっていると言っても過言ではありません。

 

せっかくふたりらしい素敵なウェディングを計画しているなら、それを知らせる招待状にも気合いをいれたいもの。でも招待状ってものすごくたくさん種類があるので、どんなものがいいのか迷ってしまっている花嫁さんも多いのでは?

 

活版印刷なら結婚式にぴったり

今回おすすめするのは“活版印刷(かっぱんいんさつ)”の招待状。活版印刷って耳なじみのない花嫁さんも多いかもしれませんが、文字部分がへこんだ印刷物はどこかで目にしたことがあるはず。

 

別名レタープレスとも言い、金属や木に文字を彫って判子状にしたもの(活字)を並べて文章にした板(活版)を作り、それに塗料を塗って印刷する伝統的な手法のこと。もともとの印刷技術は、すべてこの活版印刷から始まったものなんです。

 

オリジナルの樹脂版を作り、インクを塗って印刷する活版印刷

 

樹脂版にインクを塗りプレスしながら印刷すると凹凸できて、活版印刷ならではの味のある仕上がりに。

 

活版印刷ならではの味のある仕上がり

 

手触り感のある1㎜厚の紙にインクと紙とのバランスを確認しながら、1枚1枚丁寧に印刷する活版印刷。キレイに均一に仕上がるデジタルの印刷技術では出せないものをあえて選択することで、質感があり、雰囲気があり、味があり、受け取った人だけが感じるシンプルだけど素敵な招待状に。

 

自宅のプリンターでは再現できないクオリティのものができるというのも、こだわり派のおふたりにおすすめなポイント。

 

オーダーするならPrintworks Studio Shibuyaがおすすめ

今回おはなしを聞いたのは渋谷にあるPrintworks Studio Shibuyaの長谷川さん。

 

 

Printworks Studio Shibuyaでは活版印刷の招待状をオーダーすることができます。19種類あるデザインはどれもとびきりオシャレ。名前のフォントをかえたり、イラストをプラスしたり、もともとあるデザインをもとにオリジナルでセミオーダーすることも可能。

 

自分でデザインをillustratorで作成できる場合は、フルオーダーすることもできます。

 

招待状は基本的には本状・返信ハガキ・封筒の3点セットでご用意

 

インクのカラーは、毎回その都度配合してイメージにあったものを作成。選択肢は無限大なんです。おふたりの結婚式のテーマカラーにすれば統一感がでて◎

 

印刷するインクのカラーはその都度配合して作成する

 

 

いつ頃オーダーすればいいの?

活版印刷はおふたりの招待状用にオリジナルで樹脂版を作成し、1枚1枚丁寧に印刷するものなので、どうしても完成までには時間がかかってしまうもの。注文してから納品まで1か月半ほど余裕を見ておくと安心。

 

招待状はだいたい挙式日の2か月半前に投函するのが一般的なので、結婚式の4か月前頃にオーダー完了できると◎

 

印刷のカラーはブラック以外にもお好きな色を選択可能

 

基本的な1色刷りのデザインであれば60枚45,000円からオーダーできるので、1セット750円と意外とリーズナブルにできるのも嬉しいポイント。

 

 

席札や席次表もオーダー可能

一度目にして触ってみると、その質感のトリコになる活版印刷。せっかくなら席札や席次表などの他のペーパーアイテムも、活版印刷でそろえたいと思う方もいるのでは?

 

Printworks Studio Shibuyaでは招待状以外のペーパーアイテムもオーダーできます。デザインを作って入稿することも、プロにデザインしてもらうことも可能。親身に相談に乗ってくれるので、希望があれば気軽に相談してみて!

 

丸形の席札に、手書きでゲストの名前を書いたもの

ぜひ一度足を運んでみて

いかがでしたか?「おふたりにとって大切な人達へ。シンプルにあたたかさが伝わる、古き良き印刷方式“活版印刷”でつくるペーパーアイテム」とても素敵ですよね。こだわり派の新郎新婦さんに、ぜひ選んでもらいたいアイテムです。

 

活版印刷は実際に目にして触ってみて伝わる良さがあるので、ぜひお近くにお住まいの方はお店を訪ねて実物を見てみてくださいね。ゲストが招待状を開封したときの感動をきっと味わうことができるはず。

 

またネットでのオーダーも受け付けているので、遠方の方でも大丈夫。ぜひホームページをチェックしてみてください。

 

 

Printworks Studio Shibuya

デジタル化社会により、世界中の人とつながり、多様な価値観が広がっているなか、もっと紙や印刷の手触り感や温かみを感じて欲しいという想いから2014年スタートした活版印刷スタジオです。

東京渋谷で創業昭和2年の長谷川印刷株式会社が運営。

 

※直接ご来店して頂く場合、日時をお約束させて頂くと活版印刷ペーパーアイテムのことを詳しくご相談頂けます。

 

HP
http://printworkswedding.com

Instagram
@printworksstudio

 

150-0043
渋谷区道玄坂1-15-3-107
Tel: 03-6416-1671
studio@p-sun.co.jp
営業時間11:00 – 20:00
定休日 日曜日 祝日

S

ARCH DAYS編集部

S

ハワイでの挙式、日本での披露宴を経験。女の子のママ。

情報集め大好き。手作り大好き。デザイン大好き。

自身の結婚式のペーパーアイテムはすべてパワーポイントで手作りしたツワモノ。

 

ARCH DAYS Website:http://archdays.com/

Facebook:https://www.facebook.com/archdays.official/

Instagram:https://www.instagram.com/archdays_weddings/

Pinterest: https://jp.pinterest.com/archdays/

UPDATE: