PARTY

COLUMN

デュアルブラッシュペンABTを使ったハンドレタリングの楽しみ方

デュアルブラッシュペンABTを使ったハンドレタリングの楽しみ方
by Tombow USA

ハンドレタリングにとっても便利なデュアルブラッシュペンABT

Tombow USA デザインチームのローレンです。私が最初にハンドレタリングをはじめたとき、トンボ鉛筆のデュアルブラッシュペンABTを手に取ったものの上手く使いこなせずイライラした経験があります。けれど使い方をきちんと理解してコツさえつかめばとっても便利なペンなんですよ。今日はこの太めのブラッシュペン、デュアルブラッシュペンABTを使ってハンドレタリングを楽しむためのアドバイスを5つご紹介します。

 

トンボ鉛筆デュアルブラッシュペン

 

1. ブラッシュペンの特徴を理解しよう

ハンドレタリングに使えるペンやツールはたくさん。その中でもブラッシュペン(筆ペン)の使い方を徹底的に理解することが大事。

 

レタリングペンのバリエーション

 

ブラッシュペンで描くハンドレタリングに欠かせないのは筆圧

ブラッシュペンを使ってカリグラフィー効果のある文字を描くときのポイントは何よりも筆圧。ダウンストローク(ペンを上から下に動かす動作)は筆圧を強く、線を太く。アップストローク(ペンを下から上に動かす動作)は筆圧を弱く、線を細くするのです。デュアルブラッシュペンABTを手にとる前に、まずは鉛筆(おすすめの硬度はB)や筆之助で試してみて。鉛筆は筆圧の練習をするのに最適で、筆之助のような小さめの筆先はしっかりとしていて初心者でもコントロールしやすいのです。筆圧や筆先のコントロールに慣れてきたら、ぜひデュアルブラッシュペンABTでもお試しを。

 

トンボ鉛筆デュアルブラッシュペン細先

 

デュアルブラッシュペンABTは筆のようにしなる「フレキシブルファイバー筆芯」と、細めの線もきれいに書ける「0.8㎜ポリエステル芯」のツインタイプ。細めのポリエステル芯は単一線を描いたり、あとからダウンストロークを太く塗りこむ「カリグラフィ風」文字を描くのにとっても便利。

 

トンボ鉛筆デュアルブラッシュペン筆先

 

筆圧を使い分けるために作られたデュアルブラッシュペンABTの筆先

デュアルブラッシュペンABTの筆芯の方は太めで柔軟性があり、コントロールするにはやはり練習が必至。この筆先は筆圧を活用するために作られており、適度な角度で強めに力を加えてもよほどのことがない限り筆先を痛めることはありません。また、色を混ぜたとしても筆先に別色が染みることはなく、インクとともにセルフクリーニングされる優れモノ。そしてペンの筆先が損なわれることなく、美しい作品を仕上げるのに重要なのは適した紙にペンを正しく使うこと。

 

筆先に適した紙

 

2. 上質な紙を使おう

ハンドレタリングにおいて決定的なポイントのひとつはそのペンに適した紙を使用すること。デュアルブラッシュペンABTを使用の際にはなめらかで上質な紙を使うことが重要です。例えばロディアのドットペーパーはとてもなめらかで筆先にやさしくておすすめ。ダウンロードした練習シートに直接書くときは、きめ細やかなレーザープリント用紙に印刷するのが良いですよ。

 

正しいブラッシュペンの持ち方

3. まずは基本を練習、習得しよう

ブラッシュペンの初心者はまずペンの持ち方で戸惑いますよね。左利きの私はペンの中心部分が手に支えられながら上向き9時の方向を向くように持ちますが、右利きの方も同様に、逆にペンが上向き3時の方向を向くように持ちましょう。この角度でペンを持つことで太いダウンストロークと細いアップストロークが描きやすくなるのでとても重要なポイントです。

 

ブラッシュペンのストローク

 

私がはじめてデュアルブラッシュペンABTを見かけたのはインスタグラム動画で、まるで魔法のようなペン先に魅了されました。もちろんいきなり使いこなせるわけもなく、その後随分と練習を重ねましたよ。最初はとにかく基本から練習、紙にペン先だけ当てて流すように描く細いアップストローク、筆圧を加えて描く太いダウンストロークを繰り返しましょう。もしもうまく行かなければ、いま一度筆之助など筆先がしっかりしたものに戻り、筆圧コントロールを確認してから再度チャレンジするのが◎

 

ブラッシュペンでレタリング

 

細字と太字のストロークのコツをつかんだら、次はアルファベットにチャレンジ。Tombow USAによるアルファベットの練習シートがとっても便利。練習シートはこちらでダウンロードできるので印刷して練習してみてくださいね。個々のアルファベットを描くのに慣れてきたらやがて好きな言葉や文章まで描けるようになり、ハンドレタリングがもっともっと楽しくなるはず。

 

色を混ぜたハンドレタリング

4. 色を混ぜて、混ぜて、もっと混ぜる

デュアルブラッシュペンABTは実は本当に魔法のようなツールだって知っていましたか?計95色のライナップで、それぞれの色を混ぜることも可能なんです。ペン色の混ぜ方も様々。濃いめの色のペン先と、薄めの色のペン先をすり合わせ、薄い色の方のペンで紙に書くと上の写真のようなグラデーションがかかるんです。他にもクリアファイルなどの上に濃い色のペンを塗り、薄い色のペン先でその色を取りながら書くと同じ効果が表れます。

 

トンボ鉛筆色混ぜパレット

5. 水彩を作ろう

そして最後に、デュアルブラッシュペンABTは水彩色としても使えるんです。水性なので水との相性もよく、水分を加えると色がすぐに広がります。先ほどのようにクリアファイルなどに色を塗ったら、霧吹きなどで軽く水を加えましょう。この時にもお好みのペン色を混ぜ合わせるのも◎ 絵筆に水分を加えたインクを馴染ませてレタリングを楽しむこともできます。また、ペンで紙に直接書いたあとに水筆を使って色を広げることもできるんです。(下記写真の葉っぱ部分のように)

 

水彩としてのデュアルブラッシュペン

 

いかがでしたか?コツさえつかめば広がるデュアルブラッシュペンの世界。レタリングだけでなく色であそんだり水彩にしてみたり、ハンドレタリングの可能性がぐっと広がりますよね。

 

ハンドレタリングの更なるインスピレーションやアドバイス、ちょっとした裏技などは私のホームページインスタグラムをチェックしてね!

 

Happy Lettering!

 

Lauren

 

原文『5 Tips to Lettering with Tombow Dual Brush Pens by Lauren Fitzmaurice』はこちら

 

▽他にも参考にしたいTombow USAのハンドレタリング記事

ハンドレタリング

『ハンドレタリングのインスピレーションとワンポイントアドバイス』 by Tombow USA

Tombow USA

Tombow USA

1913年に創立した日本の老舗文具メーカー、トンボ鉛筆のアメリカ支社。アメリカではオフィス文具、スクール文具の他にアート系の文具で人気を得ている。

 

WEB: http://tombowusa.com

*TOMBOW USAのECサイトは、日本からでは購入できません

 

Facebook: https://www.facebook.com/tombowusa/

Instagram: https://www.instagram.com/tombowusa/

UPDATE: