WEDDING

COLUMN

冬の結婚式の方必見!ウェルカムリースを手作りして季節感を取り入れて

冬の結婚式の方必見!ウェルカムリースを手作りして季節感を取り入れて
by ARCH DAYS編集部

冬の結婚式にはクリスマスを取り入れてゲストをワクワクさせよう

結婚式を11月や12月に行う新郎新婦さまは、クリスマスらしさを取り入れようか迷っている方も多いのでは?

少し寒くなってきた時期だからこそ、クリスマス気分を味わってあたたかさを感じてもらいたい。けれど、ただ緑と赤のクリスマスカラーにするのは、なんだか定番すぎていや。そんなお二人に、ちょっと人と差をつけられる結婚式への”クリスマス装飾”のおしゃれな取り入れ方とコツをお届けします!

 

クリスマスコーディネート

白×グリーンでまとめたクリスマスのテーブルコーディネート

 

ウェルカムリースでクリスマス気分を感じられる結婚式

結婚式にクリスマス要素を取り入れるカップルの中でも、ウェルカムスペースにクリスマスツリーを置く方もいるんだとか。インパクトもあるし、自分たちの結婚式の雰囲気に合わせたオーナメント装飾などもできますよね。

 

しかし、スペースや飾る手間を考えると結構大がかりなもの。今回は、クリスマスウェディングにぴったりなウェルカムリースの作り方をご紹介!ウェルカムボードの代わりにもなるし、作り方もとっても簡単。ぜひ試してみてください♪

 

簡単ウェルカムリースの作り方

用意するもの

・リースの土台(今回はSøstrene Greneのものを使用)

・アートワイヤー(2mmの太さのものを使用)

・グルーガン

・お好きなグリーンのアーティフィシャルやドライグリーン

・木ノ実やコットンフラワーなど付けたいドライフラワー

・布(今回はコットンリネンを使用しているが、太めのリボンなどもOK)

 

 

作り方手順

①アートワイヤーを好きな文字に手作業で曲げていきます。

やり直しもききますが、何度も曲げていると跡がついてしまうので、バランスを見ながら滑らかさを意識して曲げていくのがポイント!

 

 

今回は「Welcome」と型どりましたが、「Thank you」などにしても◎。

結婚式の受付に置くリースにしたいなら、「Groom」や「Bride」を型どっても素敵!

 

 

②リースにグリーンやコットンフラワーなどを付けていきます。リースにくっつく部分にグルーガンを付けて、乾かないうちにリースに付けます。

 

グリーン→コットンフラワー→木ノ実の順番で付けていくとバランスをとりやすいのでおすすめ。

 

 

 

③ ①で型どったアートワイヤーにもグルーガンを付けていきます。

リースに触れる部分の面積は少なくても、しっかりグルーガンを付けていれば固定されるので心配いりません。

 

 

クリスマス_ウェルカムリース

 

④最後に好きな場所にコットンリネンを結んで完成!

 

クリスマス_ウェルカムリース

 

つけるアイテムを変えて自分好みのリースを手作り!

いかがでしたか?

ウェルカムリースなので、ゲストが会場に訪れたとき最初に目に入り、クリスマス気分を感じてもらえるアイテムになるはず。

 

リースに付けるアイテムは、松ぼっくりやドライフルーツなどをつけても素敵。コットンリネンも、ゴールドのリボンに変えればエレガントさをプラスできます。自分の好みのリースにアレンジしてみてくださいね。

 

 

冬の結婚式は〇〇を取り入れればおしゃれに見せられる!

最後に、冬の結婚式だから叶うおしゃれに見せるコーディネートのコツをご紹介します。

 

コットンやパンパスグラスをコーディネートに用いるとBOHOウェディングに!

「GATHER UNDER THE COTTON TREE」

のウェディングでは、高砂のテーブル上にもコットンややパンパスグラスを

結婚式_高砂

結婚式_装花

今回のリースにも使ったコットンフラワー。少しシルバーかかったグリーンとの相性がばっちり。装飾にプラスするだけで優しい雰囲気とあたたかさを感じられるはず。パンパスグラスもアイボリーの色味とボリューム感を出すのに大活躍!

 

松ぼっくりやシナモンを使って冬のナチュラルコーディネートに!

ALBUM:「HOLIDAY ORANGE, CINNAMON AND PINE」

クリスマススワッグ

ドライオレンジ

シナモンや松ぼっくりをコーディネートに取り入れるのも冬らしさが出て◎オレンジのドライフルーツもアクセントになって、一味違ったクリスマスを演出してくれるアイテムになりますね。

AYA

ARCH DAYS 編集部

AYA

6年間大手ブライダルカンパニーでウェディングプランナーとして500組の結婚式をプロデュース。

新郎新婦らしさを取り入れるオリジナリティーな装飾や演出を考えるのが得意。お花を使ったDIYや手芸も趣味。

現在はARCH DAYSの編集部兼ウェディングアドバイザーとして活動中。花嫁さまの悩みを解決したり、二人らしいウェディングを提案する活動をしている。

 

【Wedding Adviser】

Website:http://weddingadviser.jp/

Instagram:https://www.instagram.com/aya___wedding/

UPDATE: