WEDDING

COLUMN

【フラワーコーディネーター監修】結婚式お花を使った花嫁髪型アレンジのポイント

【フラワーコーディネーター監修】結婚式お花を使った花嫁髪型アレンジのポイント
by Satomi Imai

一度きりの大切な結婚式、お花を飾ってスペシャルな日にしよう

結婚式_ヘアスタイル_髪型

贅沢に小花をあしらった花嫁ヘアスタイル

 

花嫁さんのヘアスタイルは、結婚式の迷いポイントの中でもかなり重要なもののひとつ!ウェディングドレスの時はティアラをつけて、お色直しドレスチェンジのタイミングでヘアスタイルも変えたり、最近ではドレスはお色直しせずにヘアスタイルとブーケでガラッと雰囲気を変えてイメージチェンジする方も少なくありません。

 

結婚式は新郎新婦おふたりにとって一度きりの大切な日。そんな大切な日だから、普段とは違うスペシャルなアレンジをしたいところ。そこでオススメなのが、お花を飾ったヘアアレンジ!お花のコサージュを添えることで、シンプルなヘアスタイルでも断然華やかにコーディネートできます。今回は、そのアイディアをご紹介。

シニヨンに小花をあしらって可憐さを引き立てて

シニヨンとは、簡単に言ってしまえばお団子スタイルのこと。束ねたりねじったりした髪を、バックやサイドでまとめた髪型です。アップスタイルでうなじが見える清楚なスタイルですが、基本的に動きが激しいアレンジではないので何か飾りが欲しくなる髪型でもあります。ティアラやジュエリーのコサージュも合いますが、ナチュラル、素朴、可憐などのイメージを強めたい方には、小花のコサージュがオススメ。大ぶりなお花だとバランスが取りづらいので、小花を集めて並べるアレンジが◎

グリーンを取り入れればナチュラルな印象に

ヘアスタイル

上品なシニヨンにグリーンをあしらったナチュラルなスタイル

 

小花は元々ナチュラル感を出しやすい花材ですが、葉物などのグリーンを織り交ぜることでより一層ナチュラルな印象に。ガーデンウェディングやハウスウェディングを予定している方は是非チェックしてみて。

 

結婚式_ヘアスタイル

ドライフラワーをプラスしたヘアアレンジはより可憐な印象に

 

可憐な印象を出すのにもシニヨンプラス小花のスタイルはとってもオススメ。ウェディングドレスの時はシンプルな白グリーンが定番ですが、白ベースにほのかな色味をポイントで入れ込むのも素敵。

シンプルなポニーテールにはたっぷりとお花を飾ってみて

髪型

ポニーテールのヘアスタイルはお花を取り入れると特別感がでて◎

 

シンプルな印象のポニーテール。日常生活の中でもよく取り入れるスタイルだから、特別感を出すには少し工夫が必要ですよね。そこで、ポニーテールにはたっぷりと贅沢にお花をあしらってみてください。スタイル自体がシンプルなので、たくさんのパーツを使っても重くない印象に落ち着けられます。

ドレスのトーンを損ねずに差し色をするイメージで

カラードレス 結婚式

カラードレスの印象にマッチした花嫁ヘアアレンジ

 

ブーケやヘッドコサージュのお色味を決める時は、ドレスの雰囲気やトーンを損なわないカラーの範囲で、差し色を加えるイメージにするのがオススメ。

 

例えばくすんだピンクのドレスでアンティークな雰囲気を演出したければ、ブーケとヘッドコサージュに使うお花もくすんだトーンの物で、少し濃い色などを取り入れると引き立つでしょう。ブーケとヘッドコサージュの花材は、同じ色味や花材を選ぶのが基本。

花冠で主役感を演出

お姫様気分を味わいたいならやっぱり花冠は要チェック。ミニバラなどのお花や小さなグリーンを組み上げて作るのが定番スタイル。ガーデンウェディングやナチュラルイメージ、プリンセスイメージの方などに特にオススメ。

 

花冠は素朴なイメージを保ちつつ特別感を出すのにもぴったりです。清楚なドレスに合わせれば、ゴテゴテしすぎずセンス良く主役感を出せちゃう。

たくさんの小花を花冠風にあしらうスタイル

花冠

最近の花冠のトレンドはお花のパーツを並べた“花冠風”アレンジ

 

組み上げて1つの冠にしなくても、お花のパーツを花冠のように並べてあしらえば、花冠風のスタイルにできます。ボリューム感のある花冠は厚みや重みも増してくるので、使いたい花材や出したいボリュームによってはパーツを並べた方が自然になる場合もあります。担当のフラワーコーディネーターさんに相談して、あなたらしいデザインを考えてみましょう。

大ぶりなお花を贅沢に並べてとびきりボリューミーに!

結婚式_新婦_髪型

大ぶりのお花を花冠にしたらボーホーテイストに

 

大ぶりのお花を花冠にしたら、それだけでとびきり特別なスタイルの完成。ボリューム感のあるドレスに合わせたらラブリーなプリンセスイメージに。シンプルなドレスに合わせたらガーデンウェディングやナチュラルウェディングのイメージを高められます。

 

小ぶりな花材やグリーンだけで花冠を組んで、大ぶりなお花はパーツで用意してバランスを見ながら添えていってもいいでしょう。

パーツを集めてお花のティアラ風アレンジ

まるでお花のティアラみたいな花嫁ヘアスタイル

 

パーツをたくさん用意して並べるスタイルなら、花冠みたいにぐるっと一周頭を囲まずに前側や後ろ側だけに配置することも可能。トップにお花を集めて形を作れば、お花のティアラ風スタイルの完成です。

パーツをお顔のサイドにまとめるスタイル

お顔のサイドにお花アレンジするヘアスタイルは和装にもぴったり

 

ヘアスタイルそのものにボリューム感を出す場合は、いくつかのお花のパーツをお顔のサイドにまとめてささやかなアクセントにするスタイルもオススメ。髪の毛自体がふんわりとしているのであれば、少なめのパーツで色味を添えるだけでも充分な存在感が出ます。

お顔のサイドにアレンジすればより華やかな印象に

結婚式_フローラルウェディング_ヘアスタイル

正面からの印象がより華やかになるヘアアレンジ

 

お顔のサイドにお花をアレンジすれば、正面から見たときにお顔まわりをより華やかに見せる効果が。思い切って大ぶりのお花をいくつかつけるとより印象的に。

流れる髪に小花を散りばめるラプンツェルスタイル

結婚式_髪型_かわいい

ドライフラワーをアレンジしたラプンツェルスタイルの髪型

 

流して垂らしたヘアスタイルに小花を散りばめるラプンツェルスタイル。一時期からブームになり、根強い人気を誇って今では定番スタイルの1つです。

リボンを一緒に編み込むアレンジ

結婚式 新婦 髪型

リボンを一緒に編み込んだラプンツェルスタイルのヘアアレンジ

 

リボンを髪の毛に混ぜて編み込むアレンジもできちゃいます。色のあるリボンを数種類使って目立たせてもいいですし、レース素材のリボンを使用するのもオシャレ。

ツタを絡めてよりナチュラルに

ツタを絡めたよりナチュラルな花嫁ヘアアレンジ

 

散りばめたお花と一緒にツタを絡めれば、より一層ナチュラルな雰囲気が出せます。ラプンツェルスタイルそのものはゴテゴテしていないスタイルなので、花冠と合わせても華やかで可愛らしくなりますよ。

お花を選ぶ時は会場装花よりもドレスやブーケを意識して

結婚式_髪型_花嫁

ブーケとあわせたお花のヘアアクセサリー

 

ここまでお花を使用したヘアアレンジについてご紹介してきましたが、スタイルが決まってもどんな種類のお花を選んだらいいのか疑問に思う方もいますよね。私がフラワーコーディネーターをしていた頃も、ブーケやヘアアレンジに使う花材は会場装花に合わせた方がいいの?という質問をたくさん受けました。

 

結論として、会場装花とブーケやヘアアレンジのお花は合わせなくてもいいというのが私のオススメです。もちろん合わせたって変じゃありません。でも、無理に合わせる必要はないのです。それよりも、選んだドレスにどんなお花が合うのかを意識するのが◎。まずはブーケのスタイルや花材を決めて、ヘアアレンジに使うお花はブーケと合わせるかもしくはその雰囲気を損なわないものをチョイスすると決めやすいでしょう。

パーティーのテーマを決めてトータルでコーディネート

真っ白のお花のヘアアレンジはゴージャスで洗練されたイメージに

 

これは私がお花のお打ち合わせの時によくお話しさせてもらっていたことなのですが、もし迷ったらまずはパーティーのテーマを決めてイメージするのがオススメ。ガーデン、ナチュラル、アンティーク、ノーブル、ゴージャス、ラブリー、アットホームなど、なんでもOK。後は決めたテーマを意識しながら、ドレス、ブーケ、会場装花など、順々にイメージしてみて。ヘアアレンジのイメージや希望も自然と浮かんでくると思います。

 

でも、最初に決めるものはテーマじゃなくても大丈夫。例えば先にドレスを決めてそれに合わせたテーマを決めるのもアリです。どこかを決めてテーマが固まると段々イメージが膨らんできて、きっとワクワクしてきますよ。

 

Satomi Imai

Satomi Imai

元フラワーデザイナー。都内ハウスウェディング会場や有名ホテルでのウェディング装花の経験を活かし、会場装飾、ウェルカムスペース、ブーケやテーブルコーディネイトなど、素敵な装飾アイディアをご提案します。

UPDATE: