PARTY

COLUMN

自分でもできるニューボーンフォトの撮影!ポイントや注意点は?

自分でもできるニューボーンフォトの撮影!ポイントや注意点は?
by ARCH DAYS編集部

ニューボーンフォトってどんなもの?

生まれたての赤ちゃんの記念写真

赤ちゃんが生まれて間もないうちに撮影をする「ニューボーンフォト」ってご存知ですか?日本では産後一ヶ月の検診でお医者さんから外出許可が出ることが多いので、赤ちゃんが生後一ヶ月を過ぎてからお宮詣りをして写真を撮ったり、100日の記念にお食い初めなどのお祝いをして記念写真を撮ることがほとんど。でもアメリカなどの欧米では新生児、それも生まれて2週間以内に赤ちゃんの写真を撮影することが多いんです。

 

ニューボーンフォトOKなスタジオや出張カメラマンを手配

ニューボーンフォトの撮影方法は大きく2つ。ニューボーンフォトの撮影を行っている写真スタジオに行って撮影をするか、カメラマンさんが自宅に来てくれて撮影をするパターンです。料金はスタジオやカメラマンさんによって差がありますが、3万円~10万円ほど。スタジオに行く場合は一ヶ月健診での外出許可が出てからになるので、「ニューボーン」と呼ばれる時期は過ぎてしまいます。

でも赤ちゃんが生まれたての頃と言えば授乳のタイミングもまだまだ軌道に乗らず、すべてが赤ちゃん中心の生活。まだ思うように家事も出来ない、そんな頃に自宅に人を呼ぶのはなかなかハードルが高いと感じるママも多いとか。

ニューボーンフォトも自分で撮影できる?!

毎日顔が変わっていく新生児期を逃さず記録

実はニューボーンフォトも、自分で撮影するという方が増えてきているんです。パパとママで助け合って準備をしたり、仲の良い友達に手伝ってもらって撮影したり。赤ちゃんの体調や授乳を気にせずに、ママのタイミングで撮影できるといいですよね。セルフだからこそ、赤ちゃんのご機嫌が悪くてうまくいかなければまた次の日に、なんてことも可能。今回は自分で撮影するニューボーンフォトについてご紹介していきます。

 

ニューボーンフォト

 

撮影に適した時期・時間は?

新生児期の赤ちゃんは生まれてから毎日どんどんと顔や体型が変わっていきます。一日ごとにおっぱいやミルクで顔がまるくなり、ムチムチとしっかりした体つきに。生まれたての表情や体つきを写真に残すなら2週間までがベターと言われています。また、お母さんのお腹にいたときのような独特のポーズをとるのもこの頃まで。

また、ニューボーンフォトを自宅で撮影をするなら明るい日光が入る午前中がオススメ。赤ちゃんの体調も良く、撮影に適しています。なんだかんだと時間がかかってしまうため、余裕を持って早めに準備を始められるのがベスト。

どんなものを一緒に撮る?人気の小道具

赤ちゃんの名前やイニシャルや生まれたときの記録と一緒にプロップス(小物)を一緒に並べて撮影するのが最近の定番!ただ生まれた日や時間を紙に書いておくだけではなく、以下のような小物を一緒に並べるのが人気。

●生まれた日…生まれた日が分かるカレンダーや数字のオブジェ、生まれた日の季節が分かるお花や季節感のあるアイテム

●生まれた時間…ちょうどその時間にあわせた時計

●体重…ダンベルや料理はかり、体重計など

●身長…メジャーや定規など

 

パーティープランナーに学ぶニューボーンフォト撮影のあれこれ

産後のママは本当にバタバタ。睡眠不足な毎日に体も疲れていてなかなか準備ができないまま、気づけば新生児期が終わってしまった…なんてことにならない様に、産まれる前にシュミレーションをして、必要なものは万全に揃えておきましょう。今回はニューボーンフォトの自宅での撮影のポイントやコツをプロのパーティープランナーさんに教えてもらいました。

 

ニューボーンフォト

 

今回ニューボーンフォトを撮る際に気をつけたことは?

belly button deco さん (以下B):赤ちゃんのペースを第一に撮影しました。オムツ替えや授乳などこまめに休憩を取り、また、撮影自体もなるべく短い時間で撮影しました。オムツ一枚での撮影だったので、室温をあたたかく保ち、またマスクと加湿空気清浄機で衛生面も気をつけました。

 

生まれたての体がよくわかるように裸やおむつ1枚で撮影することが多いニューボーンフォト。まだまだ抵抗力の低い赤ちゃんの体調を一番に考え、大人が少し暑いかなと感じるぐらいの室温で、とにかく負担をかけないよう短い時間で撮影をすることが大事なんだそう。

準備で苦労したことや、当日大変だったことは?

 

B:赤ちゃんに声をかけてカメラの方を向く、とはいかないので、カメラ目線の撮影が少し難しかったです。ただひたすら、そのタイミングを待つのみ!

 

ニューボーンフォトの場合、赤ちゃんをぐっすり眠らせてから撮影する場合も多くありますが、起きているときの撮影はより難易度が高そう!でもせっかくならカメラ目線の写真を残したいですよね。

ニューボーンフォトを撮るコツやポイント、アドバイスがあれば教えてください。

B:とにかく赤ちゃんが不安にならないようにママには赤ちゃんのそばにいて声をかけてもらいました。赤ちゃんがリラックスして撮影できるよう、お気に入りのものを近くにおいてあげます。

 

新生児はひとたび泣きだしてしまうと、泣きやんで落ち着くまでなかなか時間がかかってしまうもの。赤ちゃんが思いっきりリラックスできる環境づくりが大切なんですね。

今回のニューボーンフォトでスタイリングのポイントは?

ニューボーンフォト

 

B:家にあるものだけで簡単に可愛くスタイリングができるということをポイントに、赤ちゃんのナチュラルな雰囲気に合わせて、麻やお花など自然のものを使いスタイリングしました。

 

ニューボーンフォト

 

B:色味が合わないものなどは、麻紐で巻くなど工夫して、統一感を出しました。カレンダーは無料でダウンロードできるオシャレなものを探して印刷し、生まれた日付をハートの画用紙で目印をつけました。

撮影を終えたママの感想は?

B:今回生後二週間の赤ちゃんの撮影でしたが、新生児は日々お顔が変わるので、新生児時期の早いタイミングで撮影できたのが良かったと喜んでもらえました!

ニューボーンフォトは計画的に

あっという間にすぎる大切な瞬間を逃さず記録

 

難しい赤ちゃんの撮影だからこそ、事前に計画が必要。前々からどんな写真が撮りたいか、どんなものと一緒に撮影したいか、色々とシュミレーションできるといいですね。ニューボーンフォトの撮影は一人では一苦労。事前にパパや友達にお願いをしておきましょう。とはいえ、あれこれと詰め込んでしまわず、ママも赤ちゃんもリラックスすることが一番ですよ。お気に入りの一枚が撮影できるといいですね。

 

ニューボーンフォトのアイテムを手作りしよう!合わせて読みたいおすすめ記事

赤ちゃんの王冠を手作り!1歳誕生日やハーフバースデーのお祝いに【無料テンプレート】

 

 

赤ちゃんの王冠

 

お誕生日やインテリアに♪リリアンで編むウールレターの作り方

ウールレター_作り方

 

今回話を聞いたのは・・・

様々なシーンで活躍するパーティープランナー。ARCH DAYSでも素敵な事例をたくさん掲載中!

パーティープランナー belly button deco

こんにちは

belly button decoです。

 

bellybuttonは、

息子が大好きな言葉で、

一瞬で笑顔になってくれる魔法の言葉。

 

とにかく、パーティーが大好きで、

自身がスタイリングしたパーティーで、

ゲストの方々を一瞬で笑顔にできたらと思い、

この名前をつけました。

 

ロゴには、日本の漢字”凸”=decoを使ったデザインにし、made in JAPANのパーティーデコレーションをInstagramにて発信していきます。

Instagram:@bellybuttondeco

 

 

M

ARCH DAYS編集部

M

キャンプやフェス、雪山、海、そしてお酒をこよなく愛するアウトドア女子。1児(男の子)の母。

 

ARCH DAYS Website:http://archdays.com/

Facebook:https://www.facebook.com/archdays.official/

Instagram:https://www.instagram.com/archdays/

Pinterest: https://jp.pinterest.com/archdays/

UPDATE: