WEDDING

COLUMN

あなたのドレスに合うブーケは?自分好みのウェディングブーケの選び方

あなたのドレスに合うブーケは?自分好みのウェディングブーケの選び方
by Satomi Imai

ウェディングブーケにはどんな種類があるの?

結婚式_ハワイ_

好きなお花を束ねたワイルドブーケがおしゃれ。【ALBUM:「SWEET CRYSTAL BLUE」】

 

ウェディングドレスや招待状、お料理など、結婚式の準備には迷うポイントがたくさん。その中の1つがウェディングブーケ、という方も少なくないのではないでしょうか?

もちろん、自分好みの持ちたいブーケを選ぶのが1番。でもどんなお花を使ってどんな形がいいのかなど、ブーケ1つでも悩むポイントはたくさんありますよね。今回は、ウェディングブーケの形やそれに合うお花の種類、合わせやすいドレスなどをご紹介!どんなブーケが自分に合うのか参考にしてみては?
 

1. やっぱり1つは王道ブーケを持ちたい♪

ブーケはウェディングドレスやアクセサリーのコーディネートの一部。お気に入りのブーケなら、挙式中もパーティー中も常に持っていたいもの。花嫁さんから人気のブーケは、まるでぎゅっと手元にお花を集めたような持ちやすいサイズのもの。取り入れるお花によって、スイートやナチュラルなイメージ、アンティークの雰囲気など、目指したいイメージを表現しやすい丸っこいフォルムは間違いなく可愛い♪

ラウンドブーケ

芍薬だけで作られた可愛らしいラウンドブーケ。【ALBUM「BON MARIAGE】

 

ラウンドブーケは名前の通り丸い形のブーケです。ウェディングブーケの中でも定番のスタイル。可愛らしい印象を演出しやすく、どんなドレスとも合わせやすい万能な形なんです。特にAラインやプリンセスラインなどのウェディングドレスとの相性はバツグン。どんな花材でもラウンドブーケは作りやすいので、お色直しのカラードレスのタイミングで色の映えるラウンドブーケを持つのもオススメ!ブーケのカラーを決める時は、ドレスと喧嘩しないカラーでありつつも、全く同じではない色を選ぶと存在感が出て◎
 

クラッチブーケ

結婚式_ブーケ_かわいい

小花や実物も組み合わせてざっくり束ねたクラッチブーケ。【ALBUM:「SWEET MODERN MEADOW」】

 

クラッチブーケは、花束のようにお花をざっくりと束ねたスタイルのウェディングブーケ。持ち手がついているラウンドブーケとは違って、クラッチブーケは茎が見えた状態でお花をまとめるので、ナチュラルな印象が出しやすくなるんです。持ち手に結ぶリボンがよく見えるのも特徴。大ぶりなお花を使うこともできるし、季節感のある小花やグリーンをたっぷり合わせれば、ガーデンウェディングやアンティークなウェディングイメージの演出が引き立ちます。エンパイアドレスにクラッチブーケを持ったら、まるで森の妖精のような可憐な印象に。

2. 流れるフォルムのエレガントブーケ

流れるように美しく垂れさがった形のウェディングブーケは大人っぽくエレガントに演出できるブーケ。その中でもいくつか種類があるので、選んだドレスと合わせた時のバランスをイメージして選んでみては?

 

キャスケードブーケ

キャスケードブーケ

 

キャスケードという言葉には、”小さな滝”という意味があります。キャスケードブーケとは、その名の通り滝のように流れるようなスタイルのウェディングブーケ。キャスケードブーケは存在感があってゴージャスな印象を作りやすいのです。長さや大きさもあるので、バラや小花だけでなくユリや胡蝶蘭といった大きめのお花も使用しやすいスタイル。シンプルなAラインのウェディングドレスやエンパイアドレスなどと合わせるととてもエレガント。クラシカルなイメージやノーブルで気品あるウェディングを演出したい方には特にオススメです。
 

ティアドロップ・オーバルブーケ

小花をたくさん使って、可愛らしさとナチュラル感を表現しているティアドロップブーケ。【ALBUM:「PARFAIT TIME】

 

ティアドロップブーケとは、涙の雫のような形のブーケのことです。キャスケードブーケよりも長さは短く、コロンと可愛らしい印象を残してくれるブーケ。また、ティアドロップに似たオーバルブーケは楕円形のブーケで、キャスケードブーケの長さを抑えてコンパクトにしたイメージ。どちらのブーケも控えめに垂れ下がる形でありつつも、長さは長すぎないので裾の広がりがあるウェディングドレスなどにぴったり。可愛らしさとボリューム感のどちらもブーケに求める方には特にオススメ。背の低い方や華奢な花嫁でも気兼ねせず持ちやすいデザインです。
 

3. ドレスに合わせて自分らしいウェディングブーケを!

定番なスタイルではなく、ちょっと変わったウェディングブーケが持ちたい!そんな方や、こだわりのドレスにピッタリのブーケを見つけたい方は、これから出てくる形も是非参考にしてみて。自分らしく演出できるブーケのスタイルを見つけてくださいね。

 アームブーケ

すっきりしたウェディングドレスにカラーのアームブーケがぴったり。【ALBUM:「SHARE TIME」】

 

アームブーケとは、茎を長く残したまま流れるような形にお花をまとめたスタイリッシュなウェディングブーケ。持ち方も他のブーケとは違い、片方の手で持ち、女性の芯の強さを表すようなデザイン。カラーのお花を使用したアームブーケのイメージが強い方も多いのでは?お花の茎の美しいラインを強調したアームブーケは、マーメイドラインなどスッキリしたウェディングドレスとの相性が抜群。大人っぽくエレガントにコーディネートをまとめたい花嫁さんにはオススメ。
 

バッグブーケ

レースのウェディングドレスにぴったりな、ナチュラルなカゴブーケ。【ALBUM:「THE TWO OF US」】

 

まるでバッグのように持ち手を持つのがバッグブーケ。すべてお花でバッグの形を表現する場合もあれば、カゴにお花を挿してカゴバッグのように持つタイプまで様々。可愛らしい印象やファッショナブルな印象にしたい方には特にオススメのウェディングブーケです
 

リースブーケ

ピンクグレーの柔らかい色合いのカラードレスに映えるリースブーケ。【ALBUM:「ROMANTIC BOTANICAL】

 

ナチュラルウェディングを目指す花嫁さんの中で最近人気なのがリースブーケ。ドライフラワーなどで手作りされる方も多いんだとか。カラードレスの時にリースブーケを合わせることが多く、エンパイアラインのドレスやダスティーカラーのドレスに合わせることでよりナチュラルな印象をプラスできます。ドライフラワーなどで作れば、結婚式後もそのままおうちに飾っておけるのがまた魅力の一つ。
 

会場装花とブーケは合わせた方がいい?

結婚式

会場コーディネートとブーケも統一感があって素敵!【ALBUM:「MORE FASHIONABLE! MORE FUN!」】

 

会場にコーディネートするお花とウェディングブーケのお花は、合わせた方がいいのかな…と悩んでいる花嫁さんも多いのでは?でもそんなことはないんです。ウェディングブーケは会場装花以上にドレスとの相性で考えることが一般的。会場の中にいてもチャペルの中にいても、ドレスとブーケのトータルコーディネートされているかどうかが、美しく見えるポイント!もちろん、ご自身のウェディング全体のテーマを決めて、会場装花もウェディングブーケも統一感があるとなおいいですよね。
 

自分に合った最高にお気に入りのウェディングブーケを

ブーケ

 
たくさんのウェディングブーケの種類をご紹介してきましたが、このほかにも実は様々な形があるブーケ。大きな三日月のようなクレッセントブーケや、腕にリボンで結ぶリストレットブーケなどもあります。自分らしいウェディングブーケを持つための一番のカギは、ウェディングドレスとのバランスがいいかどうか。お気に入りのブーケになれば、パーティー中でもずっと手放したくないとっておきのアクセサリーになりますよね。結婚式の目指したい雰囲気をしっかりイメージしながら、素敵なブーケで結婚式の一日を過ごしてくださいね。
 

▼ドレスに合わせるアクセサリー小物の記事もおすすめ

Satomi Imai

Satomi Imai

元フラワーデザイナー。都内ハウスウェディング会場や有名ホテルでのウェディング装花の経験を活かし、会場装飾、ウェルカムスペース、ブーケやテーブルコーディネイトなど、素敵な装飾アイディアをご提案します。

UPDATE: