PARTY

COLUMN

今年はかわいいイースターエッグを手作り!簡単な作り方

今年はかわいいイースターエッグを手作り!簡単な作り方
by ARCH DAYS編集部

春の訪れをお祝いする世界的なお祭り“イースター”

イースターエッグってなに?

日本でもここ数年で一気に盛り上がりを見せ始めている「イースター」。キリストの復活祭であるこの日は、生命や誕生の象徴とされるうさぎと卵の可愛いモチーフを飾り、家族でご馳走を食べて過ごします。日本でもホームパーティーを開く人も増えてきました。イースターといえば欠かせないのがイースターエッグ。生命の始まりを象徴する卵は、イースターでは必ず登場するキーアイテムです。

イースターエッグってどうやって作るの?

みんなで楽しく卵を色づけ!

最近はプラスチックのものや卵の形をしたチョコレートなども売られていますが、イースターエッグと言えばやっぱり本物の卵に色づけするのが大定番。イースターの日に子供たちが集まってみんなで楽しむアクティビティでもあります。今日はお家で簡単に作れる本格的なイースターエッグの作り方をご紹介♪

 

EasterEgg01

 

用意するもの

食紅

お酢

お湯

ペットボトルのキャップ

ピック(アイスピックやたこ焼き返しの棒など)

スプーン

割り箸

ボウル(中)

ボウル(小)

新聞紙

 

作り方

 

EasterEgg02

 

①まずは卵の中身を出して殻だけにします。

ピックを使って卵の上下2か所に1.5~2mmほどの穴をあけます。卵の殻は割れやすいので穴をあけるときは慎重に!片方から思い切り口で空気を吹き込み、反対の穴から卵の中身を出します。(穴が詰まってしまってなかなか出てこないときは、あけた穴より細い針金を穴から差し入れ、中を混ぜるとよりスムーズに。)中身を全て出した卵は水を溜めたボウルの中でよく洗い、乾かします。

 

EasterEgg03

 

②卵を乾かしている間に染めるための色水を作ります。小さなボウルにお湯を入れ、お酢を小さじ1杯分加えたら、食紅を数滴ずつ入れます。(実際に染まる色は水の色よりもかなり薄いので、少し濃い色の方がちょうど良いです。)

 

EasterEgg04

 

③洗って乾かしていた卵の殻を色水の中に入れ、スプーンを使ってコロコロ転がす。(色水に浸かる時間が長いほど色は濃くなります。)

 

EasterEgg05

 

④お好みの色合いになったら割り箸を引き上げ、ひっくり返したペットボトルのキャップに載せ、乾かします。

 

EasterEgg06

 

⑤染めた色が完全に乾いたら、お好きなデコレーションを!今回は油性ペンを使ってハンドレタリングのデコレーションをします。

 

EasterEgg07

 

みんなで楽しむイースターエッグのDIY

時間が無い人はゆで卵でもOK

今回は卵の日持ちを気にせず飾れるように中身を出してから染めましたが、面倒な方は先に卵をゆでておき、茹で卵を冷ましてから染めてもOK!こどもと一緒に作る場合は色とりどりのエッグにシールやマスキングテープをペタペタ貼ってデコレーションをするのも手を汚さずに簡単に楽しめておすすめ! 今年のイースターはみんなでワイワイ集まってDIYイースターエッグ作りをしてみては?

 

 

Y

ARCH DAYS編集部

Y

NY生まれ 料理好き DIY好き

2人(男・女)の子持ちママとしても日々奮闘中。

 

ARCH DAYS Website:http://archdays.com/

Facebook:https://www.facebook.com/archdays.official/

Instagram:https://www.instagram.com/archdays/

Pinterest: https://jp.pinterest.com/archdays/

UPDATE: